仮想通貨エンジンコイン(ENJ)の今後の予測!Enjin coinの特徴や将来性・見通しを徹底予想

仮想通貨投資

仮想通貨エンジンコイン(ENJ)の今後の予測!Enjin coinの特徴や将来性・見通しを徹底予想

このコラムでは「仮想通貨エンジンコイン(ENJ)の今後の予測!Enjin coinの特徴や将来性・見通しを徹底予想」について解説していきます!

仮想通貨エンジンコイン(ENJ)とはどんなコインなのか、エンジンコイン(ENJ)の特徴や今後の将来性や見通し、最新ニュース、チャート、予測・予想などを徹底的に解説していきます。

悩み男性
悩み男性
・仮想通貨エンジンコイン(ENJ)とは何?
・仮想通貨エンジンコイン(ENJ)の今後の予測が知りたい!
・エンジンコイン(ENJ)の将来性や見通しの予想は?

こんな方むけに記事を書いています!
このコラムを読むことで仮想通貨エンジンコイン(ENJ)とはどんなコインなのか、特徴や今後の予測や将来性、見通しなどの全容が分かりますので是非、最後までお読み下さい!

  • 仮想通貨エンジンコインとは?ENJの特徴を徹底分析
  • 仮想通貨エンジンコイン(ENJ)の将来性や課題
  • 仮想通貨エンジンコイン(ENJ)の過去チャート・今後の予測

これらを順番にお話していきます!

また、他の暗号資産(仮想通貨)もそれぞれ解説していますので、気になるコインがあれば下記から是非チェックしてみて下さい!

スポンサーリンク

仮想通貨エンジンコインとは?ENJの特徴を徹底分析

仮想通貨エンジンコイン(ENJ)とは、どういった暗号資産なのか?
またエンジンコインの特徴など具体的に解説していきます。

仮想通貨エンジンコイン(ENJ)とは?どんなコイン?

仮想通貨エンジンコイン(ENJ)とは、ブロックチェーンプラットフォーム「Enjin Platform」上で発行可能なデジタル通貨です。
Enjin Platformでは、デジタル資産のNFT(Non-Fungible Token)の購入やエンジンコインを担保にして新しいNFTを発行(アセットバック)することができます。

エンジンコインで作成されるトークンは非代替性を持つNTF(「ERC-1155」という規格)を作成することが可能です。
ERC-1155とは、「ERC-20」と「ERC-721」の規格の特徴を掛け合わせた規格となっています。

ERC-20
複数のトークンをまとめて管理ERC-721
唯一のトークンを作成

この特性によって例えばエンジン内でのキャラクターやアイテムが、代わりが存在しない唯一無二(非代替性)の資産として扱うことが可能になります。

例えば具体的には?

通常のゲームのアバターにはレア度が高い(手に入れにくい)キャラクターやアイテムがあります。
しかしながらそういったアバターは手に入れにくいものの、手に入れようと思えば誰にでも入手できる可能性があります。非代替性を持つエンジンのNTFを活用することで、自分しか持っていない唯一のアバター(キャラクターやアイテム)を作り出すことができます。
また、種類の異なるゲームにも自分だけのアバターを利用することができます。
例えば、「○○ファンタジー」で作った自分だけの幻の剣を「○○クエスト」で使うといった具合です。

エンジンコインの正式な通貨名は「Enjin coin」で、通貨単位やティッカーシンボルは「ENJ」となっています。

エンジンコイン(ENJ)は、イーサリアム(ETH)をベースに発行されました。
エンジンコイン(ENJ)は2017年10月にリリースされました。

発行上限コイン枚数は10億ENJとなっています。

エンジンコイン公式サイト
https://enjincoin.io

エンジンコイン公式Twitter
https://twitter.com/enjin

仮想通貨エンジンコイン(ENJ)の特徴

エンジンコイン(ENJ)の特徴は、オンラインゲームのコミュニティで利用可能な暗号資産(仮想通貨)です。
オンラインゲームが世界中の人々のコミュニティとして進化し、世界では既に2000万人以上の人がEnjin Platformを利用しています。

同じゲーム内でのアイテムの取引はもちろん、異なるゲームにおいてもアイテムの交換ややり取りが出来るようになります。
エンジンコイン(ENJ)は、そんなゲーム内での取引における基軸通貨として活用されています。

そうした中で、コミュニティでゲームでのアイテムの取引などに利用されつつある点において、今後の大きな発展になることは容易に想像ができます。

他の暗号資産(仮想通貨)の特徴である「暗号資産=投資・資産保有」としてではなく、エンジンコイン(ENJ)は本来の通貨としてあるべき「仮想通貨=通貨としての活用」といった位置付けを確立しつつある動きが広がっていることもエンジンコインの大きな特徴と言えます。

日本では取り扱っている取引所が限られており、2021年3月の現在ではコインチェック(Coincheck)とGMOコインの2カ所での販売となっています。
しかし今後、エンジンコインを取り扱う取引所が増えていくに連れて、日本のオンラインゲームでのコミュニティ内でエンジンコイン(Enjin Platform)が多岐にわたり活用される日も遠い話ではないでしょう。

仮想通貨エンジンコイン(ENJ)の将来性や課題

目覚しい発展が期待されるエンジンコイン(ENJ)ですが、将来性を見極める中でいくつかの課題もあります。
ではエンジンコインが抱える課題を見ていきましょう!

エンジンコイン(ENJ)の将来性①ゲーム業界の発展

エンジンコイン(ENJ)の将来性を占う上では、ゲーム業界の発展が大きなカギとなります。

非代替性のトークンを作り出すことが出来るエンジンの特性をフルに活用していくことで、既存のオンラインゲームでのコミュニティやアイテム、キャラクターといった他では作り出せない唯一のアバターとして作り出すことができます。

ゲームをやっている人は分かると思いますが、レアキャラやレアアイテムといった他の人が入手困難なものほどユーザーは手に入れたいと考えるのがゲームの面白いところです。

自分だけのアイテムを異なるゲーム同士を繋げて活用できる、そんなトークンを作り出すことができるエンジンがゲーム業界の中心になることで、エンジンコインが資産としての価値を高めていくことになります。

ゲームのあり方が進化しつつある現在、エンジンコインのニーズもゲーム業界を中心に広まっていくのではないでしょうか。

エンジンコイン(ENJ)の将来性②大手企業との連携

暗号資産(仮想通貨)が流行る大きな要因として挙げられるのが大企業との提携や連携です。
何故なら、どんなに価値があるモノでも利用されなければ流通せず、大手企業との連携によりユーザーにとっての利用機会が大きく増えるためです。

その点、エンジンコインは大手企業との連携があります。

誰もが知る米国大手企業のマイクロソフト、彼らが開発していた技術者報酬システムのAzure Heroes(アジュール・ヒーローズ)にエンジンブロックチェーン技術が採用されました。

韓国の大手企業のサムスン電子、彼らの代表的なスマートフォン「ギャラクシー」のギャラクシーS10の中に内臓されているウォレットの対応通貨の一つにエンジンコイン(ENJ)が採用されています。

またEnjin Platformは、月間アクティブユーザー数1億人を超える超人気ゲームのマインクラフトをはじめ、約35種類のオンラインゲームでのNTF発行のために連携されています。

Enjin Platformは現在2500以上のプロジェクトでテストされています。
そうした背景の中、エンジンコインの利用機会はますます増えていくことが予想されます。

仮想通貨エンジンコイン(ENJ)の最新ニュース・過去チャート・今後の予測

それでは仮想通貨エンジンコイン(ENJ)の最新ニュースや過去のチャート、今後の予想、エンジンコイン(ENJ)の買い方を具体的に解説していきます。

仮想通貨エンジンコイン(ENJ)最新ニュース

2021年

韓国最大手ゲーム特化型SNS企業Ludena Protocolとエンジン(Enjin)が提携

2021年3月24日、非代替トークン(NTF)開発に取り組むエンジンが韓国の最大手ゲーム特化型SNS開発企業のルデナプロトコル(Ludena Protocol)と提携することを発表しました。

仮想通貨取引所GMOコインがエンジンコイン(ENJ)取扱開始

2021年3月3日、国内大手仮想通貨取引所のGMOコインがエンジンコインの取り扱いを開始しました。

仮想通貨取引所コインチェック(Coincheck)がエンジンコイン(ENJ)取扱開始

2021年1月26日、国内大手の仮想通貨取引所のコインチェック(Coincheck)が日本で初めてエンジンコイン(ENJ)の取り扱いを開始しました。

仮想通貨エンジンコイン(ENJ)の過去チャート

仮想通貨エンジンコイン(ENJ)の過去から現在(2021年3月時点)のチャートは以下のようになっています。
スマホの仮想通貨アプリ(コインチェックやビットフライヤーなど)では出ない単位のローソク足チャートを表示しています。

月単位のローソク足チャート

週単位のローソク足チャート

出典:GMOコイン

仮想通貨エンジンコイン(ENJ)今後の予測

最後に今後のエンジンコインの予測を記していきます。

※こちらの見解はあくまでも執筆者の個人的な見解です。
この予測は利益を保証するものでも、予測に責任を持つものでもありませんので予めご了承の上でお読み下さい。
また投資は自己責任となりますので、自己判断のもとでご決断下さい。

エンジンコイン(ENJ)の今後を予測する上で一番の読みどころは、ゲーム業界の発展がどのようになるのかという点にあります。
何故なら、エンジンコイン(ENJ)はゲーム内でのキャラクターやアイテムといったアバターを唯一無二の資産として作り出すことができるためです。

世界中の多くの人々の娯楽は、常にゲームの中にあると言っても過言ではありません。
これまでもこれからもその流れは変わらないでしょう。
2020年末時点での世界のゲームプレイヤー人口は約27億人規模になると言われており、ゲームをしたことがないという人の方が少ないと言えます。
また2023年には世界のゲームプレイヤー人口は30億人規模になると予測されます。

グローバルゲーム市場規模は2020年では1748億ドル(約20兆円)規模から、2023年には2,000億ドル(約22兆円)規模になると言われています。

  • モバイルゲーム人口:約25億人
  • PCゲーム人口:約13億人
  • 家庭用ゲーム機:約8億人

時代の移り変わりと共に家庭用ゲーム機からPCゲームへ、そしてPCゲームからモバイルゲームへとハード機もスマート化されてきました。
今や個人が楽しむゲームから、ゲームを共有して世界中の参加者を繋げるコミュニティがゲームとして成長してきています。

参考:newzoo.comより

そうした中でゲームプレイヤーのニーズは「唯一無二の自分だけのアバター」を持ちたいという欲求に変化しつつあります。
それを叶えられる方法がエンジンコイン(ENJ)です。
ゲーム業界の中で確かな地位を確立しつつある暗号資産(仮想通貨)となってきています。

今はまだ日本でのエンジンコイン(ENJ)の知名度は高いとは言えません。
しかしインフラが整い、世界中のゲームプレイヤーがエンジンコイン(ENJ)に注目を集めた時、エンジンコイン(ENJ)が無限の可能性を秘めた暗号資産であるということは容易に想像がつくかと思います。

では投資としてのエンジンコイン(ENJ)の可能性を見ていきましょう!

ズバリ、エンジンコイン(ENJ)は今後いくらになるのか予測します。

1年以内1ENJあたり
〜1000円規模

2〜3年1ENJあたり
1000円〜5000円規模

3〜5年1ENJあたり
5000円〜2万円規模

5〜10年1ENJあたり
2万円〜10万円規模

これらの数値は実現可能なものなのでしょうか?


チャートを見てもらえればお分かりいただけると思いますが、2021年に日本の仮想通貨取引所のコインチェック(Coincheck)やGMOコインがエンジンコインを取り扱うようになり急激に値段を上げてきています。
これはゲームの可能性とエンジンコイン(ENJ)の優位性が広まりつつある証拠だと確信しています。
つまり実現可能だと考えています。

仮想通貨エンジンコイン(ENJ)の買い方

最後に仮想通貨エンジンコイン(ENJ)の買い方を解説していきます。

仮想通貨エンジンコイン(ENJ)を取り扱っているオススメの仮想通貨取引所はコインチェック(Coincheck)で取引可能です。

コインチェック

コインチェックの新規口座開設の方法は下記コラムで解説していますので、分からない方は是非チェックしてみて下さい! 

  • 仮想通貨取引所コインチェック(Coincheck)について
  • 新規口座開設方法の解説
  • 仮想通貨の入金方法
  • 仮想通貨の取引方法

上のコラムではこの様なことを具体的に図解入りで解説しています。

仮想通貨エンジンコイン(ENJ)まとめ

仮想通貨投資はいわば情報戦です。
エンジンコインに関する最新情報やニュース、課題や問題点、今後の予測についてこちらのコラムにて随時更新していきます。

ですので、エンジンコイン(ENJ)を保有している方やこれから仮想通貨リップルを買おうと考えている方は情報戦に負けないように、今すぐこのコラムのブックマークや保存をしておくことをオススメします。

また、下記コラムではアルトコインなどの仮想通貨投資で億り人を目指す人向けに長期投資コラムを詳細に書いていますので、気になった方は今すぐ読んでみて下さい!

【副業らいふ】からの3つのお願い

1、ホーム画面追加


2、ブログランキング
ポチっと2つお願いします!

ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

3、Twitterでシェア
☜この記事が良いなと思ったらポチっとシェアお願いします!

タイトルとURLをコピーしました