WordPressプラグイン【Jetpack】サイト集客・アクセス解析・表示速度アップ・セキュリティ強化を一括で出来るジェットパックの使い方・設定方法を図解入りで解説

ブログ副業

WordPressプラグイン【Jetpack】サイト集客・アクセス解析・表示速度アップ・セキュリティ強化を一括で出来るジェットパックの使い方・設定方法を図解りで解説

このコラムでは『WordPressプラグイン【Jetpack】サイト集客・アクセス解析・表示速度アップ・セキュリティ強化を一括で出来るジェットパックの使い方・設定方法を図解入りで解説』について解説します!

WordPressプラグイン【Jetpack(ジェットパック)】は無料テーマを使っている人は絶対に入れておくべき必須プラグインです。
何故なら、これからサイト運営をしていく人やサイト運営者にとって重要な設定が多く備わっているからです。

もし下記のような悩みがある方は是非、チェックしてみて下さい!

悩み男性
悩み男性
・集客機能があるプラグインてある?
・リアルタイムでアクセス解析したい!
・表示速度をアップしたい!
・サイトのセキュリティを強化したい!
・【Jetpack】の使い方や設定方法が知りたい!

そんな人向けに記事を書いています。
WordPressプラグイン【Jetpack】で超簡単に一括でサイトへの集客やアクセス解析、サイトの表示速度アップ、セキュリティ強化が出来るようになります!

  • 『Jetpack』の概要
  • 『Jetpack』の追加・導入方法
  • 『Jetpack』の設定方法

これらを順に解説します!

スポンサーリンク

WordPressプラグイン『Jetpack』の概要

WordPressプラグイン『Jetpack』とは?

WordPressプラグイン『Jetpack(ジェットパック)』とは、サイト集客機能やアクセス解析、表示速度アップさせる機能、サイトのセキュリティ強化を一括で行うことが出来る複合型プラグインです。

SEO対策やWordPressのセキュリティ強化、表示速度を向上させる機能を持っていない無料のWordPressテーマを使っているサイト運営者の方にとっては最初に入れるべき必須とも呼べるプラグインです。

WordPressプラグイン『Jetpack』を導入する注意点

WordPressプラグイン『Jetpack』を導入する前に、一つだけ注意があります。

便利な機能が充実しているWordPressプラグイン『Jetpack』ですが、もしあなたが有料のWordPressテーマを使っている場合には、すでにそのテーマの中にJetpackと同じような機能が付随している可能性があります。

そうした場合は機能が重複してしまい、Jetpackを導入することでエラーが発生してしまう可能性があります。

ですので有料テーマを活用されている人で、ピンポイントで「『Jetpack』のこの機能が欲しい。」という場合には他の機能を無効化したり、その機能だけが補強されるプラグインを使うようにしましょう!

下記コラムでは、必須プラグイン・おすすめプラグイン・目的別プラグインをまとめたコラムをご紹介しています。

WordPressプラグイン『Jetpack』の便利機能

WordPressプラグイン『Jetpack』では大きく分けて4つの充実した機能が備わっています。

  1. サイトのセキュリティ強化
  2. アクセス解析機能
  3. 集客機能
  4. サイト表示速度アップ

この4つです。
具体的に解説していきます。

Jetpack機能①サイトのセキュリティ強化

WordPressプラグイン『Jetpack』を導入することにより、サイトのセキュリティ強化を行うことが可能になります。

  • バックアップ機能
  • 二重認証機能
  • 総当たり攻撃によるスパム対策

サイトのスパム強化やセキュリティー強化は安全な運営をする上で必須となります。
せっかく作ったサイトが消えてしまってはこれまでの苦労が全て水の泡になってしまいます。

Jetpack機能②アクセス解析機能

WordPressプラグイン『Jetpack』を導入することで、アクセス解析機能を備えることができます。

サイトのアクセス解析で一番有名なものが「Googleアナリティクス」です。
しかしGoogleアナリティクスは長期的なアクセス解析に向いており、Jetpackでは短期的なアクセス解析に強みがあります。

サイト運営の成功はアクセス解析が大きなカギを握ります。
そうした時にGoogleアナリティクスとJetpackの2つのアクセス解析を活用して、サイト運営に必要な情報を読み取ることが可能になります。

Jetpack機能③集客機能(パブリサイズ共有)

WordPressプラグイン『Jetpack』ではパブリサイズ共有という機能があります。
これはサイトをSNSに接続してブログなどを更新した時に接続したSNSに自動的に知らせることができる機能です。

これを行うことにより、記事を更新するたびに自動でアップした記事を周知させることができ、一早い集客へと結びつけることが可能になります。

Jetpack機能④サイト表示速度アップ

WordPressプラグインJetpackでは、サイトの画像読み込み速度を向上させ、サイトの表示速度を速くする機能が備わっています。

サイトの表示速度は検索されてサイトが表示される上で非常に重要な要素になります。
何故なら、サイトの表示速度が遅いというだけで離脱率やサイトの滞在時間が短くなり、SEOに不利とされているからです。

Googleが以前に行った調査では、表示速度が遅いサイトや高速表示に対応していないサイトでは、実際に訪問者を多く失っているという結果が出ています。

もしユーザーがスマホで検索した時に表示速度をアップさせたいという方は、以下にご紹介するWordPressプラグイン『AMP』を導入してみて下さい。

WordPressプラグイン『Jetpack』の追加・導入方法

ではWordPressプラグインの「Jetpack」を導入する方法を解説します!


まずは、ワードプレスのトップ画面を開きます。
左側にあるメニューから「プラグイン」→「新規追加」をクリックします!


検索窓に【Jetpack】と入力します!
するとプラグインの表示欄に『Jetpack』が表示されたと思います。

「インストール」をクリックします!


「インストール」が完了したら『有効化』をクリックします。
これで『Jetpack』の導入が完了しました!

WordPressプラグイン『Jetpack』の設定方法


次に「Jetpack」の設定方法を見ていきましょう!
「有効化」すると上のような画面になります。

WordPressプラグイン『Jetpack』では、それぞれの機能ごとに「有効化」と「無効化」の対応が可能になります。

プラグイン『Jetpack』とあなたが使っているテーマや重複した機能があるプラグインを使っている方は、必要な機能だけ有効化して設定していきましょう!

後に設定を行う場合には次のように設定していきましょう!
ワードプレスのトップ画面の左側メニューにある「Jetpack」の中にある『設定』をクリックします!
そして『Jetpackを設定』をクリックします。

WordPressプラグイン「Jetpack」の初期設定


では「Jetpackを設定するアカウント」の選択をしていきましょう!
もしWordPressで設定しているメールアドレスがGmailなら『Googleで続ける』をクリックします。

最初にWordPressを設定した時のメールアドレスを忘れてしまった方は次のように確認してみましょう!
「設定」→「一般」→「一般設定」画面の中の『管理者メールアドレス』


Jetpackのアカウントを選択したら、上の図の画面になります。

上の画面はJetpackのプランを選択する画面です。
ここであなたの希望のプランを選択していきます。


もし無料プランを選択する場合には、一番下まで画面をスライドすると『ジェットパック無料』というプランがありますので、「無料で始める」をクリックしましょう!


次にサイトの目的を選択していきます。


上の画面では、もしあなたのサイトが開かなくなった時に設定したメールやプッシュ通知でお知らせを通知するかどうかを選択するJetpackの設定です。
ご希望の方は『ダウンタイムの監視機能を有効化』をクリックします。

サイトが開かなくなった時に、いち早くそのことに気づくことは機会損失を回避するためにも非常に重要です。
ですので無効化しておく理由がない方は是非、有効化しておきましょう。


上の設定では記事の配信などでコンテンツ(コラムや記事)のページ下に、関連記事を表示するかを選択する画面です。

記事を読み終わった時に記事下などに(ユーザーが興味のある)関連するコンテンツを表示しておくことはサイトの回遊率の向上や滞在時間アップなどのSEO効果に非常に重要です。
他に重複するプラグインを入れていない場合には、必須で関連コンテンツを表示するために『関連記事を有効化』をクリックしましょう!


上の画面ではメルマガフォームをサイトに埋め込むかどうかを選択します。
これはサイト主や企業サイトによってそれぞれ異なるかと思いますので、必要な運営者は『Creative Mailをインストール』を、必要ない方は『Not Now』をクリックしましょう!


上の画面ではサイトや記事がクリックされた時に表示速度を速くしたいかどうかの選択画面になります。

サイトの表示速度が遅いと離脱率が高くなるというGoogleの報告があります。
表示速度が速いとサイトが見られる可能性が高くなり、表示速度が遅いと見られなくなる可能性が高まるということです。
ですのでサイトの表示速度は速いことに越したことはありませんね!

『サイトアクセラレーターを有効化』をクリックしましょう。


これで基本的なJetpackの設定は完了です。
それぞれの詳細設定は上の画面の『設定』をクリックして確認していきましょう!

Jetpackのパブリサイズの接続方法(SNS連携)

パブリサイズの接続とは、SNSの連携のことです。
サイトのアクセス数を増やしていくためには、TwitterやFacebookといったあなたが運営するSNSと連携して読者をサイトやブログに取り込むことが一番手っ取り早いからです。

サイトのアクセスをアップさせる方法は主に2つです。

  1. キーワード検索(受け身のアクセスアップ)
  2. SNS連携(能動的アクセスアップ)

パブリサイズの接続(SNS連携)は、いわば攻めのアクセスアップ方法となります。
ではJetpackでSNS連携をする方法を解説します。


先ずはダッシュボードから「Jetpack」→「設定」を開きます。


Jetpackの設定画面になりましたら、上のメニューにある『共有』をクリックします。


パブリサイズの接続という画面になると思います。
初期設定では「投稿をソーシャルネットに自動共有」はオフになっていると思いますので、こちらを上の画面のようにオンにしましょう!

完了しましたら『ソーシャルメディアアカウントを接続する』をクリックします。


今回はTwitterとWordPressサイトの接続を解説します。
他のパブリサイズの接続(SNS連携)もここで説明する方法と同じ要領で行うことができますので、複数のSNSをお持ちの方はぜひチャレンジしてみて下さい。

ツイッターの右側にある「読み込んでいます」または「接続」をクリックします。


すると別ウィンドウでTwitterのログインのIDとパスワードを求められますので、入力して『連携アプリを認証』をクリックします。


連結すると上のような画面になりますので『接続する』をクリックしてTwitterと連携を完了させましょう。


画面が切り替わり右上に「Twitterアカウントが正常に接続されました。」と表示されれば無事、SNS連携が完了です。


パブリサイズの接続でSNSの連携を完了していると、記事の投稿画面で新しく「パブリサイズ共有」が増えていると思います。
記事によってはSNSで投稿したくない記事もあるかと思いますので、そういった場合には赤丸の中の「編集」から除外しましょう!

JetpackでAkismet Anti-Spamの設定方法

WordPressプラグインの一つに【Akismet Anti-Spam(アンチスパム)】というスパムを回避するためのプラグインがあります。
Jetpackをインストールするとこの【Akismet Anti-Spam】が備わっています。

【Akismet Anti-Spam(アンチスパム)】の設定は、別のコラムにて詳しく解説していますのでJetpackでスパム対策をしたい方は下記のコラムから詳細をご確認下さい。

WordPressプラグイン「Jetpack」まとめ

WordPressプラグイン『Jetpack』について解説していきました。

また以下コラムでは、必須プラグイン・おすすめプラグイン・目的別プラグインのまとめをご紹介しています。
「他にもこんな機能が欲しい!」「こんな機能があれば…」という方は是非参考にしてみて下さい!

【副業らいふ】からの3つのお願い

1、ホーム画面追加


2、ブログランキング
ポチっと2つお願いします!

ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

3、Twitterでシェア
☜この記事が良いなと思ったらポチっとシェアお願いします!

タイトルとURLをコピーしました