お金持ちになる方法!お金持ちと貧乏な人の考え方・手段・方法の違い

副業コラム

お金持ちになる方法!お金持ちと貧乏な人の考え方・手段・方法の違い

このコラムでは「お金持ちになる方法!お金持ちと貧乏な人の考え方・手段・方法の違い」について解説していきます!

悩み男性
悩み男性
・お金持ちになりたい!
・貧乏から抜け出したい!
・お金持ちになる方法が知りたい!

こんな方むけに記事を書いています!
このコラムを読むことで超簡単にお金持ちになる方法が分かり、今日からお金持ちになる行動を開始できますので是非、最後までお読み下さい!

  • お金持ちと貧乏の10個の考え方の違い
  • お金を稼ぐ3つの手段
  • お金持ちになる方法

これらを順番にお話していきます!

スポンサーリンク

お金持ちと貧乏の10個の考え方の違い

お金持ちと貧乏を分ける考え方の違いについて見ていきましょう!
金持ちになる方法を知ったとしても、考え方が貧乏思考のままであれば絶対に金持ちになることはありません。

お金持ち思考を新しくインストールすることで、徐々にモノの見え方やお金に対する考え方が変わっていき、お金持ちになる準備が整います。

★金持ちと貧乏の考え方の違い①
金持:自分で人生を切り開いていく
貧乏:いつまでも人生を誰かに依存している

お金持ちは自分で人生を切り開こうと考えています。
国や会社、家族や友人に依存しようとするほど、貧乏の柵から抜け出せなくなります。

★金持ちと貧乏の考え方の違い②
金持:叶えたい未来を探そうとする
貧乏:仕事を探そうとする

お金持ちは自分の叶えたい未来や夢を探そうとします。
そして愚直に行動し、叶えたい未来や夢を実現しようとします。

しかし、貧乏なままの人は自分の叶えたい未来や夢の代わりに仕事を一生懸命に探そうとします。
目先のお金だけを考えるのではなく、今すぐ夢を叶えようと行動できる人だけが思い描いた未来を叶えていきます。

★金持ちと貧乏の考え方の違い③
金持:時間と自分に投資する
貧乏:娯楽や見栄に投資する

お金持ちは自分の時間や自分自身の学びに惜しみなく投資します。

しかし貧乏な人は自分の娯楽や見栄に投資します。
それが余計な出費に繋がり、大切な時間が浪費され、自分のスキルアップがないまま歳だけを重ねていきます。

★金持ちと貧乏の考え方の違い④
金持:失敗を恐れず行動する
貧乏:失敗を恐れて何もしない

お金持ちは何度も失敗を経験し、次第に同じ失敗を回避するようになり、成功していきます。
失敗を恐れず何度もチャレンジします。

しかし貧乏のままの人は失敗を恐れて行動が出来ません。
また何かにチャレンジしても失敗したらスグに諦めてしまいます。

★金持ちと貧乏の考え方の違い⑤
金持:お金を働かせようとする
貧乏:お金を浪費しようとする

お金持ちは、お金を使ってお金を生み出そうとします。
人を雇って自分の代わりの労働力となって働いてもらったり、資産を投じて新しい資産を作っていきます。

しかし貧乏のままの人は、働いて稼いだお金を浪費してしまいます。
貯金はおろか、自分の生活もままならなくなっていきます。

★金持ちと貧乏の考え方の違い⑥
金持:チャンスを見出そうとする
貧乏:恐怖を見出そうとする

お金持ちは何かにチャレンジする時に、チャンスを見出そうとします。
またチャンスに敏感になり、そのチャンスを活かそうとします。

しかし貧乏な人はチャンスがありそうな事でも、先に恐怖を見出そうとします。
チャンスを見出せないまま、そのチャンスを殺して行動できなくなります。

★金持ちと貧乏の考え方の違い⑦
金持:学ぶために働く
貧乏:お金のために働く

お金持ちになる人は、積極的に自分が学ぶために仕事をします。

しかし貧乏なままの人は、手前のお金のために働こうとします。
お金持ちが2倍、3倍と学ぶ中で、貧乏な人は仕事に能動的になり、人一倍までを覚えるまでに2倍、3倍と時間がかかります。

★金持ちと貧乏の考え方の違い⑧
金持:お金の流れを読む
貧乏:負債に投資する

お金持ちになるという事は、資産を増やしていくという事です。
お金持ちはお金の流れを読み、負債を減らし資産を増やしていきます。

しかし貧乏なままの人は、ファイナンシャル・リテラシー(お金の読み書き能力)を学ばず、積極的に負債(毎月ポケットからお金を取っていく)に投資します。
例えば、車や家のローン、カードの支払い、使わないサービスなどです。

★金持ちと貧乏の考え方の違い⑨
金持:自分の責任にする
貧乏:他人のせいにする

お金持ちは失敗や行動を全て、自分の責任にします。
ベクトルを自分に向けることで、自分の成長に繋げていきます。

しかし貧乏なままの人は失敗や行動の多くを人のせいにします。
「私が貧乏なのは国の税金が高いからだ。」
「お金がないのは会社の給料が安いせいだ。」

変えられるのは自分と未来だけ。
人のせいにしても何も変わりません。

★金持ちと貧乏の考え方の違い⑩
金持:素直にアドバイスを受けようとする
貧乏:聞いてるつもりで何も聞かない

お金持ちは部下や後輩、先輩の成功者など、つまらないプライドは捨てて素直にアドバイスを受けようと考えます。

しかし貧乏なままの人の多くは、プライドが邪魔をして意見やアドバイスを受けても聞き入れません。
耳に入っているつもりでも、それを「聞いている」とはき違えて何も聞いていないという人もいます。

お金を稼ぐ3つの手段

お金を稼ぐ手段はたった3つしかありません。

  1. 自分で働く
  2. ビジネスをする
  3. 投資をする

多くの人が学校を卒業したら自分で働く(労働者)という選択をします。
何故なら、学校で教わるのは労働者になるための方法、一択だからです。

しかし、後退国となりつつある日本のあり方が変わり始めました。
「貯蓄から投資へ」という国のスローガンへ変わりました。
つまり超簡単に言うと、「自分で働いて貯金するだけでは貧乏になるしかない」と国が太鼓判を押して、貯蓄こそ最強神話をくつがえしたという事です。

また、自分で働くだけでは収入に限界があります。
仕事(労働)は自分の『労働×時間』を切り売りしてお金を稼ぐ手段だからです。

私たちの時間は、誰もが平等に24時間です。
だから仕事で24時間、365日の中から稼げる収入には上限があるのです。

つまり、学校を出て働いて貯金するという時代は終わったという事です。
仕事(労働)だけでお金持ちになるのは不可能であり、仕事以外に自分で何かを始めるしかありません。

お金持ちになるためには、会社から雇われる仕事以外の選択肢を持つ必要があるのです。

お金持ちになる方法

貧乏な人がお金持ちになる方法は次の3ステップです。

ステップ1:学ぶために仕事をしよう
ステップ2:小さくビジネスをしよう
ステップ3:長期運用しよう

ステップ1:学ぶために仕事をしよう

先ずは、自分が学ぶために仕事をしましょう!
お給料をいただきながら、将来に活かすためのスキルを積極的に学んでいきます。

ステップ2:小さくビジネスをしよう

仕事を通じて色んな事を学ぶ中で、それを活かしてプライベートの時間を活用して小さくビジネスを始めます。

例えば?
・ブログアフィリエイト
・動画ビジネス
・移動車販売

ビジネスが成長するに従って、従業員を雇い、自分のタスク(作業)を人に任せていきます。
そして徐々にビジネスを拡大させていきます。

ビジネスを始めるにあたって重要になるのは、小さく始めて徐々にビジネスを大きくしていくという事です。
小さく始めたビジネスが成功できなければ、大きいビジネスが成功するわけがないからです。

また、大きくなるビジネスプランでなければ、当然ですが小さな成功しかしません。
例えば、フランチャイズ店舗のオーナーなどです。

ステップ3:長期運用しよう

仕事をしながら、ビジネスを成長させながら、余剰資金を長期運用へ投資します。
長期スパンで次第に資産を増やしていきます。

小さく始めたビジネスが成長し、ビジネスと投資からのキャッシュフローが仕事からの収入を超えた時、お金持ちの仲間入りをします。

長期運用の為の資金の捻出は【バカ貯金】というコラムで詳しくお伝えしています。

お金から資産を作り上げる仕組みを知ることで、『時間×労働』という枠を超えて稼ぐことが可能になります。
それが投資です!

お金持ちになる方法まとめ

お金持ちになる方法は、お金持ちの考え方をインストールして、仕事からスキルやノウハウを学び、小さくビジネスを始めてやがてビジネスを大きくしていき、投資により資産から資産を生んでいくという事です。

下記3つのコラムでは、お金持ちになるための具体的な方法が記されていますので、気になった方は是非読んでみて下さい!

ブログビジネスの始め方

FX長期運用の方法

資産を1000万円作る【バカ貯金】

【副業らいふ】からの3つのお願い

1、ホーム画面追加


2、ブログランキング
ポチっと2つお願いします!

ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

3、Twitterでシェア
☜この記事が良いなと思ったらポチっとシェアお願いします!

タイトルとURLをコピーしました