仮想通貨モナコイン(MONA)の今後の予測!Monacoinの特徴や将来性・見通しを徹底予想

仮想通貨各種

仮想通貨モナコイン(MONA)の今後の予測!Monacoinの特徴や将来性・見通しを徹底予想

このコラムでは「仮想通貨モナコイン(MONA)の今後の予測!Monacoin(モナコイン)の特徴や将来性・見通しを徹底予想」について解説していきます!

仮想通貨モナコイン(MONA)とはどんなコインなのか、モナコイン(MONA)の特徴や今後の将来性や見通し、最新ニュース、チャート、予測・予想などを徹底的に解説していきます。

悩み男性
悩み男性
・仮想通貨モナコイン(MONA)とは何?
・仮想通貨モナコイン(MONA)の今後の予測が知りたい!
・モナコイン(MONA)の将来性や見通しの予想は?

こんな方むけに記事を書いています!
このコラムを読むことで仮想通貨モナコイン(MONA)とはどんなコインなのか、特徴や今後の予測や将来性、見通しなどの全容が分かりますので是非、最後までお読み下さい!

  • 仮想通貨モナコインとは?MONAの特徴を徹底分析
  • 仮想通貨モナコイン(MONA)の将来性や課題
  • 仮想通貨モナコイン(MONA)の過去チャート・今後の予測

これらを順番にお話していきます!

また、他の暗号資産(仮想通貨)もそれぞれ解説していますので、気になるコインがあれば下記から是非チェックしてみて下さい!

スポンサーリンク

仮想通貨モナコインとは?MONAの特徴を徹底分析

仮想通貨モナコインの特徴やどんなコインなのかを解説していきます。

仮想通貨モナコイン(MONA)とは?どんなコイン?

モナコインの正式名称は「Monacoin」で、通貨単位は「MONA」となっています。

モナコインとは、「2ちゃんねる(現在の「5ちゃんねる」)」でMr.Watantabe(わたなべ)と名乗る人が作った暗号資産(仮想通貨)です。
2013年12月23日モナコイン(モナーコイン)のβ版が公開、翌年2014年1月1日に公式版のモナコインが公表されました。

上限発行枚数は1億512万MONAとなっています。
コンセンサスアルゴリズムはビットコイン(BTC)やライトコイン(LTC)と同じくProof of Work(PoW)です。

モナコイン(MONA)の名前の由来は「2ちゃんねる」のキャラクターのAA(アスキーアート)「モナー」をモチーフに作られたと言われています。

2ちゃんねる発祥ということで、秋葉原を中心にコアなサブカルチャーのファン層に根強い人気を集めている暗号資産です。

仮想通貨モナコイン(MONA)の特徴

モナコイン(MONA)はライトコイン(LTC)をベースに日本発祥として作られました。

モナコイン(MONA)はニコニコ動画やPixivなどのサイトで活動するクリエイターに向けて「投げ銭」などに利用されています。
また語呂合わせ(「0.00114114(いいよいいよ)MONA」や「0.004649(よろしく)MONA」)などの投げ銭としてもモナコインが利用されるなど、他の暗号資産(仮想通貨)とは少し違った利用が定着しています。
この様に、サブカルチャーのファン層が主体のコミュニティ内でゲリラ的に大きな広がりをみせています。

Twitterではコミュニティによってモナコインを個人情報を開示せずに手軽に送金可能な決済システム(アトミックスワップが作られ、利用されてきました。
モナコインでは「Segwit」というデータ圧縮する技術が導入され、取引データから電子署名を添削し、ブロックチェーンの外で管理することで取引時間をベースとなるライトコイン(LTC)よりも約1分早く(ブロック生成速度は約90秒)処理可能にしました。

アトミックスワップは仮想通貨取引所を介さずに暗号資産の交換を行える仕組みです。
これにより取引所の破綻やハッキングによる不正を回避して、より安全に仮想通貨の交換を行えるようにしたシステムです。

また、暗号資産の取引にはスケーラビリティ問題マリアビリティ問題が付き物ですが、「Segwit」によりこの問題は解消されました。
スケーラビリティ問題とは、取引量の増大に伴うデータ処理の遅延が生じる問題です。
マリアビリティ問題とは取引データの改ざんなどによる二重取引が引き起こされる問題です。

この様にモナコイン(MONA)は「送金・決済・投資」の3つの目的で運用されてきています。

仮想通貨モナコイン(MONA)の将来性や課題

目覚しい発展が期待されるモナコイン(MONA)ですが、将来性を見極める中でいくつかの課題もあります。
ではモナコインの将来性やモナコインが抱える問題点を見ていきましょう!

モナコインの将来性:特定のコミュニティでの展開

モナコイン(MONA)の課題は、特定のコミュニティ内での展開にある点です。

仮想通貨が大きく反映する要因は、グローバルに活動の場を広げてより多くの人に利用されるコインであることにあります。

特定のサブカルチャーというゲリラ的に狭いコミュニティの中で広がりを見せるモナコインですが、小さな劇場から始まったAKB48のように全国的な、いえ世界的なアイドルコインとなれるか、ここに焦点が集まるのではないでしょうか。

現在はモナコインを取り扱う仮想通貨取引所も徐々に増えてきました。
モナコインの注目度も日本での人気を糧に、世界でも注目されつつあります。
そうした中で、日本だけではなく世界の取引所でも日本発祥のモナコイン(MONA)が世界でも上場するのかが投資家にとって今後の大きなポイントとなりそうです。

モナコインの課題:モナッピーへのサイバー攻撃事件

モナコインを顧客から預かるサービスの「Monappy(モナッピー)」が2018年8月から9月にかけてサイバー攻撃を受けて、モナコイン約1500万円相当が搾取されました。
栃木県宇都宮市の18歳の少年を全国初の仮想通貨流出事件の摘発として逮捕しました。

出展:朝日新聞デジタル

これによりモナコイン及び、暗号資産(仮想通貨)への警戒感や不安感が助長されることになりました。

そもそも暗号資産(仮想通貨)自体は、ブロックチェーン技術により不正や改ざんがとにかく難しいものとなっています。
暗号資産(仮想通貨)のほとんどの穴は、それを取り扱う取引所や暗号資産を顧客から預かるサービスに問題があります。

取引所や預り所の穴とは?
取引所や預り所には、いつでも暗号資産を引き出せるホットウォレットと厳重に保管しておくコールドウォレットという2つの保管場所があります。
ホットウォレット:セキュリティが低い(銀行の窓口のような場所)
コールドウォレット:セキュリティが高い(銀行の金庫のような場所)

この2つのウォレットの中で、不正や改ざん、情報漏えいのほぼ全てがホットウォレットに保管されている時に起こっています。

しかし世間の目は、仮想通貨に不正や改ざんがあると暗号資産やブロックチェーン自体に問題があると錯覚してしまう点にあります。

モナコイン(MONA)も一度付いてしまったこの問題とこれからどのように戦っていくのかが今後のモナコインを占う大きなポイントになりそうです。

仮想通貨モナコイン(MONA)の過去チャート・今後の予測

仮想通貨モナコイン(MONA)のニュースや過去のチャート、今後の個人的な予測をまとめましたので是非、参考にしてみて下さい。

仮想通貨モナコイン(MONA)最新ニュース

2020年

コインチェック(Coincheck)がモナコイン(MONA)取扱開始

2020年10月5日、日本大手仮想通貨取引所のコインチェック(Coincheck)が暗号資産イーサリアムクラシック(ETC)とモナコイン(MONA)の取り扱いを開始しました。
これにより、より幅広い投資家の目に触れる機会が増えて、新規ユーザー増や今後の価格上昇に期待が増えました。

2019年

モナコイン暗号資産ウォレットMonappyサービス再開

2019年10月7日、Monappy(モナッピー)を運営するIndieSquareは2018年に不正流出した事件を受けてサービス停止していましたが、営業を再開すると発表しました。
被害の全額補償やセキュリティ強化、ホットウォレットへの比率上昇をしてより安全な運用を目指します。

2018年

ウォレットサービスMonappy(モナッピー)不正流出事件

2018年9月、暗号資産モナコイン(MONA)を預かるウォレットサービスMonappy(モナッピー)がサイバー攻撃を受け、約1500万円相当のモナコインが流出する事件が起きました。

仮想通貨モナコイン(MONA)の過去チャート

仮想通貨モナコイン(MONA)の過去から現在(2021年5月時点)のチャートは以下のようになっています。
スマホの仮想通貨アプリ(コインチェックやビットフライヤーなど)では出ない単位のローソク足チャートを表示しています。

年単位のローソク足チャート

月単位のローソク足チャート

出典:みんなの仮想通貨

仮想通貨モナコイン(MONA)今後の予測

最後に今後のモナコインの予測を記していきます。

※こちらの見解はあくまでも執筆者の個人的な見解です。
この予測は利益を保証するものでも、予測に責任を持つものでもありませんので予めご了承の上でお読み下さい。
また投資は自己責任となりますので、自己判断のもとでご決断下さい。

サブカルチャーな分野でコアなファン層から根強い支持を得ているモナコイン(MONA)ですが、今後の発展はどのようになっていくでしょうか?

日本で盛り上がりを見せる文化は世界中を見渡してみても、コアなファンの心をつかみ続けています。
たとえばアイドルやアニメ、マンガも日本でコアなファンが付けば、世界でも同じようにコアなファンが付いています。

人の心をつかむモノ、それは日本でも世界でも同じことが言えるのではないでしょうか。

そんな中でサブカルチャーな分野から利用されてきているモナコイン(MONA)。
根強い支持を得ているモナコイン文化は、今後を占うのであれば間違いなく世界へ羽ばたく暗号資産(仮想通貨)だと考えています。

モナコイン(MONA)を投資だけに焦点を絞ってみます。

日本発祥の暗号資産で、現在は日本を中心にサブカルチャー分野で仮想通貨としての役割を担っています。
モナコイン(MONA)の発行上限コイン数も約1億枚と決して多くはありません。
そうした中で世界がモナコイン(MONA)の取り扱いを開始したらどうなるでしょう?
そう、1コイン当たりの需要は大きく伸びることは間違いありません。
つまりモナコインの価格は上昇するということです。

世界中のコアなファンがモナコインを持ち続けるということは、大きな値下がりもしにくくなるという見方ができます。

では仮に世界の主要20カ国がモナコインを取り扱うことになった場合には、2021年3月時点のモナコイン価格200円前後の10倍〜100倍ほどの価格の上昇が期待できると考えています。

10倍の場合:1MONA=2000円
50倍の場合:1MONA=1万円
100倍の場合:1MONA=2万円

仮想通貨モナコイン(MONA)の買い方

最後に仮想通貨モナコイン(MONA)の買い方を解説していきます。

仮想通貨モナコイン(MONA)を取り扱っているオススメの仮想通貨取引所はコインチェック(Coincheck)で取引可能です。

コインチェック

コインチェックの新規口座開設の方法は下記コラムで解説していますので、分からない方は是非チェックしてみて下さい! 

  • 仮想通貨取引所コインチェック(Coincheck)について
  • 新規口座開設方法の解説
  • 仮想通貨の入金方法
  • 仮想通貨の取引方法

上のコラムではこの様なことを具体的に図解入りで解説しています。

仮想通貨モナコイン(MONA)まとめ

仮想通貨投資はいわば情報戦です。
モナコイン(MONA)に関する最新情報やニュース、課題や問題点、今後の予測についてこちらのコラムにて随時更新していきます。

ですので、モナコイン(MONA)を保有している方やこれから仮想通貨モナコインを買おうと考えている方は情報戦に負けないように、今すぐこのコラムのブックマークや保存をしておくことをオススメします。

また、下記コラムではアルトコインなどの仮想通貨投資で億り人を目指す人向けに長期投資コラムを詳細に書いていますので、気になった方は今すぐ読んでみて下さい!

【副業らいふ】からの3つのお願い

1、ホーム画面追加


2、ブログランキング
ポチっと2つお願いします!

ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

3、Twitterでシェア
☜この記事が良いなと思ったらポチっとシェアお願いします!

タイトルとURLをコピーしました