仮想通貨ライトコイン(LTC)の今後の予測!Litecoinの特徴や将来性・見通しを徹底予想

仮想通貨投資

仮想通貨ライトコイン(LTC)の今後の予測!Litecoinの特徴や将来性・見通しを徹底予想

このコラムでは「仮想通貨ライトコイン(LTC)の今後の予測!Litecoinの特徴や将来性・見通しを徹底予想」について解説していきます!

仮想通貨ライトコイン(LTC)とはどんなコインなのか、ライトコイン(LTC)の特徴や今後の将来性や見通し、最新ニュース、チャート、予測・予想などを徹底的に解説していきます。

悩み男性
悩み男性
・仮想通貨ライトコイン(LTC)とは何?
・仮想通貨ライトコイン(LTC)の今後の予測が知りたい!
・ライトコイン(LTC)の将来性や見通しの予想は?

こんな方むけに記事を書いています!
このコラムを読むことで仮想通貨ライトコイン(LTC)とはどんなコインなのか、特徴や今後の予測や将来性、見通しなどの全容が分かりますので是非、最後までお読み下さい!

  • 仮想通貨ライトコインとは?LTCの特徴を徹底分析
  • 仮想通貨ライトコイン(LTC)の将来性や課題
  • 仮想通貨ライトコイン(LTC)の過去チャート・今後の予測

これらを順番にお話していきます!

また、他の暗号資産(仮想通貨)もそれぞれ解説していますので、気になるコインがあれば下記から是非チェックしてみて下さい!

 

スポンサーリンク

仮想通貨ライトコインとは?LTCの特徴を徹底分析

仮想通貨ライトコイン(LTC)とは、どんなコインか?ライトコインの特徴などを解説していきます。

仮想通貨ライトコイン(LTC)とは?どんなコイン?

仮想通貨ライトコイン(LTC)とは、元Googleエンジニアのチャーリー・リー(Charlie Lee)氏によって発案、開発された暗号資産(仮想通貨)です。
2011年10月にライトコイン(LTC)は誕生しました。

ライトコインの正式名称は「Litecoin」で、コインのティッカーシンボルは「LTC」となっています。
上限発行コイン数は8400万LTCとなっていて、アルトコインの中でも比較的数量が少ないコインとなっています。
ちなみにビットコイン(BTC)は2100万BTCとなっており、ビットコインのちょうど4倍になっています。

開発者のチャーリー・リー氏は『ビットコインが金ならば、ライトコインは銀』と仰っています。
これは価値の保存を目的とするビットコインとは対照的に、ユーザー同士の利用を目的とした仮想通貨としてライトコイン(LTC)は今後成長を目指すためです。

コンセンサスアルゴリズムはProof of Work(PoW)です。

ビットコイン(BTC)以外のコインの総称であるアルトコインの激しい乱立があった2014年以降でも、他のアルトコインよりも安定して成長し続けてきた仮想通貨となっています。

仮想通貨ライトコイン(LTC)の特徴

仮想通貨ライトコインの特徴は、送金や決済、投資の3つが主な利用用途になっています。

ビットコインではトランザクション処理の問題で、決済などに約10分という時間がかかる問題がありました。
しかしライトコインでは、取引承認速度は約2分半といったより早い速度で完了できるように設定されました。

これにより大きな注目を集め、数あるアルトコインの中でも安定した成長を続けてきました。

P2P(ピアツーピア「peer-to-peer」の略称)でクライアント同士が繋がることで取引処理を行うことにより、取引コストを安く抑え、より速いスピードで決済することを目指しています。

ライトコインの暗号方式は「Scryptで、ビットコインの暗号方式「SHA-256」よりも複雑な暗号方式のため、より安全な取引が可能になります。
その為、ライトコインが出来た当時は、大きな話題となりました。

仮想通貨ライトコイン(LTC)の将来性や課題

目覚しい発展が期待されるライトコイン(LTC)ですが、将来性を占っていく情報をこれからお伝えさせていただきます。

ライトコインの将来性①第2のビットコイン

ライトコインはビットコインが価値や資産の保有を目的としたコインならば、ライトコインはビットコインがトランザクション処理に課題を抱えるユーザーの実際の取引としての利用を目的とした「第2のビットコイン」として存在感を高めつつあるアルトコインだということです。

利用されることが目的となる暗号資産(仮想通貨)が本来のあるべき姿だと言えます。
しかし現実はビットコイン(BTC)は、資産や価値の保有として活躍してきています。

より安いコストで、より速い処理速度で、ユーザーの利用を目的としたアルトコインのライトコイン(LTC)は、利用を目的とした第2のビットコインとして今後の活躍が期待されます。

ライトコインの将来性②PayPalが仮想通貨売買サービス開始

米国大手決済サービスであるPayPal(ペイパル)がライトコイン(LTC)をはじめとする仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュの4種)で売買サービスをアメリカ限定で開始すると2020年10月下旬に発表しました。

これにより、より仮想通貨を利用するユーザー層やターゲット層が広がった形となりました。

今や誰もが知る米国大手決済サービスのPayPal(ペイパル)による売買サービス開始は、仮想通貨市場全体へ大きな衝撃を与えました。
大企業の参入は、暗号資産(仮想通貨)にとって大きな後ろ盾となるためです。

これを機に外資系企業や大手企業が仮想通貨市場に参入をする流れになっていくことが予想されます。
そうした時にアルトコインやビットコインで決済や取引、投資をする人が増えていくことになりそうです。

仮想通貨ライトコイン(LTC)の過去チャート・今後の予測

仮想通貨ライトコイン(LTC)の最新ニュースや過去のチャートの値動き、今後の予測についてお伝えしていきます。

仮想通貨ライトコイン(LTC)最新ニュース

2021年

リップル出資のFlare Networksがライトコインを統合

2021年1月8日、仮想通貨リップル(XRP)のFlare Networksはライトコイン(LTC)を統合することを発表しました。
これによりスマートコントラクトを実装したフレアネットワーク上でライトコインを活用できるのでライトコインの可能性が広がると注目を集めました。

2020年

ライトコイン仮想通貨投資信託が米証券預託機関の(DTC)認可

2020年8月17日、米国大手仮想通貨ファンドのグレースケールは、ビットコインキャッシュ(BCH)とライトコイン(LTC)の投資信託が米証券預託機関(DTC)の認可を取得したと発表しました。
これにより仮想通貨投資家は現物を購入・保管しなくてもOTC市場で投資ができるようになります。

BlockFiがライトコインのUSDCの対応開始

2020年1月2日、高金利レンディングサービスを提供するBlockFi(ブロックファイ)が、ライトコインのUSDCの対応開始を発表しました。
これによりビットコイン、イーサリアム、ステーブルコイン、ライトコインの仮想通貨投資家は最大年利8.6%を得ることができるようになり、仮想通貨ライトコインが投資としての価値を広げました。

2019年

米国決済ネットワークFlexaがライトコインをサポート

2019年7月2日、米国決済ネットワークFlexa(フレクサ)がライトコイン(LTC)をサポートすることを発表しました。
これによりアメリカの39,250以上の店舗でライトコインでの支払いが可能になり、実店舗での利用シーンの拡大が見られました。

仮想通貨ライトコイン(LTC)の過去チャート

仮想通貨ライトコイン(LTC)の過去から現在(2021年3月時点)のチャートは以下のようになっています。
スマホの仮想通貨アプリ(コインチェックやビットフライヤーなど)では出ない単位のローソク足チャートを表示しています。

月単位のローソク足チャート

週単位のローソク足チャート

出典:GMOコイン

仮想通貨ライトコイン(LTC)今後の予測

最後に今後のライトコインの予測を記していきます。

※こちらの見解はあくまでも執筆者の個人的な見解です。
この予測は利益を保証するものでも、予測に責任を持つものでもありませんので予めご了承の上でお読み下さい。
また投資は自己責任となりますので、自己判断のもとでご決断下さい。

第2のビットコインと名高いライトコイン(LTC)は今後、どのような値動きが予想できるでしょうか?

ライトコイン(LTC)は仮想通貨の代表的なコインであるビットコインの技術を応用して作られた仮想通貨です。

  1. より安価な取引コスト
  2. Scryptでより安心感が高いとされる暗号方式での取引
  3. ビットコインよりも速い承認速度での取引という実用性

利用されることを目的とした「第2のビットコイン」と言われるライトコイン、米国大手PayPal(ペイパル)も決済手段として導入しました。
実用的で利用する人が爆発的に増えることが予想されるということは、ライトコイン(LTC)を保有・運用・活用する人が増えることを意味します。


直近一年の過去のチャートをご覧いただくと、この1年間でライトコイン(LTC)の価値が5倍になっています。
これは2018年以来となる20,000円超えになります。

そして他の通貨と比較してもより安定的にライトコイン(LTC)の価値や価格は上昇傾向にあります。

これはニュースでも取り上げたようにアメリカでは実店舗ですでに4万件近い店舗で実際にライトコインを利用や決済できるようになっているため、ユーザー増や投資としての注目度が高まりつつあるためです。

以上のことを踏まえて、ライトコインは今後も世界のあらゆる実店舗や利用シーンの拡大が予想され、値上がりしていくことが容易に想像できるかと思います。

仮想通貨イーサリアムの値動きはこの1年間で約10倍となる20万円台(2万円台から)を一時突破しました。
この注目度やイーサリアムに引けをとらない取引所や提携先を誇るライトコインは5倍の値上がりからの停滞期を超えた時に次の1年間で同じような値動きをするのではないかと考えています。

ライトコイン値動き予測

  • 1年〜2年→1LTCが10倍の20万円
  • 3年〜5年→50倍の100万円
  • 5年以上→現在のビットコイン並み!?

今後の値動きが非常に楽しみなアルトコインです!

仮想通貨ライトコイン(LTC)の買い方

最後に仮想通貨ライトコイン(LTC)の買い方を解説していきます。

仮想通貨ライトコイン(LTC)を取り扱っているオススメの仮想通貨取引所はコインチェック(Coincheck)で取引可能です。

コインチェック

コインチェックの新規口座開設の方法は下記コラムで解説していますので、分からない方は是非チェックしてみて下さい! 

  • 仮想通貨取引所コインチェック(Coincheck)について
  • 新規口座開設方法の解説
  • 仮想通貨の入金方法
  • 仮想通貨の取引方法

上のコラムではこの様なことを具体的に図解入りで解説しています。

仮想通貨ライトコイン(LTC)まとめ

仮想通貨投資はいわば情報戦です。
ライトコイン(LTC)に関する最新情報やニュース、課題や問題点、今後の予測についてこちらのコラムにて随時更新していきます。

ですので、ライトコイン(LTC)を保有している方やこれから仮想通貨ライトコインを買おうと考えている方は情報戦に負けないように、今すぐこのコラムのブックマークや保存をしておくことをオススメします。

また、下記コラムではアルトコインなどの仮想通貨投資で億り人を目指す人向けに長期投資コラムを詳細に書いていますので、気になった方は今すぐ読んでみて下さい!

【副業らいふ】からの3つのお願い

1、ホーム画面追加


2、ブログランキング
ポチっと2つお願いします!

ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

3、Twitterでシェア
☜この記事が良いなと思ったらポチっとシェアお願いします!

タイトルとURLをコピーしました