マーケティングの超基礎知識!ビジネスの売上は広報・販促・集客戦略で大きく変わる!

副業マーケティング

マーケティングの超基礎知識!ビジネスの売上は広報・販促・集客戦略で大きく変わる!

このコラムでは「マーケティングの超基礎知識!ビジネスの売上は広報・販促・集客戦略で大きく変わる!」について解説していきます!

ビジネスの世界では【マーケティング】によって会社やビジネスの宣伝や販売促進、集客力が変わっていきます。
宣伝や販売促進、集客戦略が変わるということは、売上や知名度などに直結して、ビジネスの将来性を大きく変えてしまう需要な役割を果たします。

では【マーケティング】とは一体どの様なものなのかを具体的に見ていきましょう!

悩み男性
悩み男性
・マーケティングとは?何ぞや?
・マーケティングの基礎知識が知りたい!
・マーケティングとは広報や販促、プロモーションと違うの?

こんな方むけに記事を書いています!
このコラムを読むことで簡単にマーケティングの超基礎知識が身につき、戦略的なマーケティングを始めることが出来ますので是非、最後までお読み下さい!

  • マーケティングとは?『売れる仕組み作り』
  • マーケティング基礎3ステップ
  • マーケティングが売上を左右する

これらを順番にお話していきます!

スポンサーリンク

マーケティングとは?『売れる仕組み作り』

ビジネス活動においてなくてはならないもの、それがマーケティングです。
マーケティングと一言でいってもそれがどの様なものなのかがいまいち分かりにくいと思います。

ではマーケティングとは一体何でしょうか?

マーケティング(Marketing)とは、企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である。
また顧客のニーズを解明し、顧客価値を生み出すための経営哲学、戦略、仕組み、プロセスを指す。
引用:Wikipediaマーケティング

うん、ちょっと難しい言葉が多いですね!
超簡単に言うと?

  • 『売れる仕組み作り』
  • 『商品やサービスの効果的な宣伝』
  • 『それを実現するための戦略』

 

ということになります。

例えば?

企業で商品がある場合のマーケティングとは?
→商品を売るための宣伝や広告、SNSを活用した認知度アップなど

ブログやYouTubeチャンネルなどのマーケティングとは?
→記事や動画を見てもらうための宣伝や広告、SNS、コラボなど

経営学者のピーター・ドラッカーによると…
『マーケティングの理想は販売を不要にするもの』とおっしゃっています。

つまり「ウチの商品を見てくれ!買ってくれ!」とプッシュする売り方ではなく、ユーザーが自分で選択し、商品を見て、買いたくなるような状態を作り出すことがマーケティングということになります。

  • 何を商品とするか?
  • 誰に売っていくのか?
  • どうやって知ってもらうのか?
  • 宣伝・広告と効果検証は?

これを追求していくことがマーケティングということになります。

マーケティング基礎3ステップ

マーケティングは主に3つの要素から構成されます。

  1. 市場調査(マーケティングリサーチ)
  2. 広告・宣伝
  3. 効果検証

これらの3つの要素を繰り返すことにより、最強のマーケティング力を付けることが可能になります。
ではこの3つのマーケティングの基礎を具体的に見ていきましょう!

マーケティング①市場調査(マーケティングリサーチ)

マーケティングの基礎1つ目は市場調査(マーケティングリサーチ)です。

市場調査(マーケティングリサーチ)とは?
『ユーザーが欲しいモノ=ニーズを知る』ということになります。

ユーザーが何を求めているのか、つまりニーズを知るというのは…?

  • 競合するライバルの商品やサービスを調査
  • 既に選ばれている商品やサービスを真似(モデリング)
  • お客様の声を聞いて新商品や新しいをサービス開発

これらを市場調査することで、マーケティングリサーチをすることが出来ます。

例えば?

ブログを作る場合の市場調査(マーケティングリサーチ)とは?
私のブログで行っている市場調査(マーケティングリサーチ)は以下の7ステップになります。

ステップ①キーワードを見つける
ステップ②決めたキーワードでネット検索する
ステップ③キーワード検索の上位表示記事を読む
ステップ④要点をまとめる
ステップ⑤検索キーワードでユーザーが得たい情報を知る
ステップ⑥キーワードと情報を基に記事を書く
ステップ⑦独自の付加価値を付ける

ブログのマーケティングリサーチ方法についての詳細は下記コラムにて詳しく解説しています。

ブログの場合には『ユーザーが欲しいモノ=ニーズ』とは、疑問や問題を解決する情報が得たいと思ってインターネット検索窓にキーワードを打ち込むわけです。
そんな問題や疑問を解決する情報のブログ記事を書いて、上位表示されている記事よりも分かりやすく優れた付加価値を付けることで、ユーザーに選ばれる記事を量産することが出来ます。

例のステップ⑤までがブログでの市場調査(マーケティングリサーチ)であり、ステップ⑦までがマーケティングでの商品開発ということになります。

マーケティング②広告・宣伝

マーケティングの基礎2つ目は広告・宣伝です。

せっかく新しく作った優れた商品やサービスが、ユーザーの目に止まらなければ宝の地図のない隠された財宝のような状態となってしまいます。
広告や宣伝を打つことで、宝の地図をたくさんばらまいて宝を欲しいと思った(興味関心のある)ユーザーがアクセスしてあなたの作った商品やサービスを探し当ててくれるようになります。

広告や宣伝の方法は様々なものがありますが、大きく分けると4種類です。

  1. デジタルマーケティング
  2. マスメディア
  3. SP広告
  4. その他マーケティング

広告宣伝方法①デジタルマーケティングとは?

デジタルマーケティングとは、検索エンジンやインターネット広告などを活用した「Webマーケティング」と呼ばれる方法です。

インターネットが普及して気軽に誰でもネットを使えるようになった現在では、最も主流になりつつある広告・宣伝方法となっています。
費用も自身の予算に合わせて低予算から始めることが可能なので、個人でビジネスをしている人にも人気があります。

広告宣伝方法②マスメディアとは?

マスメディアとは、テレビ・新聞・雑誌・ラジオの『4マスメディア』に広告を出稿する方法です。

テレビや新聞、雑誌、ラジオは人々の信頼度も高く「メディアが紹介しているから間違いない。」といったユーザーもたくさんいます。
ただし多くの人に見てもらえる分、広告費用も高額です。

広告宣伝方法③SP広告とは?

SP広告とは、公共交通機関での広告や屋外看板、DMやチラシなどで宣伝する方法です。

特定の地域に密着した宣伝方法となっており、限定的な地域で集客したい時に多くの人にリーチすることが出来ます。
しかしネット社会では「地域×ニーズ」で検索をかけて行きたい場所や欲しいモノを調べる人が増えてきていますので、一昔前と比べて効果は薄れて生きているのではないでしょうか。

広告宣伝方法④その他マーケティング

その他にも以下のような様々なマーケティング方法があります。

  • 口コミを広める『バズマーケティング』
  • マスメディアに取り上げてもらう『PR(パブリシティ)』
  • イベント開催
  • などなど

ユーザーが商品やサービスを見る目はよりシビアになってきました。
商品やサービスを買ったり受けたりするならネットで少し調べて、より良いものを探すというルーティンとなってきたからです。

単に広告・宣伝を見て決めるのではなく、口コミやどのように評価されているのかを見て決める賢いユーザーが増えてきました。 インターネット広告を出すだけではなく、口コミを広める『バズマーケティング』などを活用して相乗効果を高めるといったマーケティングが主流になっています。

マーケティング③効果検証

マーケティングの基礎3つ目は効果検証です。

市場調査(マーケティングリサーチ)や広告・宣伝をしてマーケティングをしても、それが狙ったターゲットにしっかり届いていなければ、興味のない人に宝の地図を配っているようなことと同じです。

効果検証では、それまでマーケティングで行ってきたことをトライ&エラーを繰り返すことで詳細に分析していきます。
詳細に分析することで、より安い費用で最大限の効果を目指していきます。

  • 日間・月間・年間のアクセス数は?
  • 顧客はどれだけ増えたか?
  • 見込み客はどれだけいるか?
  • 費用は適切か? ・費用対効果は?
  • 広告出稿でのキーワードは適切か?
  • キャッチコピーやタイトルはユーザーに響いているか?

詳細に分析を続けることで、ピンポイントで直すべき部分が明確になります。

もし目に見える効果があまりなくても次のように捉えることができます。
⇒ 認知度向上
⇒ 見込み客獲得

マーケティングの中で効果検証は次へと繋げるための最も重要なものとなります。
分析のないものに良い商品やサービスは生まれないためです。

分析をする上で大切な『3C分析』という概念があります。

  1. Customer(カスタマー):市場/顧客
  2. Competitor(コンペティター):競合相手
  3. Company(カンパニー):自社

市場や顧客のニーズを分析し、競合相手の特長を知り、自社商品やサービスの強みや弱みを分析する方法や概念です。

『3C分析』をすることで次のような基本的な戦術が見えてきます。

  • いつ
  • 誰に
  • どこで
  • どのように
  • いくらで

マーケティングが売上を左右する

ビジネスで特に重要になるのがマーケティングです。
マーケティングの基礎がしっかりしていれば、どんな商品やサービスでもたちまちに売れていきます。

仮に粗悪な商品やサービスでも、マーケティングが良ければそれだけで粗悪な商品やサービスでも売れてしまいます。

例えばこんな経験ありませんか?

YouTubeで見たい動画を探していて…
→過激なサムネイルに興味がわいて動画を観たら中身のない内容

悩みを解決する情報を探していて…
→セールスレターに騙されて何も解決しない情報商材

悪意を持って商品やサービスを作っても、マーケティングが優れているというだけで売れてしまうのがマーケティングの恐さでもあります。

しかし悪意を持ってマーケティングを行う人も一定数いるものの、ほとんどの人は良い商品を作って、その良い商品を沢山の人に見てもらい体感してほしいという方だと思います。
それだけマーケティングとは、極めればあなたのビジネスにとって最強の武器になります。

しかしマーケティングの基本は、販売を不要にする売れるための仕組みづくりです。
そして「売って終わり〜」ではなく、ユーザーに寄り添ってリピーターになってもらえることこそが、売り込まずに売れる仕組みづくりの根底になります。

マーケティングの超基本まとめ

インターネットの普及により、マーケティングの方法も劇的に変化しています。
しかし基本的なマーケティング方法は不変です。

マーケティングの基本とは、良いモノ(商品やサービス、情報など)を作り、それを必要とするたくさんのユーザーに知ってもらい、欲しいと思ってもらえる創意工夫を続けることです。
そして顧客となったユーザーにリピーターになってもらうことです。

【副業らいふ】では、マーケティングの基礎から仕組みづくり、ビジネスや投資について情報配信をしています。
また下記コラムではマーケティングで重要になるキーワードの選び方についてコラムを書いていますので、気になった方は是非チェックしてみて下さい!

 

 

【副業らいふ】からの3つのお願い

1、ホーム画面追加


2、ブログランキング
ポチっと2つお願いします!

ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

3、Twitterでシェア
☜この記事が良いなと思ったらポチっとシェアお願いします!

 

タイトルとURLをコピーしました