株式投資の始め方!楽天証券の口座開設方法と口座開設後の準備も図解入りで解説

株式投資

株式投資の始め方!楽天証券の口座開設方法と口座開設後の準備も図解入りで解説

このコラムでは「株式投資の始め方!楽天証券の口座開設方法と口座開設後の準備も図解入りで解説」についてお伝えしていきます!

株式投資って難しそう…
株式投資は実はめちゃくちゃ簡単に始めることができます。

楽天証券の証券口座の開設やNISA・つみたてNISAの口座開設も図解入りで誰でも見ながら分かりやすく書いていますので、是非一緒に株式投資をスタートしましょう!

悩み男性
悩み男性
・株式投資の始め方を教えて!
・つみたてNISAやNISAの始め方は?
・楽天証券の口座開設の方法が知りたい!

こんな方むけに記事を書いています!
このコラムを読むことで超簡単に楽天証券で株式投資を始めることができますので是非、最後までお読み下さい!

  • 楽天証券の口座開設方法
  • 楽天証券口座開設後の準備

これらを順番にお話していきます!

スポンサーリンク

楽天証券の口座開設方法

楽天証券の口座開設方法について分かりやすく図解入りで解説していきます。
スマホで開設する方が多いと思いますので、スマホ用画面から楽天証券の口座開設をしていきます。

パソコンで口座開設をされる方でも基本的な内容は同じですので、画面を見ながら一緒にやっていきましょう。
また分かりにくい用語の解説も都度していますので、確認しながらやってみて下さい。

ステップ1:口座開設画面トップへ

先ずは上から楽天証券の口座開設画面にいきます。


「口座開設はこちら」をクリックしましょう!

ステップ2:楽天会員の確認画面


「楽天会員ではない方」と「楽天会員の方」の画面になります。
楽天会員の方は「楽天会員の方」をクリックして、ログインIDとパスワードを入力しましょう。

楽天会員ではない人は「楽天会員ではない方」をクリックします。
楽天会員ではない方のやり方を見ていきましょう!


クリックすると上の画面になりますので、あなたのメールアドレスを打ち込み、「個人情報保護方針」を確認します。
同意したら「同意のうえ、送信する」をクリックします。

ステップ3:楽天証券からのメールのチェック


楽天証券から「【楽天証券】メール登録完了と申込手続きのお願い」というメールが先ほど登録したアドレス宛に送信されます。


このメールを開いて文面のURLをクリックします。

ステップ4:本人確認書類の選択


本人確認書類の選択画面になります。
「運転免許証」または「個人番号カード」を選択します。
もし上の2つが無い場合には「上記以外の本人確認書類での提出はこちら」をクリックします。

運転免許証や個人番号カード以外の本人確認書類

  • 健康保険証
  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書
  • 住民基本台帳カード
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住証明書


本人確認書類を選択したら「次へ(本人確認へ)」をクリックします。

ステップ5:本人確認書類の撮影


免許証の場合で解説します。
次の画面で「本人確認書類の撮影手順へ」をクリックします。


先ほどの本人確認書を用意して「表面」「裏面」「厚み」「自分の撮影」をします。

ステップ6:お客様情報の入力



撮影が無事に完了しましたら次にお客様情報の入力をしていきます。
お客様情報の入力は間違えないように入力していきましょう。

ステップ7:納税方法の選択


次の画面で納税方法の選択をしていきます。

  • 特定口座(源泉徴収あり)
  • 特定口座(源泉徴収なし)
  • 一般口座(源泉徴収なし)

特段の理由がなければ、確定申告が不要になる『特定口座(源泉徴収あり)』を選択しましょう。

投資をして利益が出た場合にはいかなるときも確定申告をして税金を納めなければいけません。
そうした面倒な手続きをすべて楽天証券が代行してくれます。

特定口座とは、投資口座の一つです。
自身で一元管理する『一般口座』とは異なり、『特定口座』は金融機関が譲渡損益計算や年間取引報告書などの作成の代行を行ってくれるサービスです。

ステップ8:つみたてNISA・NISA口座の開設


次の画面ではNISA口座の開設の有無を確認されます。
初めて証券口座を開設する場合には、NISA口座をこちらで開設して非課税枠をフルに活用していきましょう。

つみたてNISA or NISA口座どっちを選ぶべき?
投資の基本は長期のつみたて投資です。ですので、もし悩んだら『つみたてNISA』を選択しましょう。

『NISA』口座は最長5年間で年間最大120万円までの投資枠まで非課税にすることが可能です。
『つみたてNISA』では最長20年間で年間最大40万円までの投資枠まで非課税にすることが可能です。
またNISA口座は一人一口座までと決まっています。

ステップ9:同時開設の確認画面


次へ進むと、同時開設申し込み画面になります。

  • 楽天銀行の口座開設
  • iDeCoの申し込み
  • 楽天FX口座の申し込み
  • 信用取引口座の申し込み

もし楽天銀行口座をお持ちではないなら『楽天銀行の口座開設』はこの機会に済ませておきましょう。
なぜなら、楽天銀行と楽天証券は提携しているので引き落とし口座として活用したり様々な優遇を受けることができるためです。

具体的には?

  • マネーブリッジ
  • 楽天SPUアップ
  • 楽天証券との入出金手数料無料
  • 普通預金金利0.02%→0.1%

マネーブリッジとは?
マネーブリッジとは楽天銀行と楽天証券の口座を連携させるサービスです。
2つを連携させることで面倒な入出金をしなくても楽天銀行の預金を楽天証券に自動で移行させることができます。

また楽天SPU(スーパーポイントアッププログラム)という楽天市場での買い物ポイントが+1倍になるサービスも付属します。
楽天証券から楽天銀行への入出金も手数料無料で行うことが可能になります。
そしてマネーブリッジをすると自動で楽天銀行の普通預金の金利が0.02%から0.1%になります。

ステップ10:ログインパスワードの設定


そして楽天証券へログインする際のログインパスワードを設定していきます。
楽天証券は金融機関・サービスという性質上、不正ログインや不正引き出しが行われないように複雑なパスワードを設定するようにしましょう。

ステップ11:入力内容と重要書類の確認



そして最後に申し込み内容の確認を行います。


申し込み内容の確認が終わりましたら重要書類の確認と同意を行います。
重要書類の確認が終わりましたら「上記の規定等に同意の上、口座開設に申し込みます。」にチェック☑しましょう。
そして「同意して申込みを完了する」をクリックします。

お疲れ様でした。
以上で楽天証券の申し込みが完了です。

申し込み内容をもとに審査が始まります。
審査は1週間から2週間ほどで完了します。

楽天証券口座開設後の準備

では楽天証券で口座開設の申し込みが完了したあとにしておくべきことをこれから解説していきます。

  1. iSPEEDアプリのインストール
  2. ハッピープログラムへエントリー
  3. マネーブリッジの設定
  4. 自動入出金(スイープ)の設定
  5. 楽天カードの申し込み

1、iSPEEDアプリのインストール


『iSPEED』は楽天証券の投資アプリです。

楽天証券で投資をする時に便利ですので、アプリをインストールしておきましょう!
https://ispeed.jp/download/

2、ハッピープログラムへエントリー

楽天証券で口座を開設したときに楽天銀行を同時申し込みすると楽天サービスや優遇が受けられるということはお伝えさせて頂きました。

その中の一つに『ハッピープログラム』というものがあります。

ハッピープログラムをエントリーすることにより、取引ごとに楽天ポイントが貯まるようになります。
ハッピープログラムでは会員ステージというものがあります。

会員ステージが上がるとATM手数料無料や振込手数料無料というサービスを受けられます。
給料の受取口座を楽天銀行にすることでもATM利用手数料や振込手数料の無料回数を受けることができます。

会員ステージを上げる方法は2つです。

  1. 資産残高
  2. 規定取引回数

詳細は下記からチェックすることができます。
https://www.rakuten-bank.co.jp/happyprogram/

3、マネーブリッジの設定

楽天銀行と楽天証券の口座開設をしたらマネーブリッジをするようにしましょう。
マネーブリッジは楽天銀行と楽天証券の連携のことです。

楽天銀行と楽天証券のマネーブリッジを行うことで、楽天銀行に預けている預金を楽天証券の残高としていつでも取引できるようになります。
つまり銀行から証券口座への振り込みの手間や時間短縮、引き出しをせずに楽天銀行と楽天証券の口座間で資金の行き来をさせることができます。


楽天銀行アプリか楽天証券アプリのどちらからでもマネーブリッジを行うことができます。

4、自動入出金(スイープ)の設定

マネーブリッジをすることで自動入出金(スイープ)の設定が可能になります。
自動入出金(スイープ)とは、楽天証券で買い注文のときに楽天銀行の預金残高から不足金をスイープ(自動入金)することができるサービスです。

残高不足でせっかく買い注文を入れて買えなかったというミスを防ぐことができます。


マネーブリッジの設定が完了しましたら、同時にスイープの設定も行っておきましょう。

5、楽天カードの申し込み

楽天証券と楽天カードの相性はバツグンです。
毎月のつみたてNISAでの支払いを楽天カードで行うことで、毎月最大50,000円までの支払いにポイント(500ポイント)が付与されます。

これは5万円の投資に対する年利1%分に相当します。
年利4%〜5%を見越したつみたて投資をしようとする方からすれば、ポイントでの確定の利益1%は非常に大きな収益に繋がります。
楽天証券と楽天銀行を申し込みした方は、この機会に楽天カードの申し込みもしておきましょう!
また獲得した楽天ポイントは投資に回すことも可能です。
楽天ポイント投資の方法は下記コラムで詳しく解説していますので是非チェックしてみて下さい。

株式投資の始め方・楽天証券口座開設方法まとめ

楽天証券の口座開設が完了して審査が終わりましたら、いよいよ株式投資のスタートラインに立つことになります。
しかしまだこれから学ぶべきことはたくさんあります。
株式の買い方やオススメの投資信託、NISA口座での買い方や設定方法などです。

副業らいふでは株式投資のあらゆる情報配信や副業に関する情報を配信しています。
投資初心者で次に何をすれば良いのか、何を学べばいいのか分からない方は下記にご紹介するコラムを参考にしてみて下さい。

オススメの投資信託3選は下記コラムで!

【副業らいふ】からの3つのお願い

1、ホーム画面追加


2、ブログランキング
ポチっと2つお願いします!

ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

3、Twitterでシェア
☜この記事が良いなと思ったらポチっとシェアお願いします!

タイトルとURLをコピーしました