投資で大損する人の特徴5つ【投資初心者必見】運用で失敗しないための心構え

副業投資

投資で大損する人の特徴5つ【投資初心者必見】運用で失敗しないための心構え

このコラムでは「投資で大損する人の特徴5つ【投資初心者必見】運用で失敗しないための心構え」について解説していきます!

投資をしている人の中で失敗した経験がない人はいません。
何故なら投資は大損したり失敗した経験から初めて学ぶことが大きいからです。

しかしながら、投資で大損したり失敗しないための立ち振る舞いも可能です。
今回は投資で大損したり取り返しのつかない大きな失敗をしないため、投資で大損する人の特徴を具体的に見ていきましょう!

悩み男性
悩み男性
・投資で大損した…
・投資で大損する人の特徴って何?
・投資で損したくない!

こんな方むけに記事を書いています!
このコラムを読むことで超簡単に投資で大損する人の特徴が分かり、投資で損しないための考え方が身につきますので是非、最後までお読み下さい!

  • 長期投資と短期投資を混同している
  • 高い時に買って安い時に売っている
  • 投資・考え方・金融商品の勉強不足
  • 余裕資金以上を投資して心にゆとりがない
  • チャートに振り回されている

これらを順番にお話していきます!

スポンサーリンク

投資で大損する特徴①長期投資と短期投資を混同している

投資で大損する特徴の1つ目は、長期投資短期投資を混同してしまっている点にあります。

投資はギャンブルではありません。
このことは先にお伝えしておきます。

しかしながら投資をギャンブルと履き違えて考えてしまっている人が多くいます。
上がるか下がるかの1/2を予測して勝ち続けることはできませんし、そのような投資をしている人はギャンブルをしているのと変わりありません。

短期投資では上がり下がりを予測して取引を繰り返します。
どれだけ優れた投資家やプロでも、市場を完全に読むことは不可能なのです。

そしてプロでも負けるのが短期投資です。
そんなプロでも負ける短期投資の世界で、プロを凌ぐ結果を出し続けることは困難です。

投資の本質とは、値上がりが期待される投資商品に対して、長期で運用し続け、キャピタルゲイン(売買差益)や長期保有することで得られるインカムゲイン(配当や金利など)を狙って資産を投資することが前提となります。

しかし投資初心者の多くは?
「投資は長期運用ね!OK、OK!!」
と投資を始めてみるものの、利益になれば売ってしまう短期トレードに流されてしまい、それを繰り返してしまいます。

短期投資は確実に失敗します。
もし投資で勝ちたい、損したくないと思うのであれば、短期投資を人生から排除して長期運用だけに集中するように心がけていきましょう。

バイ&ホールド(長期保有)して、資産の積み立てを意識するようにしましょう!

投資で大損する特徴②高い時に買って安い時に売っている

投資で大損する人の特徴の2つ目は、高い時に買って安い時に売っているためです。

そうした資本主義的な考え方をおそらく誰でも理屈では分かっているかと思います。
分かっていることを話してもつまらないので、ここからは投資の本質のお話をさせていただきます。

投資初心者の多くは、投資で保有している金融商品の調子がいい(右肩上がりに値上がりを続けている)時は、「調子が良いからこのまま上がるだろう」と楽観的な判断をしてしまいがちになります。
そして本来の価値以上の高い時に買ってしまいます。

例えば?

A「今、仮想通貨がアツいんだって!」
B「じゃ、私も始めてみようかな!」

こんな感じで市場が過熱している時に買ってしまうという具合です。

そのまま右肩上がりに値上がりが続けば良いのですが、市場は常に上昇と下落を繰り返して価値を変えていきます。
一度、下落の波に乗ってしまうと想像していないほど大きな暴落を経験してしまい、それに耐えきれなくなった投資初心者は安い時に売ってしまうという悪循環になります。

投資の本質は『安い時に買って、高い時に売る』または、『インカムゲイン(配当や年利)狙いで買ったらホールド(保有)』が基本です。
特に投資初心者は後者の『インカムゲイン狙いで買ったらホールド』という長期運用をオススメします。

投資で大損する特徴③投資・考え方・金融商品の勉強不足

投資で大損する人の特徴3つ目は、投資や投資に対する考え方・マインド、金融商品に対する勉強不足が考えられます。

一度、投資を経験した方なら分かると思いますが、「スゴく難しそう」と思っていた投資でも実は買ったり売ったりするのはサルでも分かるくらい簡単なことです。

しかしながら、そこで投資で成功するか、大損して失敗するかはその人の考え方次第となります。
投資での成功と失敗、結果は考え方やマインドに連動すると言われています。
そして私もその考えには賛同しています。

つまりしっかりとした考え方やマインドを持つと上手くいき、逆に考え方やマインドができていないと失敗したり損をするという感じです。

また、考え方やマインドを裏付ける情報も投資には必要不可欠です。
考え方やマインドを裏付ける情報とは、投資について学んだり、投資している金融商品に対する知識を増やしたりといった感じです。

簡単に言うと、投資全般に対する知識量を増やしましょうということです。

投資全般に対する知識や投資に対する考え方やマインドは具体的には、下記コラムまたは【副業らいふ】でお伝えしていますので是非、チェックしてみて下さい。

投資で大損する特徴④余裕資金以上を投資して心にゆとりがない

投資で大損する人の特徴の4つ目は、余裕資金以上のお金を投資に回してしまい、心にゆとりがない状態を作ってしまっていることにあります。

投資の勉強をしていて本を読んだことがある人なら絶対に見たことがあるであろう内容があります。
それが『余裕資金の中で投資しましょう』という内容です。

もし絶対に損できないお金にまで手を付けてしまっているなら今すぐ、資金を引き上げて余裕資金の中から投資するようにしましょう。
これは投資をする上で必須条件となります。

余裕資金ではないお金を費やして投資をしているということは、心に余裕がなくなってしまう原因になります。
そんな状態では冷静な判断はおろか、『バイ&ホールド』という基本的な自分が決めたルールすら守れなくなってしまいます。

冷静な判断ができないことは、大損や負けることに直結します。
下落局面で焦りが出てしまい、その挙句に手を付けてはいけない資金にまで達して自暴自棄になってしまうからです。

手を付けてはいけないお金にまで手を付けることは絶対に止めましょう。
ガチで負けて大損します。

投資で大損する特徴⑤チャートに振り回されている

投資で大損する人の特徴5つ目は、チャートに振り回されてしまうことにあります。
チャートはテクニカル分析をしたり過去の値動きが分かるというメリットがありますが、その反面、短期投資に流されやすくなるというデメリットがあります。

もちろん、分析をしたり市場を読もうとする心構えは大切です。
しかし自分ルールを破って、長期投資しようという心構えが薄れて短期トレードに流されてしまうくらいならチャートなんて見なくても、いや見ない方が良いのです。
月に1度、積立投資をすると決めたなら、その月に1度の金融商品の積立日にだけチョロっとチャートを眺めてバイ&ホールド!
それを5年間続けると決めたなら、ニュースはチェックしてもチャートは見ないを徹底するようにしましょう。

特に、一度(何度も)投資に失敗して大損している人は自分ルールを徹底して守っていくように心がけて下さい。
チャートは便利な反面、悪魔のささやきを出す凶器ににもなるのです。

投資で大損する人の特徴まとめ

短期トレードが全く稼げないというわけではありませんが、長い目で見たときに短中期トレードは損をする人が多いのが事実です。
例えば、本を出しているような爆裂で稼いでいるという人も、たまたま今は上手くいっているかガチで投資の鬼才で99%は失敗します。

そして稼げる可能性が高いのが長期運用であり、投資で大損をしない方法でもあります。

投資で大損をしない具体的な方法をお伝えしましたが、投資についてもっと学びたいという方は次にご紹介するコラムもオススメなので是非、読んでみて下さい!

【副業らいふ】からの3つのお願い

1、ホーム画面追加


2、ブログランキング
ポチっと2つお願いします!

ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

3、Twitterでシェア
☜この記事が良いなと思ったらポチっとシェアお願いします!

タイトルとURLをコピーしました