時間の使い方が激変!時間を作り出すタイムマネージメント〜仕事の質・ダラダラ・スキマ時間・プライベートがみるみる変わる手帳術〜

成功哲学

時間の使い方が激変!時間を作り出すタイムマネージメント〜仕事の質・ダラダラ・スキマ時間・プライベートがみるみる変わる手帳術〜

このコラムでは『時間の使い方が激変!時間を作り出すタイムマネージメント〜仕事の質・ダラダラ・スキマ時間・プライベートがみるみる変わる手帳術〜』をテーマに時間を作り出す時間の有効活用】方法をご紹介します。
「時間がない」が口癖の人
『時間の使い方』を変えたいと思っている方
『時間の作り方』を知りたい人
『時間を管理』して【仕事の質】を向上したい人
「ダラダラした時間」「スキマ時間」を活用したい方
☞  プライベートなど『時間の有効活用』したい方
この様な方は是非とも最後までお読み頂ければ幸いです。
これから『時間の使い方が激変!時間を作り出すタイムマネージメント〜仕事の質・ダラダラ・スキマ時間・プライベートがみるみる変わる手帳術〜』ではこれらの内容についてお話します。
・『時間の使い方』が変わる手帳術
・『時間を有効活用』する1日15分の作業
・『時間を管理』して【仕事の質】を高める方法
・『時間の使い方』の質が激変する10ノウハウ
それでは早速始めてきます!
スポンサーリンク

『時間の使い方が変わる手帳術』

皆さんは24時間をどうお過ごしですか?忙しい日々に追われて「時間がない」「忙しい」が口癖になっている方も多いのではないでしょうか?
誰にでも平等なのが時間で、1日は24時間です。
そして時間は一方通行で、過去には絶対に戻れません。
だからこそ私たちは限りある1分1秒という時間を大切にしたいと考えています。
『時間は自分で作るもの』とよく言われます。
自分がどこかで時間を作れなければいつまでたっても「時間なし」です。
もし【時間の使い方】【時間の作り方】を知ることが出来れば、その作り上げた時間の差は大きく開いていきます。
例えば1日1時間の積み重ねが年間では365時間。
約15日分の『時間の有効活用』に繋がります。
そこでこんな手帳があるというのをお伝えさせていただきます。
【フランクリン手帳】というものがあります。非常に優れ手帳です。
【公式】フランクリンプランナー コンパクトサイズ (バイブルサイズ 幅広) 6穴 オリジナル・デイリー・リフィル(日本語版) デイリー 1日2ページ 見開き 2020 1月始まり 4月始まり 兼用 15ヶ月フランクリン 手帳 システム手帳 スケジュール帳
 【フランクリン手帳】にはこんな機能が充実!
分単位で1日の時間を管理
時間や行動の優先順位を決める
夢や目標の項目
・マイデータや友人データ
・アドレスや暗証番号
収入や使ったお金の管理
自分の価値観
・メモ、ノート
習慣や行動リスト
分単位、時間単位、1日単位、月単位、年間単位でのスケジューリング
・その日実行出来たこと、出来なかったことなどのタスク管理
・他にもまだまだ色々な機能があります!
などあらゆる観点から時間について管理できる手帳です。
もし【フランクリン手帳】を120%活用することができればあなたの人生が劇的に変わり始めます。
とは言っても…オススメしておいてアレですが【フランクリン手帳】をわざわざ使う必要はないと考えています(笑)。フランクリン手帳の内容を普通の手帳でまかなえば済むためです。
要は、あなたの手元の手帳をただの予定帳や日記、スケジュール帳にするのではなく、【フランクリン手帳】のように優れた手帳にしてしまえば良いのです!
もし【フランクリン手帳】を本気で使ってみたい!時間の価値観や考え方を変え最大限に【時間を有効活用】したい!という方には最高にオススメの手帳なので一度手に取ってみるのも有りだと思います。
手帳をどの様に使って【時間の使い方】を決めていくかということです。
手帳はその日のやる事や予定、あなたの行動に障害をきたすモノを一旦頭から忘れてもいいように活用します。
余計なことを考えずに次にやるべきことに集中する為です。

『時間を有効活用』する1日15分の作業

1日の【限られた時間を有効活用】していくために、一日の始まりに、今日すべきことをリストアップしていきます。
起きたらすぐ15分くらい使い、1日にすることリストを全て書き込むのです。
一日のタスク(作業)をリストアップ(書いていく)ことで、予定や余計な考え事を脳内リセットして“今すべき事”にだけ集中できる環境を整えます。

そして…!

“今”出来なかったことは“いつ”やるのか?
もしそのタスクを“今日”出来なかったら“明日”やるのか?
それでもやらないのであれば、そのタスクの優先順位が低かったと判断する事が可能になります。
タスクの優先順位が低いと判断された作業はきっと後でやる事メモ】に留めて、他の優先順位の高いタスクやリストを優先的に進めていきます。
タスクの書き方で「どうせ書かなくても絶対にやるでしょ!」ってことはわざわざ書きません。
例えばお風呂や食事、トイレや歯磨きなどの日課レベルのことです。
何故なら、書かなくてもどうせやるからです(笑)。
しかし、その時間にやらなければいけないタスクを考えておくだけで、「どうせ書かなくても絶対にやるでしょ!」という事と同時進行で時間の活用が可能になります。
例えば、「買い物リストを考える。」や「ブログの今日のネタを考える」とか。仕事であればプレゼンの練習とか。
 普通の手帳でもこんなことが可能に!
1日15分のタスク決め
タスク管理
収入や使ったお金の管理
優先順位の選定や【やることリスト】
優先順位が低いタスクの【きっと後でやる事メモ】
時間単位、週単位、月単位、年単位でのスケジュール管理
・etc…
これだけでも劇的に時間の使い方が変わります。
手持ちの手帳を最大限に活用することが時間の使い方が変わる手帳術』になります。

『時間を管理』して【仕事の質】を高める方法

【時間を管理】して仕事の質を高める方法とは?
毎日、追われる仕事の中で【仕事の質】を高めて、仕事にゆとりをもちたいというように考えている方も多いのではないでしょうか?
こちらでは『時間を管理』して【仕事の質】を高めていく方法を3つご紹介します。
1、今のタスクを阻害する情報や仕事を遮断する
2、短時間集中
3、タイムアタック法
この3つです。順番に見ていきましょう!

1、今のタスクを阻害する情報や仕事を遮断する

「あれもやらなくちゃ!」
「これもやらなくちゃ!」
「まだ一個目も終わっていない!」
頭の中でいろいろなタスクや情報が交錯すると、今やらなければいけないタスク】に集中する事が出来ません。
集中する事が出来なければ必然と【仕事の質】が低下して、今やらなければいけないことも充分な結果を残すことができなくなってしまうでしょう。
やる事が多いなら尚更“今”片付けなければいけないタスクだけに集中できる環境を作っていくことが大切です。
そのための今のタスクを阻害する情報や仕事を遮断するという事が、集中して仕事をこなす1つ目の方法となります。

2、短時間集中

「ダラダラ」と長い時間、単純作業や同じ仕事ばかりしていると仕事効率やパフォーマンスは徐々に下がっていきます。そしてそれを続けることは、小まめに休憩を取っている人と比べても圧倒的にパフォーマンスが悪くなってしまいます。
人は集中力を保てる時間が決まっています。
【高い集中力を保てる時間=15分】
【集中力持続可能時間=90分】
と言われています。
短時間、短時間で仕事を区切って、高い集中力を維持していくことで仕事の質が上げることが可能になり、それによって最高の仕事パフォーマンスを発揮することができます。
イメージ的にはこんな感じ!
15分全力で頑張って、ふっと一息つく。
また全力で15分頑張って、立ち上がって伸びをする。
また全力で15分頑張って、アクビをする。
また全力で15分頑張って、首を鳴らして肩を回す。
そして90分頑張ったら、コーヒーで一服する。
仕事の質が高いまま時間の使い方が上手い方は、無意識の内に仕事の合間15分毎に一瞬のリラックス時間を作って、90分毎の軽い小休憩をして高いモチベーションをキープしています。

3、タイムアタック法

決まった時間の中で如何に効率を上げていくのか?
それはタイムアタックをして日々の同じ仕事の時間を日々短縮していく高い意識から始まります。
「今日は15分だった!明日は14分台を目指そう!」
「14分台達成した!次は13分台だ!」
日々の仕事の作業一つ一つにも細かく目標を持つ事で、高い意識とモチベーション、集中力を発揮する事が可能になります。
それは仕事だけでなく、プライベートや副業にも応用が可能ということです。

『時間の使い方』の質が激変する10ノウハウ

『時間の使い方』の質が激変する10個のノウハウとは?
『時間の使い方』の質が激変する10ノウハウを以下にまとめました。
これまでご紹介してきた内容と重複するものもありますが、是非参考にしてみて下さい!
1、他の人に依頼する
2、目の前のタスクだけに集中
3、仕事終わりの余暇を利用
4、【今日やる事リスト】を付ける
5、起きてスグの時間を活用
6、優先順位とやらない事を分ける
7、即行動!
8、効率向上させる
9、スケジュール管理
10、重要で最優先事項から片付ける
順番に見ていきましょう!

1、他の人に依頼する

自分のやることが手一杯の時に、もし同僚や家族が助けてくれる環境がある場合には他の手の空いている人に依頼するのも自分の【時間を管理】する一つの手段になります。
またはビジネスや副業の場合には、外注やクラウドサービスなどを利用してお金で自分の時間を作り出すという事も可能です。
その手の空いた時間を使って他の自分にしかできないタスクを片付けていきます。

2、目の前のタスクだけに集中

集中力を阻害するもの、それは他のタスクを頭の片隅に入れたままにしておくという事です
目の前のタスクだけに集中する事ができれば、仕事の効率は上がり、どんどん仕事を片付ける事が可能になるでしょう。
高い集中をキープするためにも小まめな休憩も忘れてはいけません!

3、仕事終わりの余暇を利用

余暇の時間の過ごし方で人生が変わります。
仕事は生活の基盤、そして余暇の時間は自分の人生を作り出すための時間です。
プライベートを律する事で、人生に何を残せるかが決まるためです。
それがビジネスや副業なのか、遊びなのか、仕事なのかは自分が選択することが可能だという事です。

4、【今日やる事リスト】を付ける

【今日やる事リスト】を付けていく事で【スキマ時間を有効活用】することが可能になります。
「時間が空いてしまった。何をしよう?」と考えている時間も無駄にしないためにも、同時進行で作業するにも、今日やる事リストをあらかじめリストアップしておくと有意義な時間の過ごし方をする事が可能になります。

5、起きてスグの時間を活用

起きてスグの時間の使い方で1日の濃さが決まります。
目覚めてスグに脳内をスッキリさせることで、そこから3時間の行動力に差が付くためです。
人は起きて3時間は脳が半分眠っている状態が続くと言われています。つまり午前中をダラダラと過ごしている人は脳内が半分眠っている状態。
もし起きてスグの15分にやることをまとめてお風呂入ってスッキリしたら毎日の3時間が有効活用できるでしょう。

6、優先順位とやらない事を分ける

【今日やることリスト】で付けたタスクがズレるような事はやらなくてもいい【重要ではないタスク】と判断することができます。
やらなくてもいい事を手帳に付け続けることもストレスになりますし、緊急でも重要でもないことにわざわざ優先順位をつける必要もありません。
【きっと後でやる事メモ】に留めて、優先順位の高いことに行動をフォーカスしていきましょう。

7、即行動!

「思ったが吉日!」
やる事が決まってダラダラとしている時間はありません。スグに行動に移す習慣を身につけましょう。
たったそれだけで多くの時間を有効活用し、有意義にすることができます。

8、効率向上させる

効率は日々の積み重ね方によって決まります。
毎日の自分のタイムアタックとの戦いから効率は徐々に向上され、後々の自分の時間を守ることになるのです。
そして効率を向上させてスキルが上がり、よりスピーディーで多くのタスクをこなすことが可能になります。

9、スケジュール管理

毎日、毎分ごとの自分のスケジュールを管理して“今やること”だけに意識をフォーカスしていくことで、高い集中力を保つことが可能になります。
次にやることや明日やることをスケジュールにまとめることで、脳内から余計な思考を忘れてリセットすることができるためです。
手帳はやる事をまとめて、次にやる事を一旦忘れて今のやるべき事に集中するために使っていきます。

10、重要で最優先事項から片付ける

優先順位を付け始めると、4つの分類をすることが可能になります。
① 緊急で重要なこと
② 緊急で重要ではないこと
③ 重要で緊急ではないこと
④ 緊急でも重要でもないこと
この重要なことから片付けることで、タスクがスマートになり、毎日追われていることが緊急なのか重要なのか、大切なのかどうでもいいことなのかを判断する基準になります。

【タイムマネージメント】まとめ

『時間の使い方が激変!時間を作り出すタイムマネージメント〜仕事の質・ダラダラ・スキマ時間・プライベートがみるみる変わる手帳術〜』を実践することで、自分の人生や価値観、その内容やクオリティーがみるみる変わっていきます。
・『時間の使い方』が変わる手帳術
→手帳術を活用して時間の使い方を決める
・『時間を有効活用』する1日15分の作業
→起きてスグに15分使ってやる事をリストアップ
→やらなかった事は【きっと後でやる事メモ】に留める
・『時間を管理』して【仕事の質】を高める方法
1、今のタスクを阻害する情報や仕事を遮断する
2、短時間集中
3、タイムアタック法
・『時間の使い方』の質が激変する10ノウハウ
1、他の人に依頼する
2、目の前のタスクだけに集中
3、仕事終わりの余暇を利用
4、【今日やる事リスト】を付ける
5、起きてスグの時間を活用
6、優先順位とやらない事を分ける
7、即行動!
8、効率向上させる
9、スケジュール管理
10、重要で最優先事項から片付ける
是非、今日から実践して大切なあなたの時間を守って、人生を楽しんでいただければ幸いです!
タイトルとURLをコピーしました