仮想通貨クアンタム(QTUM)の今後の予測!Quantumとは?コインの特徴や将来性・見通しを徹底予想

仮想通貨投資

仮想通貨クアンタム(QTUM)の今後の予測!Quantumとは?コインの特徴や将来性・見通しを徹底予想

このコラムでは「仮想通貨クアンタム(QTUM)の今後の予測!Quantumとは?コインの特徴や将来性・見通しを徹底予想」について解説していきます!

仮想通貨クアンタム(QTUM)とはどんなコインなのか、クアンタム(QTUM)の特徴や今後の将来性や見通し、最新ニュース、チャート、予測・予想などを徹底的に解説していきます。

・仮想通貨クアンタム(QTUM)とは何?
・仮想通貨クアンタム(QTUM)の今後の予測が知りたい!
・クアンタム(QTUM)の将来性や見通しの予想は?

こんな方むけに記事を書いています!
このコラムを読むことで仮想通貨クアンタム(QTUM)とはどんなコインなのか、特徴や今後の予測や将来性、見通しなどの全容が分かりますので是非、最後までお読み下さい!

  • 仮想通貨クアンタムとは?QTUMの特徴を徹底分析
  • 仮想通貨クアンタム(QTUM)の将来性や課題
  • 仮想通貨クアンタム(QTUM)の最新ニュース・過去チャート・今後の予測

これらを順番にお話していきます!

また、他の暗号資産(仮想通貨)もそれぞれ解説していますので、気になるコインがあれば下記から是非チェックしてみて下さい!

スポンサーリンク

仮想通貨クアンタムとは?QTUMの特徴を徹底分析

仮想通貨クアンタム(QTUM)とはどんなコインなのか、クアンタムの特徴を具体的に解説していきます。

仮想通貨クアンタム(QTUM)とは?どんなコイン?

仮想通貨クアンタム(QTUM)とは、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の良い部分を採用したオープンソースブロックチェーンの暗号資産(仮想通貨)です。

クアンタム(QTUM)は2016年12月に発行開始されました。
上限発行コイン枚数は無く、1億QTUMが既に発行され、以後は毎年1%追加発行していきます。

クアンタム(QTUM)のコンセンサスアルゴリズムはProof of Stake(PoS)となっています。
Proof of Stake(PoS)とは、クアンタム(QTUM)を保有している量や保有期間によってマイニング(報酬)を多く受け取れる仕組みです。

仮想通貨クアンタム(QTUM)の特徴

これから具体的なクアンタム(QTUM)の4つの特徴を解説していきます。

  • クアンタムの特徴①UTXO
  • クアンタムの特徴②スマートコントラクト
  • クアンタムの特徴③AAL
  • クアンタムの特徴④ライトウォレット

クアンタムの特性①UTXOで匿名性を

仮想通貨クアンタム(QTUM)の特徴は、ビットコイン(BTC)の「UTXO」と呼ばれる通貨管理システムと、イーサリアム(ETH)のスマートコントラクト機能を実装していることが強みです。

UTXOとは、「ユーザーに紐づけられた分割不可能なコインの塊」のことで、高い匿名性を持たせた残高表示方式のことです。
暗号資産(仮想通貨)はコインと言っても現金などのように実物があるわけではありません。
通帳の記入や銀行預金などと同じように、仮想通貨ウォレットにどのコインが何枚あるのかが記録されているだけです。

UTXOを採用しているビットコインやクアンタムの残高の割り出し方は、これまでどの様な取引をしてきたのか、取引されてきたのかを追跡することで算出しています。

具体的には?

「分割が不可能」というのは、1BTCを本来は0.1や0.5というような単位での分割ができないということです。
しかしウォレット上では1BTCから0.1BTCを使った時に残高が0.9BTCと表示されます。

それは何故か?
残高の追跡としてお釣りを受け取る新しいアドレスが作られ、そのアドレスに0.9BTCという紐付けが行われるという複雑な仕組みになっています。
その為、第三者から追跡は困難となり、高い匿名性を保つことが可能になります。

クアンタムの特性②スマートコントラクト機能で自動化

クアンタム(QTUM)では、イーサリアム(ETH)の特徴であるスマートコントラクト機能を実装しています。

スマートコントラクト機能とは、これまで人が仲介していた契約を自動で行うことが可能な仕組みのことです。
前持って準備しておいた条件が両者に整うことで、契約と取引が自動で行われます。

具体的には?
これまで自動車や不動産といった業界では仲介業者がユーザーとの契約を結ぶ取引の橋渡しのような役割を果たしていました。

しかしクアンタム(QTUM)やイーサリアム(ETH)に実装されているスマートコントラクト機能を利用することでそうした仲介を必要とせず、あらかじめ決めておいた条件下でユーザーとの取引を実行することができます。

クアンタムの特徴③AAL(アカウント・アブストラクト・レイヤー「Account Abstract Layer」)

ビットコイン(BTC)のUTXO(匿名性)とイーサリアム(ETH)のスマートコントラクト機能(自動化)という両者の特性を活かしたクアンタム(QTUM)の技術。
その一つに、AAL(アカウント・アブストラクト・レイヤー)と呼ばれる独自の仕組みが作られました。

AALとは、ブロックチェーンのシステム上に仮想マシンを作り出し、そこにスマートコントラクト機能を動かす仕組みのことです。

クアンタムの特徴④ライトウォレット

ライトウォレットとは、必要な情報やデータだけをダウンロードする仕組みのウォレットです。

通常のウォレットでは、ブロックチェーン上の全てのデータ(フルノード)をダウンロードしてしまうため、動きが遅くなるという特徴がありました。
取引に必要のない情報は省いて、必要な情報やデータだけをダウンロードするライトウォレットの採用により、ストレージの圧迫を抑え、データが重くならずにスムーズな取引を行うことが可能になります。

仮想通貨クアンタム(QTUM)の将来性や課題

目覚しい発展が期待されるクアンタム(QTUM)ですが、将来性を見極めるポイントをお伝えしていきます。
またクアンタム(QTUM)が抱える課題も見ていきましょう!

クアンタム(QTUM)の将来性:ビットコインとイーサリアムの良いとこ取り

クアンタム(QTUM)の将来性を見ていく上でポイントとなるのは、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の「良いとこ取り」をした次世代型暗号資産(仮想通貨)だという点です。

仮想通貨が利用されるためには、大きく分けて3つの重要なポイントがあります。

  1. 利便性や安全性
  2. 取引スピード
  3. 投資としての将来性

その3つのポイントを押さえた仮想通貨こそがクアンタム(QTUM)です。

仮想通貨に限らず人々はスマート化された、より便利なモノを常に求め続けます。
そうした中で、仮想通貨の中で一番有名なビットコイン(BTC)やアルトコインの中で最も知名度の高いイーサリアム(ETH)、この2つからアップグレードされた暗号資産(仮想通貨)がクアンタム(QTUM)です。

日本でもその将来性を見込んでの取引所でのクアンタムの取り扱いも徐々に増えてきました。
今後ますますの発展が期待された暗号資産(仮想通貨)です。

クアンタム(QTUM)の課題:中国情勢やBTC・ETHに影響を受ける

クアンタム(QTUM)の大きな課題となるのは、中国情勢やビットコイン(BTC)の価格変動に大きな影響を受けてしまう点です。

クアンタム(QTUM)は中国で開発され、誕生した暗号資産(仮想通貨)であるため、中国の情勢やニュースに大きな影響を受けると考えられています。
中国は一党独裁政権なので、中国の現政権である共産党の意にそぐわないものであれば、その影響を受けてしまう通貨である可能性が高いと言われています。

また、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)の良いとこ取りをしているのがクアンタム(QTUM)であるとお伝えしました。
仮にビットコインやイーサリアムに大きな問題が生じれば、クアンタム(QTUM)にも大きな影響があるのではないかと考えれられてしまいます。

つまり中国、ビットコイン、イーサリアムは三位一体であり、そこがメリットでもあり、裏を返せばデメリットにもなるということは念頭に置いておきましょう!

仮想通貨クアンタム(QTUM)の最新ニュース・過去チャート・今後の予測

では仮想通貨クアンタム(QTUM)の最新ニュースや過去のチャート、今後の予測をお伝えしていきます。

仮想通貨クアンタム(QTUM)最新ニュース

2020年

クアンタムのメインネットV0.19.1をローンチ

2020年8月28日、クアンタムは新しいメインネット「V0.19.1」をローンチしました。
これによりオフラインステーキングが実装され、オンラインノード運営者にステーキングの委託が可能になりました。

仮想通貨取引所コインチェックがクアンタムを取扱開始

2020年3月12日、日本大手仮想通貨取引所のコインチェックが国内で初となるクアンタム(QTUM)の取り扱いを開始しました。
これにより日本の投資家の間で一躍ウワサが広がり、クアンタム(QTUM)の日本での今後の発展に期待が膨らみました。

2018年

クアンタム(QTUM)がアマゾンウェブサービス(AWS)と提携

2018年10月17日、クアンタム(QTUM)は米国大手企業のアマゾン(Amazon)の子会社のAWS(アマゾンウェブサービス)の中国部門との提携を発表しました。
これにより、誰もが知る大手企業との提携というバックボーンを得たクアンタム(QTUM)は、効率的にスピーディーに、そして費用対効果の高いスマートコントラクトの開発やローンチをすることが可能になりました。

仮想通貨クアンタム(QTUM)の過去チャート

仮想通貨クアンタム(QTUM)の過去から現在(2021年3月時点)のチャートは以下のようになっています。
スマホの仮想通貨アプリ(コインチェックやビットフライヤーなど)では出ない単位のローソク足チャートを表示しています。

月単位のローソク足チャート

週単位のローソク足チャート

出典:みんなの仮想通貨

仮想通貨クアンタム(QTUM)今後の予測

最後に今後のクアンタムの予測を記していきます。

※こちらの見解はあくまでも執筆者の個人的な見解です。
この予測は利益を保証するものでも、予測に責任を持つものでもありませんので予めご了承の上でお読み下さい。
また投資は自己責任となりますので、自己判断のもとでご決断下さい。

クアンタム(QTUM)はまだできて間もない(2016年12月〜)仮想通貨です。
その為、まだまだ発展途上でこれからますます発展していくであろうとされる仮想通貨です。
開発者によって日々クアンタム(QTUM)のアップグレードが研究されています。

今後、世界の仮想通貨取引所で新規上場を果たすことで、クアンタム(QTUM)にとっては追い風となるでしょう。

Captain Altcoinによれば、「もし2023年まで仮想通貨クアンタム(QTUM)があるならば、価格は現在の10倍から100倍(約2600円〜26000円)になる」と予測されています。

If QTUM survives to see 2023,which is highly unikely,the token world surely be at 10-100x of the current value which means it would be at $25-$250 per token.
引用:https://captainaltcoin.com/

そこで問題視されるのが中国情勢です。
台湾や香港、新疆ウイグル自治区といった問題が日々とりだたされる中国情勢。
一党独裁の中国共産党が今後どのような方向性になっていくのかによって大きく未来が変わるであろうクアンタム(QTUM)に注視したいところです。

では具体的に投資としてのクアンタム(QTUM)の価格を予測していきます。

〜2023年
2600円〜27000円

〜2025年
3万円〜10万円

2026年〜
〜100万円

仮想通貨クアンタム(QTUM)の買い方

最後に仮想通貨クアンタム(QTUM)の買い方を解説していきます。

仮想通貨クアンタム(QTUM)を取り扱っているオススメの仮想通貨取引所はコインチェック(Coincheck)で取引可能です。

コインチェック

コインチェックの新規口座開設の方法は下記コラムで解説していますので、分からない方は是非チェックしてみて下さい! 

  • 仮想通貨取引所コインチェック(Coincheck)について
  • 新規口座開設方法の解説
  • 仮想通貨の入金方法
  • 仮想通貨の取引方法

上のコラムではこの様なことを具体的に図解入りで解説しています。

仮想通貨クアンタム(QTUM)まとめ

仮想通貨投資はいわば情報戦です。
クアンタムに関する最新情報やニュース、課題や問題点、今後の予測についてこちらのコラムにて随時更新していきます。

ですので、クアンタム(QTUM)を保有している方やこれから仮想通貨ステラルーメンを買おうと考えている方は情報戦に負けないように、今すぐこのコラムのブックマークや保存をしておくことをオススメします。

また、下記コラムではアルトコインなどの仮想通貨投資で億り人を目指す人向けに長期投資コラムを詳細に書いていますので、気になった方は今すぐ読んでみて下さい!

【副業らいふ】からの3つのお願い

1、ホーム画面追加


2、ブログランキング
ポチっと2つお願いします!

ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

3、Twitterでシェア
☜この記事が良いなと思ったらポチっとシェアお願いします!

タイトルとURLをコピーしました