仮想通貨リスク(LSK)の今後の予測!Liskコインの特徴や将来性・見通しを徹底予想

仮想通貨投資

仮想通貨リスク(LSK)の今後の予測!Liskコインの特徴や将来性・見通しを徹底予想

このコラムでは「仮想通貨リスク(LSK)の今後の予測!Liskコインの特徴や将来性・見通しを徹底予想」について解説していきます!

仮想通貨リスク(LSK)とはどんなコインなのか、リスク(LSK)の特徴や今後の将来性や見通し、最新ニュース、チャート、予測・予想などを徹底的に解説していきます。

悩み男性
悩み男性
・仮想通貨リスク(LSK)とは何?
・仮想通貨リスク(LSK)の今後の予測が知りたい!
・リスク(LSK)の将来性や見通しの予想は?

こんな方むけに記事を書いています!
このコラムを読むことで仮想通貨リスク(LSK)とはどんなコインなのか、特徴や今後の予測や将来性、見通しなどの全容が分かりますので是非、最後までお読み下さい!

  • 仮想通貨リスクとは?LSKの特徴を徹底分析
  • 仮想通貨リスク(LSK)の将来性や課題
  • 仮想通貨リスク(LSK)の過去チャート・今後の予測

これらを順番にお話していきます!

また、他の暗号資産(仮想通貨)もそれぞれ解説していますので、気になるコインがあれば下記から是非チェックしてみて下さい!

 

スポンサーリンク

仮想通貨リスクとは?LSKの特徴を徹底分析

仮想通貨リスク(LSK)とはどんなコインか、リスクの特徴などを具体的に解説していきます。

仮想通貨リスク(LSK)とは?どんなコイン?

仮想通貨リスク(LSK)とは、分散型アプリケーション構築のためのブロックチェーンアプリケーションプラットフォームのことで、暗号資産(仮想通貨)も同じく「リスク(LSK)」と呼びます。
2016年5月にMax Kordek氏とOliver Beddows氏によって開発されリリースされました。

通貨名はリスク(Lisk)で、通貨単位やティッカーシンボルは「LSK」です。

上限発行コイン数は1.6億LSKとなっています。
300万ブロック毎に新規発行枚数が減少するような仕組み・設定になっています。

コンセンサスアルゴリズムはDelegated Proof of Stake(DPOS)です。
Proof of Stake(PoS)というコンセンサスアルゴリズムを採用している仮想通貨では、対象の暗号資産(仮想通貨)を一定枚数保有している人々に、ネットワーク運営の貢献への報酬として新規発行される仮想通貨の一部を受け取れる仕組み(ステーキング)です。

分散型アプリケーション(DApps)とは、中央管理者がいなくても稼働するアプリケーションのことです。
「DApps」は、Decentralized Applicationsの略称です。

通常、企業や銀行などは中央管理者をおいて稼働します。
DAppsでは、アプリケーションを利用する参加者がデータを分散管理します。

リスク(LSK)では、このDAppsの構築を一般的に誰でも使うことが可能なJavaScriptで記述できる点がポイントです。
これにより、開発者が簡単&敷居も低く開発に取り組めます。

仮想通貨リスク(LSK)の特徴

リスクの送金スピードは10秒という短時間に設定されています。
その為、超短時間での送金を行うことが可能です。

リスク(LSK)はスマートコントラクト機能を持つブロックチェーンです。
ビットコインはブロック承認スピードが約10分と遅いというデメリットがありました。
そこでスマートコントラクト機能というものが注目を集めました。

イーサリアム(ETH)のスマートコントラクトではメインブロックチェーン上にアプリを構築します。
リスク(LSK)ではサイドチェーンにアプリを構築していくという特徴があります。

サイドチェーンとは、パブリックブロックチェーンの「側鎖」となる概念で、親チェーンからサイドチェーンへの資産移動が簡単&自由に行える技術と言われており注目を浴びています。
これにより、独自のブロックチェーンが相互に結びつき、仮想通貨全体を1つのブロックチェーンとして転送することができると言われています。

リスク(LSK)では、このスマートコントラクトのサイドチェーンにより、メインブロックチェーンの処理能力が高くなり、仮想通貨で問題となりやすいスケーラビリティ問題に強い暗号資産(仮想通貨)と言えます。

仮想通貨リスク(LSK)の将来性や課題

目覚しい発展が期待されるリスク(LSK)ですが、将来性を見極める中でいくつかの課題もあります。
ではリスクが抱える問題点を見ていきましょう!

リスク(LSK)の課題①発展途上ブロックチェーン

リスク(LSK)の1つ目の課題は、まだまだ発展途上のブロックチェーンだという点です。

ブロックチェーン開発情報サイト「CryptoMiso」によると、リスクの開発は活発に行われています。
またリスクは人気上位に常に位置しています。

しかしながらそれらの目線は開発者向けの視点でありリスクの未来を予測する上では発展途上のブロックチェーンは予測がつきにくい為、手を出せない投資家も多いのではないでしょうか?

  • どの開発がどのステップまで進んだのか?
  • それにより何が可能になったのか?
  • それがいつごろ実現するのか?

不透明な発展途上ブロックチェーンのリスク(LSK)ですが、そういった不透明感が払拭されることがリスク(LSK)ユーザーにとってのメリットになると考えています。

リスク(LSK)の課題②情報性が薄い

リスク(LSK)の2つ目の課題は、情報性が薄く一般の投資家や暗号資産(仮想通貨)としてのリスク(LSK)を保有するメリットが見えにくい点です。

仮想通貨としての発展は、企業の株式投資と同じように投資家が資産を投じて潤沢な資金を集め企業の利潤追求をしていくのと変わりありません。

それぞれの仮想通貨の掲げるビジョンに期待や共感を得て、その発展や開発のために投資家は資産を投じ、ユーザーは仮想通貨を保有して利用しようと考えます。

しかし仮想通貨リスク(LSK)では、そういった投資家や一般ユーザー向けの情報性が非常に弱い点が大きな課題です。
投資家やユーザー向けの情報が見えにくいということは、本来期待されるべきリスクの使い道や投資としての判断材料に欠けるということが言えます。

そういった投資家やユーザー向けの視点での情報配信を開発者がしていくことが仮想通貨リスク(LSK)の発展になるのではないでしょうか。

仮想通貨リスク(LSK)の最新ニュース・過去チャート・今後の予測

仮想通貨リスク(LSK)の最新ニュースや過去のチャート、今後の予測を見ていきましょう!

仮想通貨リスク(LSK)最新ニュース

2021年

ビットフライヤーでリスクの「ステーキングリワードサービス」開始

2021年2月9日、仮想通貨取引所のビットフライヤー(bitFlyer)はリスク(LSK)を対象に「ステーキングリワードサービス」の提供を開始しました。
これにより、ビットフライヤーでリスク(LSK)を一定数取引するユーザーはステーキングで報酬の一部を受け取れるようになりました。

2020年

BINANCEでリスクの「ステーキングサービス」開始

2020年2月27日、仮想通貨取引所のBINANCE(バイナンス)がリスク(LSK)のステーキングサービスを開始しました。
これによりBINANCEでリスクを利用するユーザーは1LSK以上を保有することによりステーキング報酬を受け取ることが可能になりました。
BINANCEでのステーキングサービスの対応銘柄は18種類になりました。

コインチェックが日本初「ステーキングサービス」提供開始

2020年1月9日、仮想通貨取引所コインチェック(Coincheck)は日本で初めてリスク(LSK)のステーキングサービスの提供を開始しました。

仮想通貨リスク(LSK)の過去チャート

仮想通貨リスク(LSK)の過去から現在(2021年3月時点)のチャートは以下のようになっています。
スマホの仮想通貨アプリ(コインチェックやビットフライヤーなど)では出ない単位のローソク足チャートを表示しています。

月単位のローソク足チャート

週単位のローソク足チャート

出典:みんなの仮想通貨

仮想通貨リスク(LSK)今後の予測

最後に今後のリスクの予測を記していきます。

※こちらの見解はあくまでも執筆者の個人的な見解です。
この予測は利益を保証するものでも、予測に責任を持つものでもありませんので予めご了承の上でお読み下さい。
また投資は自己責任となりますので、自己判断のもとでご決断下さい。

仮想通貨リスク(LSK)の将来性を予測するのは極めて難しいと言えます。
何故なら、未来の判断材料になる情報が少なすぎるからです。
またその情報が投資家やユーザー目線で出るか疑問だからです。

先ほど、仮想通貨リスク(LSK)の課題でもお伝えさせていただきました通り、リスク(LSK)は発展途上ブロックチェーンであり、情報性に弱い暗号資産(仮想通貨)です。

個人的な見解とは言え、むやみやたらに無謀な予測をお伝えするわけにはいきません。
正直、リスクの抱える課題がクリアされない限りは暴落や暗号資産としての価値がゼロに近くなることも考慮しなければいけません。

一つだけ言えることは、暗号資産(仮想通貨)は今後どんどん発展して誰もが使うようになる時代が来るということです。
そうした未来に向けてまだまだ未開の地と呼ぶべき仮想通貨をいち早く保有していた先行者が投資家として大きく稼ぐ可能性が高いということです。

ただし、仮想通貨リスク(LSK)の一点だけに絞って投資することはオススメしません。
何故ならリスク(危険)が高いから!名前の通りになってしまいましたね(笑)。

仮想通貨リスク(LSK)に投資をするなら、資金の一部を分散投資することを強くオススメします。

仮想通貨リスク(LSK)の買い方

最後に仮想通貨リスク(LSK)の買い方を解説していきます。

仮想通貨リスク(LSK)を取り扱っているオススメの仮想通貨取引所はコインチェック(Coincheck)で取引可能です。

コインチェック

コインチェックの新規口座開設の方法は下記コラムで解説していますので、分からない方は是非チェックしてみて下さい! 

  • 仮想通貨取引所コインチェック(Coincheck)について
  • 新規口座開設方法の解説
  • 仮想通貨の入金方法
  • 仮想通貨の取引方法

上のコラムではこの様なことを具体的に図解入りで解説しています。

仮想通貨リスク(LSK)まとめ

仮想通貨投資はいわば情報戦です。
リスク(LSK)に関する最新情報やニュース、課題や問題点、今後の予測についてこちらのコラムにて随時更新していきます。

ですので、リスク(LSK)を保有している方やこれから仮想通貨LSKを買おうと考えている方は情報戦に負けないように、今すぐこのコラムのブックマークや保存をしておくことをオススメします。

また、下記コラムではアルトコインなどの仮想通貨投資で億り人を目指す人向けに長期投資コラムを詳細に書いていますので、気になった方は今すぐ読んでみて下さい!

【副業らいふ】からの3つのお願い

1、ホーム画面追加


2、ブログランキング
ポチっと2つお願いします!

ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

3、Twitterでシェア
☜この記事が良いなと思ったらポチっとシェアお願いします!

タイトルとURLをコピーしました