仮想通貨アイオーエスティー(IOST)の今後の予測!コインの特徴や将来性・見通しを徹底予想

仮想通貨投資

仮想通貨アイオーエスティー(IOST)の今後の予測!コインの特徴や将来性・見通しを徹底予想

このコラムでは「仮想通貨アイオーエスティー(IOST)の今後の予測!IOSTとは?コインの特徴や将来性・見通しを徹底予想」について解説していきます!

仮想通貨アイオーエスティー(IOST)とはどんなコインなのか、アイオーエスティー(IOST)の特徴や今後の将来性や見通し、最新ニュース、チャート、予測・予想などを徹底的に解説していきます。

悩み男性
悩み男性
・仮想通貨アイオーエスティー(IOST)とは何?
・仮想通貨アイオーエスティー(IOST)の今後の予測が知りたい!
・アイオーエスティー(IOST)の将来性や見通しの予想は?

こんな方むけに記事を書いています!
このコラムを読むことで仮想通貨アイオーエスティー(IOST)とはどんなコインなのか、特徴や今後の予測や将来性、見通しなどの全容が分かりますので是非、最後までお読み下さい!

  • 仮想通貨アイオーエスティーとは?IOSTの特徴を徹底分析
  • 仮想通貨アイオーエスティー(IOST)の将来性や課題
  • 仮想通貨アイオーエスティー(IOST)の過去チャート・今後の予測

これらを順番にお話していきます!

また、他の暗号資産(仮想通貨)もそれぞれ解説していますので、気になるコインがあれば下記から是非チェックしてみて下さい!

 

スポンサーリンク

仮想通貨アイオーエスティーとは?IOSTの特徴を徹底分析

仮想通貨アイオーエスティー(IOST)とはどんなコインなのか、その特徴などを分かりやすく解説していきます。

仮想通貨アイオーエスティー(IOST)とは?どんなコイン?

仮想通貨アイオーエスティー(IOST)とは、どんなコインなのかを見ていきましょう!

アイオーエスティー(IOST)は、Internet of Services Token(インターネットオブサービストークン)の略称で、現在(2021年3月時点)は取引所コインチェック(Coincheck)のみでの取引が可能になっています。

2019年2月25日、ほぼ最近メインネットOlympus v1.0がローンチされました。
発行可能上限コイン数は、210億IOSTコインです。

コンセンサスアルゴリズムは、Proof of Believability(PoB)となっており、信ぴょう性や信頼(Believability)が重視されたアルゴリズムになっています。

PoBの2つのグループ

  1. Believable League(信用リーグ)
  2. Normal League(ノーマルリーグ)

1、Believable League(信用リーグ)
ここに抽出される方法はトークン残高やコミュニティへの貢献、レビューなどの点数によって算出されるBelievabilityスコアで決定し、第一段階としてここで簡易的に検証されたブロックを生成します。

2、Normal League(ノーマルリーグ)
第一段階のBelievable Leagueで処理されたブロックをNormal Leagueで再検証します。
トランザクションが正常な検証だと判断されると、これらはファイナライズブロックになり、最終的にメインチェーンとなるMSBに含められます。
しかしNormal Leagueで矛盾や不正が検出されると、検証されたトランザクションはブロックチェーンから除外されます。

このようにIOSTでは不正行為がされにくい設計と、不正の罰則の強化がなされています。

仮想通貨アイオーエスティー(IOST)の特徴

アイオーエスティー(IOST)では、「ブロックチェーン技術を多様なサービスで活用されることを目指す暗号資産」として作られました。

これは例えば普段人々が使っているクレジットカードが利用されるのと同水準でアイオーエスティー(IOST)のブロックチェーン技術が世界中の色んなサービスに利用されることを目指しています。

今後、クレジットカードのように暗号資産アイオーエスティー(IOST)が実用化されるようになれば、クレジットカードに代わって人々が暗号資産で買い物をしたり支払いをするようになっていくでしょう。

現在、日本国内でも次のような場面で活用を目指す実験や開発が行われています。

  1. 再生可能エネルギー電力の取引システムの実証実験
  2. 精密医療や患者ケアのデータ管理

まだ実用性についてはピンと来ないかもしれませんが、これが私たちの普段の生活レベルにまで踏み込まれた際には、アイオーエスティー(IOST)を利用することが常識になるかもしれません。

仮想通貨アイオーエスティー(IOST)の将来性や課題

目覚しい発展が期待されるアイオーエスティー(IOST)ですが、将来性を見ていきましょう!

アイオーエスティーの将来性①ノードストレージの削減

アイオーエスティーの1つ目のメリットは、マイクロステート・ブロックによるノードのストレージが削減できるので、ストレージコストを抑えることが可能という点です。

ビットコイン(BTC)などのブロックチェーンでは、ノードになる際に過去のブロックのデータを全てブロックチェーンに保存するため、膨大なストレージコストがかかり、ストレージを圧迫してしまいます。
そのため、サーバーに負荷がかかってしまい、システムパフォーマンスが低下してしまうことに繋がっていきました。

しかしアイオーエスティー(IOST)では、ノードのストレージを削減する仕組みのため、サーバーに負荷がかかりずらくなり、新しいノードがより参加しやすくなっています。

また、スマートコントラクトのプログラミング言語は多くの人が利用可能なJavaScript(ジャバスクリプト)となっています。
そのためDapps開発への参入が誰でも容易になり、IOSTのスマートコントラクト活用がより身近になることが予想されます。

アイオーエスティーの将来性②オンラインサービスへの波及

アイオーエスティー(IOST)は、幅広いオンラインサービスでの活用を目指すプラットフォームとして期待されています。

スケーラビリティ(拡張性)問題の解決や非中央集権の2つのメリットを持っています。
つまり暗号資産での多様なオンラインサービスでのインフラ整備に活用される期待が非常に高い仮想通貨と言われています。

オンラインサービスが求めるインフラの条件

  1. スピード感
  2. 柔軟性
  3. 多様性

アイオーエスティー(IOST)が様々なSNSやオンラインショップ、オンライン市場での活用が実現されていくようであれば、今後、一気にユーザーやIOST保有者は増えていくでしょう。

仮想通貨アイオーエスティー(IOST)の過去チャート・今後の予測

仮想通貨アイオーエスティー(IOST)はまだ参入したばかりの通貨です。
そんな将来性がありそうなアイオーエスティーのチャートや今後の予測を見ていきましょう!

仮想通貨アイオーエスティー(IOST)の過去チャート

仮想通貨ネム(XEM)の過去から現在(2021年3月時点)のチャートは以下のようになっています。
スマホの仮想通貨アプリ(コインチェックやビットフライヤーなど)では出ない単位のローソク足チャートを表示しています。

月単位のローソク足チャート

週単位のローソク足チャート

出典:みんなの仮想通貨

仮想通貨アイオーエスティー(IOST)今後の予測

最後に今後のアイオーエスティーの予測を記していきます。

※こちらの見解はあくまでも執筆者の個人的な見解です。
この予測は利益を保証するものでも、予測に責任を持つものでもありませんので予めご了承の上でお読み下さい。
また投資は自己責任となりますので、自己判断のもとでご決断下さい。

アイオーエスティー(IOST)はローンチされてまだ間もない仮想通貨です。
だからこそ価格が安く、今のうちから仕込むことが可能な暗号資産です。

仮想通貨の値段が上がる条件は以下の5つです。

  1. 将来性
  2. 知名度
  3. 実用性
  4. 信ぴょう性
  5. バックボーン

今後、オンラインサービスの多様な場面で活用される可能性が高いアイオーエスティー(IOST)が今の段階で足りていないもの、それは知名度とバックボーンです。

知名度が高くなると「どんな仮想通貨か分からなくても取り敢えず買ってみよう」という人が増えます。
これは仮想通貨アイオーエスティー(IOST)を取り扱う取引所が増えたり、新しいニュースで人々の目を引く機会が増えていくことで高まっていきます。

先陣を切ったコインチェック(Coincheck)、後に続く取引所が増えていくことで今後、次第に認知度が高まっていくことでしょう。

バックボーンとは提携や出資をしてくれる企業や企業数、国などです。
大きな後ろ盾があるからこそ投資家は多額のお金を未知のコインに投入します。

しかしその2つが今はまだ世に出て間もない仮想通貨アイオーエスティー(IOST)なので、今後1年間は大きなトピックがない限りは100円まで価格が伸びることは考えにくいでしょう。
大きなニュースや取引所が扱わない限りせいぜい20円〜30円以内におさまると考えます。

しかし長いスパンで考えてみましょう!
クレジットカードの代わりとなり、多方面のオンラインサービスで活用されることになれば間違いなく価格が伸びていくでしょう。

ビットコイン(BTC)ではスピード感や柔軟性が足りず、オンラインサービスが求める環境には対応しずらいと言われています。
そんなオンライン市場を5年〜10年という期間で牛耳ることができれば、アイオーエスティー(IOST)市場価値は再評価され、1000円以上の価値を目指すことも可能になるでしょう。

そして知名度が高まり大きなバックボーンを手に入れたアイオーエスティー(IOST)は流通速度を上げて、一般的に利用されるようになります。

ユーザー(利用者)が増えるということは?
価値が一気に跳ね上がるということを意味します。
アイオーエスティーが10000円を超えることも容易に想像ができます。

そんな万倍の可能性が見込める10円以下の暗号資産は今の瞬間のアイオーエスティー(IOST)だけです!

仮想通貨アイオーエスティー(IOST)の買い方

最後に仮想通貨アイオーエスティー(IOST)の買い方を解説していきます。

仮想通貨アイオーエスティー(IOST)を取り扱っているオススメの仮想通貨取引所はコインチェック(Coincheck)で取引可能です。

コインチェック

コインチェックの新規口座開設の方法は下記コラムで解説していますので、分からない方は是非チェックしてみて下さい! 

  • 仮想通貨取引所コインチェック(Coincheck)について
  • 新規口座開設方法の解説
  • 仮想通貨の入金方法
  • 仮想通貨の取引方法

上のコラムではこの様なことを具体的に図解入りで解説しています。

仮想通貨アイオーエスティー(IOST)まとめ

仮想通貨投資はいわば情報戦です。
アイオーエスティーに関する最新情報やニュース、課題や問題点、今後の予測についてこちらのコラムにて随時更新していきます。

ですので、アイオーエスティー(IOST)を保有している方やこれから仮想通貨リップルを買おうと考えている方は情報戦に負けないように、今すぐこのコラムのブックマークや保存をしておくことをオススメします。

また、下記コラムではアルトコインなどの仮想通貨投資で億り人を目指す人向けに長期投資コラムを詳細に書いていますので、気になった方は今すぐ読んでみて下さい!

【副業らいふ】からの3つのお願い

1、ホーム画面追加


2、ブログランキング
ポチっと2つお願いします!

ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

3、Twitterでシェア
☜この記事が良いなと思ったらポチっとシェアお願いします!

タイトルとURLをコピーしました