仮想通貨ファクトム(FCT)の今後の予測!Factomとは?コインの特徴や将来性・見通しを徹底予想

仮想通貨各種

仮想通貨ファクトム(FCT)の今後の予測!Factomとは?コインの特徴や将来性・見通しを徹底予想

 

このコラムでは「仮想通貨ファクトム(FCT)の今後の予測!Factomとは?コインの特徴や将来性・見通しを徹底予想」について解説していきます!

仮想通貨ブームの中の医療や住宅ローン情報網の網羅を狙う仮想通貨ファクトム(FCT)が大きな注目を集めています。
今回はそんな仮想通貨ファクトム(FCT)の可能性や情報を徹底的に見ていきましょう!

悩み男性
悩み男性
・仮想通貨ファクトム(FCT)とは何?
・仮想通貨ファクトム(FCT)の今後の予測が知りたい!
・ファクトム(FCT)の将来性や見通しの予想は?

こんな方むけに記事を書いています!
このコラムを読むことで仮想通貨ファクトム(FCT)とはどんなコインなのか、特徴や今後の予測や将来性、見通しなどの全容が分かりますので是非、最後までお読み下さい!

  • 仮想通貨ファクトムとは?FCTの特徴を徹底分析
  • 仮想通貨ファクトム(FCT)の将来性や課題
  • 仮想通貨ファクトム(FCT)の最新ニュース・過去チャート・今後の予測

これらを順番にお話していきます!

また他の仮想通貨の情報を得たいという方は下記からチェックしてみて下さい!

スポンサーリンク

仮想通貨ファクトムとは?FCTの特徴を徹底分析

仮想通貨ファクトム(FCT)とはどんなコインなのか、コインの特徴を徹底的に解説していきます。

仮想通貨ファクトム(FCT)とは?どんなコイン?

仮想通貨ファクトム(FCT)とは、アメリカのファクトム社(Factom Inc)が2015年9月に発行したプラットフォームで「あらゆる電子データを記録・保管できる分散型プラットフォーム」を目指してファクトムは誕生しました。

ブロックチェーンの大きな特徴の一つに、取引履歴が改ざんが出来ないという強みがあります。
それを利用してファクトム(FCT)では、あらゆる電子データを記録・保管することが可能になります。

例えば?

  • 住民票
  • 登記簿謄本
  • 印鑑証明
  • 貸付記録
  • 証券
  • 保険
  • などなど

あらゆるデータや情報をファクトムにより管理・追跡・監査して、第三者機関を通さずに証明することができる仕組みです。

仮想通貨ファクトムの通貨名はファクトイド(Factom)で、ティッカーシンボルや通貨単位はFCTです。そのままの呼び名で「ファクトム」とも呼ばれています。

取引開始は2015年9月1日です。
仮想通貨ファクトムのコンセンサスアルゴリズムはProof of Work(PoW)です。

ファクトム公式サイト
https://www.factom.com/

仮想通貨ファクトム(FCT)の特徴

  1. ファクトイド(FCT)
  2. Entry Credit(エントリークレジット)

ファクトムにはこの2つの通貨が存在します。

Entry Credit(エントリークレジット)は記録の入力や投票にしか使用できません。
また他の公開鍵にも送信できません。

これによりハッキングがされにくく、ハッキングされても情報が見れないのでハッキングという大きなリスクを回避することが可能です。

理由は?

Entry Credit(エントリークレジット)は、いわばファクトムを利用するための利用料としての役割を果たしています。
Factoid Chain(ファクトイドチェーン)と呼ばれるチェーンでファクトイド(FCT)からEntry Credit(エントリークレジット)へ変換することができます。

ファクトイド(FCT)→Entry Credit(エントリークレジット)
この順がファクトムの取引の定石となります。
ですので、投資として取引を行う場合にはファクトイド(FCT)のまま保有することになります。

また、ファクトイド(FCT)の価格の変化に関係なくシステムを利用することができます。
これはファクトイド(FCT)を保管する管理サーバーから必要な分だけのEntry Credit(エントリークレジット)を購入することが可能なためです。

つまり…
これまでの難しい話を超簡単に言うと?

2つの通貨に分けることで、ハッキングされにくくめっちゃ安全に投資や電子データの記録や保管が出来るぜ!ということです。

仮想通貨ファクトム(FCT)の将来性

目覚しい発展が期待されるファクトム(FCT)の将来性を見ていきましょう。

ファクトム(FCT)の将来性①dLocプロジェクト

ファクトムとSMARTRAC(スマートラック)という会社と共同開発したプロジェクトの「dLoc」が注目を集めています。

dLocは主に医療分野において、「dLocステッカー」と呼ばれるバーコードやQRのようなものを読み込むことで、ウェブから患者の書類や情報を引き出すことができるシステムです。

ブロックチェーンという改ざんされにくい保管場所に、通院や治療履歴、患者のアレルギー情報などのこれまでにペーパー保管していたような情報を医療機関などで共有することができます。

dLocにより、国内に留まらずグローバルに医療情報を共有することが可能になり、一早い患者の対応が期待されています。

ファクトム(FCT)の将来性②ファクトムハーモニー

ファクトムハーモニー(Factom Harmony)というアメリカ住宅ローンなどのデータを改ざんが困難なファクトムのブロックチェーン上で保管・管理するプロジェクトが発表されました。

アメリカの住宅ローン市場は160兆円規模になります。
その中の住宅ローン情報やデータの管理コストを5兆円削減することが可能になりました。

世界の住宅や不動産といった情報、または住宅ローンのデータは毎年5兆ページという莫大な情報が積み重なっていきます。
また過去のそれらの情報は約40兆ページにもおよび、その分の莫大なコストが懸念されてきました。

しかしファクトムのブロックチェーン上に保管・管理していくことにより、事務処理の時間や人件費、手数料などのコストを抑えることができるようになりました。

一度加速をはじめたファクトムハーモニープロジェクトは年々、情報の積み重ねと共に、不動産や住宅ローン業界の中で確固たる地位を確立していくことは間違いありません。

仮想通貨ファクトム(FCT)の最新ニュース・過去チャート・今後の予測

仮想通貨ファクトム(FCT)の最新ニュースや過去のチャートの値動き、今後の予測や価格予想を具体的に見ていきましょう!

仮想通貨ファクトム(FCT)最新ニュース

2020年

ファクトム開発会社が解散

2020年4月、ファクトムの開発や発行を担当していたFactom Inc(ファクトム社)が資金難のため会社を解散する清算手続きを進めていると分かりました。
これによるプロジェクトへの影響はないとされています。

2018年

ファクトム、Microsoft(マイクロソフト)と技術提携

2018年11月、ファクトムはアメリカ超大手企業のMicrosoft(マイクロソフト)と技術提携を発表しました。
これにより、ファクトムの知名度や期待度は爆発的に大きくなり、開発や投資としてのファクトムの名を広めました。

2017年

ビル&メリンダ・ゲイツ財団とファクトムの提携・資金提供

2017年6月、ビル&メリンダ・ゲイツ財団はファクトムと提携し、5000万ドルの資金提供を発表しました。

住宅ローンデータのファクトムハーモニーをファクトムで管理
2017年4月、住宅ローンデータのファクトムハーモニーをファクトムのブロックチェーン上に保管するプロジェクトが実施されました。

仮想通貨ファクトム(FCT)の過去チャート

仮想通貨ファクトム(FCT)の過去から現在(2021年5月時点)のチャートは以下のようになっています。
スマホの仮想通貨アプリ(コインチェックやビットフライヤーなど)では出ない単位のローソク足チャートを表示しています。

月単位のローソク足チャート

週単位のローソク足チャート

出典:みんなの仮想通貨

仮想通貨ファクトム(FCT)今後の予測・価格予想

今後のファクトム(FCT)の予測を記していきます。

※こちらの見解はあくまでも執筆者の個人的な見解です。
この予測は利益を保証するものでも、予測に責任を持つものでもありませんので予めご了承の上でお読み下さい。
また投資は自己責任となりますので、自己判断のもとでご決断下さい。

ファクトム(FCT)は世界の名だたる大企業や財団と提携を発表しています。

  • Microsoft(マイクロソフト)との提携
  • ビル&メリンダ・ゲイツ財団との提携・資金提供
  • 米不動産ローン会社Equator社との統合

また今後広がることが予測される大きなプロジェクトを進めています。

  • dLocプロジェクト
  • ファクトムハーモニープロジェクト

これらの内容からも読み取れるようにファクトム(FCT)は、投資家にとって将来性を大きく期待された暗号資産(仮想通貨)であることは間違いありません。

しかし、たった一つだけ投資家にとって拭えない問題が話題を呼びました。
それが2020年4月のファクトム開発会社の解散騒動です。

これにより期待しかなかったファクトム(FCT)への信頼は、投資家にとって不安要素へと変わりました。

しかしながらこれまで行ってきたプロジェクトや開発には問題はないとされています。
その大きなマイナス要素を世界の投資家はどう考え、どう行動するかによって価格予測は大きく変化するでしょう。

個人的な見解としてお伝えしたいのは、ファクトムが進めている2大プロジェクトは今後、大きな時代の革新になるのではないかということです。
医療データを司る「dLoc」プロジェクト、住宅ローン情報を管理する「ファクトムハーモニー」プロジェクト、この2つはピンポイントで今後の情報網を牛耳るでしょう。

そうした時に考えるべくはリスクよりも先見性です。

「もしかすると価値を無くすかもしれない。」と考える投資家が多い今だからこそビッグネームを連ねるファクトム(FCT)の価値は安いまま推移しているのだと考えています。
これがFactom Inc(ファクトム社)の解散が忘れ去られた5年後なら?
もはやファクトムが疑われる余地すらないほど、失った信頼は回復しているのではないかと考えます。

ですのでファクトム(FCT)の投資としての可能性を次のように予測します。

1〜4年
1FCT=100円〜1000円以下

5〜7年
1FCT=5000円〜1万円

8〜10年
1FCT=2万円〜20万円

仮想通貨ファクトム(FCT)の買い方

最後に仮想通貨ファクトム(FCT)の買い方を解説していきます。

仮想通貨ファクトム(FCT)を取り扱っているオススメの仮想通貨取引所はコインチェック(Coincheck)で取引可能です。

コインチェック

コインチェックの新規口座開設の方法は下記コラムで解説していますので、分からない方は是非チェックしてみて下さい! 

  • 仮想通貨取引所コインチェック(Coincheck)について
  • 新規口座開設方法の解説
  • 仮想通貨の入金方法
  • 仮想通貨の取引方法

上のコラムではこの様なことを具体的に図解入りで解説しています。

仮想通貨ファクトム(FCT)まとめ

仮想通貨投資はいわば情報戦です。
ファクトムに関する最新情報やニュース、課題や問題点、今後の予測についてこちらのコラムにて随時更新していきます。

ですので、ファクトム(FCT)を保有している方やこれから仮想通貨ファクトムを買おうと考えている方は情報戦に負けないように、今すぐこのコラムのブックマークや保存をしておくことをオススメします。

また、下記コラムではアルトコインなどの仮想通貨投資で億り人を目指す人向けに長期投資コラムを詳細に書いていますので、気になった方は今すぐ読んでみて下さい!

【副業らいふ】からの3つのお願い

1、ホーム画面追加


2、ブログランキング
ポチっと2つお願いします!

ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

3、Twitterでシェア
☜この記事が良いなと思ったらポチっとシェアお願いします!

タイトルとURLをコピーしました