お金持ちの選択の法則【ジャム理論】選択肢を減らしてストレスを無くそう!

副業コラム

お金持ちの選択の法則【ジャム理論】選択肢を減らしてストレスを無くそう!

このコラムでは「お金持ちの選択の法則【ジャム理論】選択肢を減らしてストレスを無くそう!」について解説していきます!

悩み男性
悩み男性
・普段のストレスを減らしたい…
・何かを決めるのが煩わしい!
・もっとシンプルに生きたい。

こんな方むけに記事を書いています!
このコラムを読むことで超簡単にお金持ちの普段の選択の考え方が分かり、ストレスフリーで生活できるようになりますので是非、最後までお読み下さい!

  • お金持ちの選択の法則【ジャム理論】とは?
  • ムダな選択肢を減らしてストレスを軽減しよう!
  • ジャム理論を活用してビジネスを加速しよう!

これらを順番にお話していきます!

スポンサーリンク

お金持ちの選択の法則【ジャム理論】とは?

お金持ちの選択の法則【ジャム理論】とは、いったい何でしょう?

ジャム理論とは、「選択の数が消費者にどんな影響を与えるのか?」という、有名な実験の結果をまとめたものです。

スーパーに「24種類のジャム」と「6種類のジャム」を並べた時の消費者の購買意欲の変化を調べるという実験です。
その結果は「24種類のジャム」よりも少ないほうの「6種類のジャム」を並べたスーパーのほうがジャムの売れ行きが10倍も高いという結果になりました。

つまりこのジャム理論の実験で分かったことは、ユーザーは選択肢が多いほど選択を止めてしまうというものです。
また、目の前に提示される選択肢が多いほどユーザーはストレスを抱えてしまうというものです。

ムダな選択肢を減らしてストレスを軽減しよう!

何も「ジャムの選択」だけがジャム理論に合致するわけではありません。
人は毎日35000回の決断をすると言われています。

そうした決断の連続の中で、選択肢が多いほどストレスを抱えてしまい、考えるのが面倒臭くなり、ジャム理論の「24種類のジャム」のように考えることを諦めてしまう経験は誰にでもあるのではないでしょうか?

例えば?

「今日の下着は?」
「今日はどんな服のコーディネートにしよう?」
「服は何色にしよう?」
「シャツに合うズボンは?」
「ズボンに合うベルトは?」
「服装に合う小物は?時計は?」
「服のコーディネートに合う靴は?」

服装だけの決断でも無数の選択肢があります。

デート前のコーディネートならそれも楽しみの一つになるかもしれません。
しかし何気ない毎日の中でも同じだけの選択肢を迫られているなら、それだけでストレスマックスになってしまうでしょう。

こういったちょっとした決断の連続の中にも、考えることが面倒臭くなる原因が隠されています。
これを『ムダな決断』とする成功者が多くいます。

成功者や決断力のある人の選択肢は実にシンプルです!
「やる」か「やらない」か?
「右」か「左」か?
「上」か「下」か?
「1」 か「2」か?

決断がシンプルだからこそ、物事をスムーズに進めることが可能になります。
また普段の生活のストレスも抱えにくくなり、いざという大きな決断の時に余力を発揮することが出来ます。

ジャム理論を活用してビジネスを加速しよう!

  • 元大リーガーのイチロー選手は毎朝、同じカレーを食べていました。
  • マイクロソフトのビル・ゲイツやFacebookのマーク・ザッカーバーグ、元オバマ大統領は毎日、同じような服装を選択しています。
  • 投資の神様ウォーレン・バフェットは、毎日チェリーコークとハンバーガーを食べています。

そんな彼らに共通する点は?
普段からミニマリズム(最小限主義)を実行して、『ムダな決断』を極力なくしている事です。

生活スタイルやビジネスをスマートにして、大きな決断に最大限の力を発揮します。
また提供するサービスの選択肢を減らしてあげることで、ユーザーにストレスを与えにくく、満足度を高めていくことが出来ます。

例えば?

iPhoneの色が100色あったら?
販売業者もユーザーも扱うのに困った商品になって、全然売れなかったかもしれません。

しかしシンプルに毎回3色にまとめられ、ユーザーもストレスなく選ぶことが出来ます。

これもジャム理論を応用したビジネスの仕掛け方になります。

お金持ちや成功者の仕掛け方は実にシンプルです。
提供するサービスが何であれ、ユーザーに提供する時に選択肢を狭めて伝えることで、ユーザーが選びやすい環境を整えます。

「1と2ならどちらが良いですか?」
「AとBならどちらが良いですか?」

『A or B』というように、選択肢を狭めて決断を迫るときのこのような質問形式をクローズドクエスチョンと言います。

「何が良いですか?」
「どこに行きたいですか?」
「どんなものが好きですか?」

逆にこのように選択肢を広げて質問する形式をオープンドクエスチョンと言います。

無数の選択がある中で、ユーザーはオープンドクエスチョンをされればされるほどストレスを抱えてしまい、考えることを諦めて取れる契約も無くなってしまうかもしれません。

商品を売る場合だけでなく、このように営業やトーク、プレゼンなどでもジャム理論を活用することで、ユーザーはどの人から仕事やビジネスを引き受けたいかを決めることに繋がります。

是非、ジャム理論をあなたの成功にお役立て下さい!

お金持ちの選択の法則【ジャム理論】まとめ

何気ない日常の選択が変われば、大きな決断のときに必ず力になります。

時に正解は選択肢を広げることかもしれません。
しかし多くの場合では、ユーザーはムダな決断をなくしてストレスを減らしたいと考えています。

また下記コラムでは、同じ商品でも100倍売れる人の全容を記事にしています。
成功するためのモノの売り方を解説していますので、是非気になった方は読んでみて下さい!

【副業らいふ】からの3つのお願い

1、ホーム画面追加


2、ブログランキング
ポチっと2つお願いします!

ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

3、Twitterでシェア
☜この記事が良いなと思ったらポチっとシェアお願いします!

タイトルとURLをコピーしました