FIRE経済的自立で早期リタイアする生き方!自分らしい人生の作り方

副業投資

FIRE経済的自立で早期リタイアする生き方!自分らしい人生の作り方

このコラムでは「FIRE経済的自立で早期リタイアする生き方!自分らしい人生の作り方」について解説していきます!

FIRE(ファイア)とは、仕事をしなくても経済的な自立をして、会社や仕事から早期リタイアをすることを言います。
FIREは、Financial independence Retire Early(経済的独立や早期リタイア)の略称で、「自分らしい生き方」を目指している若者を中心に大きなムーブメントを生んでいます。

そんな経済的自由と早期リタイアを目指す【FIRE】とは一体どういったものなのかを解説します。

悩み男性
悩み男性
・FIRE(ファイア)とは何?
・FIREで経済的自立をしたい!
・FIREで早期リタイアしたい!
・FIREの成り方が知りたい!

このコラムを読むことで超簡単にFIREの全容が分かり、あなたも最速で経済的な自立や早期リタイアを目指すFIREの仲間入りができますので是非、最後までお読み下さい!

  • 〜FIRE〜経済的自立と早期リタイアを目指そう
  • 〜FIRE〜自分らしい人生の作り方
  • FIREになる5つのステップ

これらを順番にお話していきます!

スポンサーリンク

〜FIRE〜経済的自立と早期リタイアを目指そう

若者を中心に【FIRE(ファイア)】という生き方が大きな注目を浴びています。

【FIRE(ファイア)】とは?

  • Financial independence:時間やお金といった経済的な問題からの自立
  • Retire Early:仕事や会社といった組織からの早期リタイア

つまり経済的に自由になって、仕事や会社という組織から早期的にリタイアすることをFIREと言います。

悩み男性
悩み男性
・人生100年時代どう生きれば…
・将来がとにかく不安…
・70歳を過ぎても働かないといけないの?

そんな将来が見えない時代だからこそ、自分が自分らしく生きる【FIRE】という生き方が脚光を浴びています。

FIREとは超簡単に言うと?
毎月貯蓄をして、その貯蓄を自分が最低限生活できるだけの利益が見込める投資に回し、早期リタイアをして自分が本当にしたい好きな生活をしようという生き方です。

投資資金を貯めて投資をします。
その投資から配当や年利といった「インカムゲイン」と呼ばれる利益を受け取ります。
その毎年支払われる利益だけで生活することがFIRE(ファイア)という生き方です。

よく間違われるのは?
「生活資金を貯めてその資金で早期リタイアするんでしょ?」
ということ。

それでは貯めたお金を使っていくことになり、貯めたお金は年々減っていってしまいます。
もし貯めたお金が無くなったら、また仕事を見つけて働かなければいけません。

しかしFIREでは、低リスクの投資で利益だけで生活できる水準まで資金を貯めて、毎年の投資からの利益で生活をしていくので、投資元本(投資資金)が減っていくことは起こりにくくなっています。

投資で自分の生活資金が賄えるということは?
お金が自分の代わりに働いてくれて、生活資金を運んできてくれるようになるという事です。

つまりそれまでは働いていて作れなかった空いた時間と投資からの利益で、自分の好きな生き方や本当にやりたかったことを叶えていけるようになります。

それは1回きりではありません!
投資したお金が減ったり、無くなったり、投資そのものが終わらなければ死ぬまでお金を運び続けてくれます。

  • 年金や保険の心配
  • 仕事の心配やストレス
  • 健康や身体の心配
  • リストラや雇い止めの心配

つまりお金や将来の心配から半永久的に解放されるようになります。
その生き方が【FIRE】なのです。

〜FIRE〜自分らしい人生の作り方

FIREで自分らしい人生の作り方を解説していきます。
FIREで経済的自立や早期リタイアをしていくためには、これからご紹介する3つのルールを守っていくことが必須となっていきます。

  • ルール①年間支出の25倍
  • ルール②「4%ルール」を理解しよう
  • ルール③節約こそがFIREの最短ルート

この3つのルールを具体的に解説していきます。

FIREルール①年間支出の25倍

経済的自立と早期リタイアを両立していいくために必要になる資金はいったいいくらなのでしょうか?

それを考える上で最も大切な考え方は『無理のない運用を続けていく』ということです。
そこで重要になるのが【年間支出の25倍】の資金を考えるということです。

FIRE開始時の資産額の目安
『年間支出の25倍』

年間支出×25倍=貯めるべき総資産

例)自分が最低限過ごせる年間の支出額は?
「最低毎月15万円あれば生活できる!」
そうした時の年間支出は?
15万円×12ヶ月=180万円

「最低毎月20万円あれば生活できる!」
そうした時の年間支出は?
20万円×12ヶ月=240万円

年間支出の25倍の資産は?

毎月15万円の年間支出の場合
年間支出180万円×25倍=4500万円

毎月20万円の年間支出の場合
年間支出240万円×25倍=6000万円

このように計算ができます。
この導き出した数値が【年間支出の25倍】ルールになります。

FIREルール②「4%ルール」を理解しよう

アメリカの発祥の「4%ルール」というものがあります。
「生活費が投資元本(投資資金)の4%以内なら資産を減らさないで生活できる。」
という考え方です。

年利4%の投資で資産を運用すると?
資産1000万円の投資の時の年間利益は?
1000万円×4%=40万円

資産5000万円の投資の時の年間利益は?
5000万円×4%=200万円

つまりルール②では、年間の運用益が4%となる比較的安全な投資を見つけて、そこに投資をして、毎年4%の利益を得ようというルールになります。

その年間4%の利益で生活することにより、資産を減らさずに利益だけで生活することが可能になります。

FIREルール③節約こそがFIREの最短ルート

より若くしてFIRE(経済的自立×早期リタイア)をするための資金を貯めることは、大きな決断と切り詰めた節約が鍵を握ります。

生活のありとあらゆることに対しての無駄を省き、それを経済的自立と早期リタイアが叶うまで続けることは、並大抵の努力ではありません。

例えば月給30万円のサラリーマンが…

無理のないくらいに切り詰めて毎月10万円の貯蓄をする場合?
10万円×12ヶ月×10年間=1200万円

少し切り詰めて毎月15万円の貯蓄をする場合?
15万円×12ヶ月×10年間=1800万円

運用せずに1800万円もの資金を貯めるのに必要な年数は10年間を要します。

もしもっと切り詰めて毎月20万円の貯蓄をした場合?
20万円×12ヶ月×10年間=2400万円

同じ10年間でも2倍のもの差を生み出します。

もし運用しながら毎月20万円を貯蓄して、資産が3000万円になったとすれば?
3000万円×4%=年利120万円

月に10万円で10年間過ごしてきた方なら、この時点でFIRE達成になります。

悩み男性
悩み男性
いくら何でもハードル高くね?

そう思った人もいるかもしれませんね!

コラムの最後にFIREになるためのハードルを思いっきり下げる方法もお伝えしてますので、是非最後までお読みくださいね!

節約に必要ないもの

  • 飲み会
  • 高い家賃の物件
  • 割高スマホ
  • お金のかかる趣味や娯楽
  • 高級料理

いかに節約し、どれだけ早く目標金額を貯められるかがFIREに必要なものになるというルールです。

FIREになる5つのステップ

ではFIREで経済的自立と早期リタイアを叶えていくための具体的な5つのステップをご紹介します。

  • FIREステップ1:生活の無駄を削除しよう
  • FIREステップ2:目標を数値化しよう
  • FIREステップ3:給料を先に投資口座へ回そう
  • FIREステップ4:年利4%の投資先へ投資しよう
  • FIREステップ5:利益を再投資しよう

この5ステップです!
それでは具体的に解説していきます。

FIREステップ1:生活の無駄を削除しよう

先ずはFIREになるための最初のステップは、これまでの生活の無駄を削除していくことから始まります。
何故なら、ギリギリの生活を強いて毎月いくらで生活できるのかを見直し、毎月の給料からいくら貯蓄できるのかを算出するためです。

2LDKで家賃が高いなら1ルームの激安アパートに引っ越すのもFIREをより早く叶える手段です。
洋服や娯楽に毎月10万円使っていたなら全てが貯蓄に回せるお金になります。

電気、水道、ガス、スマホ代、交通手段、食事、タバコ、お酒、飲み物などありとあらゆることが節約の対象になります。

自分の生活内容を1度見直して、無駄を一切省いていき、月に最大で貯蓄可能な金額を算出しましょう!
そうすることで毎月いくらあれば生活可能なのかが分かります。

FIREステップ2:目標を数値化しよう

では次に目標を全て数値化していきましょう!
FIREステップ1で毎月いくらあれば生活可能なのかが分かりました。
漠然とした目標ではなく、このように全ての目標を具体的な数値に置き換えます。

  • 最低生活資金
  • 毎月貯蓄額
  • 最終目標金額
  • 目標達成年数
  • 年間収支
  • 目標達成時の年間利益目標

具体的には?

手取り30万円のサラリーマンとした場合なら?

  • 現在貯蓄額:200万円
  • 最低生活資金:10万円
  • 毎月貯蓄額:20万円
  • 最終目標金額:3000万円
  • 目標達成年数:10年間
  • 年間運用益:9万6千円
  • 10年間複利運用益:500万円
  • 目標達成時の年間利益目標:120万円

かなりリアルな具体例を作りましたので、数字の計算が苦手という方はこの具体例を基に、2倍にしたり1/2したりして自分の目標を作りましょう!

FIREステップ3:給料を先に投資口座へ回そう

FIREを達成するために最も重要になるのが、残りのお金の中から生活を成り立たせることです。

人は手元にお金があると使ってしまいます。
その為、お給料が会社から支払われたらどんな支払いよりも先に投資用口座へと振り込む習慣を身につけましょう!

もし手元のお金が足りなくなりそうなら、それに見合った生活をします。
または足りない分の副業をします。

そうして何とか手元にあるお金や条件の中から考えながら生きる術を見つけることができるのが私たち人間です。

「バビロン大富豪の教え」でも、収入は先に貯蓄や投資へ回すことの重要性をお伝えさせていただきました。

FIREステップ4:年利4%の投資先へ投資しよう

では何に投資をすれば年利4%の利益が見込めるのでしょうか?

投資には色んな種類があります。
そんな数ある投資の中で初心者にも取り掛かりやすいオススメの投資方法は「インデックス投資」と呼ばれる投資方法です。

インデックス投資とは、上場された日本の【日経225】や米国株式の【S&P500】という投資信託に分散投資するというものです。

詳しくは下記コラムにて解説していますので、是非読んでみて下さい!

これを毎月毎月、目標年数が達成するまで一定の金額を投資し続けます。

FIREステップ5:利益を再投資しよう

投資を始めると毎年、利益を見込むことができます。
この利益は使ってしまうのではなく、再投資へと回していきましょう!

このように利益を再投資して利益から利益を生み出すことを【複利運用】と言います。
複利運用を活用することで、より早い目標資産達成が可能になります。

また、FIREで設定した目標が達成されても、2〜3年ほど長く勤めて資産額を増やしていくことで、経済的自立や早期リタイアをした後でも、複利運用によって収入が増え続ける仕組みを作ることも可能です。

例えば?
10年で目標3000万円の資産が達成した後も3年間仕事を続け貯蓄額を増やした時に?
複利運用含めて総資産4000万円達成。

4000万円×年利4%=年収160万円
160万円÷12ヶ月=月収13.3万円

早期リタイア後も生活水準を10万円のままで利益の3万円を複利運用

この様に毎年の利益の複利運用も可能になります。

FIREという生き方には住む場所や仕事といった縛りがなくなります。
今、流行りの【山奥ニート】という環境で毎月の生活費2万円という生き方を選択すれば、毎年8万円から10万円の複利運用をすることもできます。

または複利運用をしなくても山奥ニートで毎月2万円の生活費であれば年利4%の投資で600万円の自己資金があれば経済的自立と早期リタイアを叶えることもできます。
これまでの具体例と同じ条件下であれば600万円なら2年半もあれば作り出すこともできます。

FIRE経済的自立と早期リタイアまとめ

経済的自立と早期リタイアの【FIRE(ファイア)】という生き方。
世界から見ても働きすぎな日本人が目指すべき本来の生き方や人生を見つめることができるかもしれません。

何千万円や何十年というとどうしても途方もない長い距離に感じるでしょう。
しかし生きる場所や水準を落とせば、「山奥ニート」のように少し頑張れば誰でも目指すことができるのです。

当サイト【副業らいふ】では、FIREをより叶えやすくする副業やサイドビジネス、投資に関する情報を配信していますので、ブックマークやお気に入り登録をして頂けると励みになります。

また下記コラムでは、経済的自立と早期リタイアのFIREをより叶えやすくするための長期投資の心構えについて深く掘り下げてお伝えしていますので、是非気になった方はチェックしてみて下さい!

【副業らいふ】からの3つのお願い

1、ホーム画面追加


2、ブログランキング
ポチっと2つお願いします!

ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

3、Twitterでシェア
☜この記事が良いなと思ったらポチっとシェアお願いします!

タイトルとURLをコピーしました