ブログで必読タイトルの付け方!クリック誘発15手法【初心者必見】誰でも閃く!思わず読みたくなる記事の題名とは?

副業ブログ編

ブログで必読タイトルの付け方!クリック誘発15手法【初心者必見】誰でも閃く!思わず読みたくなる記事の題名とは?

このコラム『ブログで必読タイトルの付け方!クリック誘発15手法【初心者必見】誰でも閃く!思わず読みたくなる記事の題名とは?』では、初心者でも簡単に人目を引く【ブログのタイトルの付け方】について具体的にお話していきます。
☞【ブログのタイトルの付け方】が分からない方
☞【SEO効果】のある【ブログタイトルの決め方】を知りたい方
☞クリックされる【ブログのタイトル】の付け方を知りたい人
☞【ブログのタイトルを変更】したいけど悩んでいる方
☞【ブログタイトル】の具体的な良い例を知りたい人
☞【ブログタイトルの決め方・付け方】でライバルに差をつけたい方
こんな方は是非とも最後までお読みいただけると幸いです!
【ブログのタイトル】は“記事の顔”となります。
そんな【ブログのタイトルの付け方】一つで集客やPVが大きく左右されます
何故なら、いくら良い記事が書けても【ブログのタイトル】を読者が見て、読み手に興味が持たれなければクリックされず、記事は読まれずで、何万、何十万とある他の記事に埋もれてしまうからです。
ですので【ブログのタイトルの決め方】には最大限の力を注ぎこまなければいけません。
それは初心者も長いブログ運営者も同じです。
そしてせっかく書きあがったブログ記事のタイトルがどういったものなら良いか?もっとアクセスを集められるのか?「ブログのタイトルの決め方が分からない…」と悩まれている方も多いのではないでしょうか。
これを読むことで、そんな【ブログのタイトルの付け方】に悩んでいた問題が解決し、どんどんアクセスアップに繋がるタイトルを量産する事が可能になります。
そんな狙ったキーワードで上位表示を可能にするブログのタイトルの付け方のポイントを15個ご紹介していきます!
1、狙ったキーワードを左に詰めろ
2、掛け合わせ3つのキーワードを確実に挿入
3、記事を読むメリットの明確化
4、数字を入れろ!
5、32文字以内に興味性をしき詰めて32文字以降に関連キーワード
6、ターゲットの明確化
7、通例の逆説
8、ノウハウ型にする
9、ニーズのモザイク化
10、記事の権威性を象徴する
11、読み手の悩み
12、強いワードを入れる
13、2つの対比するワードを入れる
14、AQE(誰でも素早く簡単)を思わせる
15、読んで分かりやすいキャッチコピー

【ブログのタイトルの決め方】は、この15個を活用して決めていきます。

具体的に一つ一つ見ていきましょう!
スポンサーリンク

1、狙ったキーワードを左に詰めろ

検索エンジンの中で、キーワードの重要度が高いと認識されるポイントは“より左にある文字”だと言われています。
つまり狙ったキーワードをタイトル後半ではなく、より最初に詰め込むことが内部SEOにとって有利に働きやすいということです。
最初の10文字以内には確実に関連度が高い重要キーワードを入れるように心がけていきましょう。
 例えば 
『ブログで必読タイトルの付け方!クリック誘発15手法【初心者必見】誰でも閃く!思わず読みたくなる記事の題名とは?』
このブログ記事の狙ったキーワードは『ブログ タイトル 付け方』という3つのキーワードです。
なのでより左詰めで「ブログで必読タイトル付け方!」とキーワードを先に挿入しています。
ここで気をつけたいことが、記号なども文字数に関係があるということです。
例えば、同じ内容の記事を書いた以下のAとBのタイトルの場合…!
A:【「ブログのタイトルの付け方が分かった!」と絶賛された方法を公開!】
B:ブログのタイトルの付け方が分かった!と絶賛された方法を公開!
AよりもBの方がキーワードが左に詰め込まれているので全く同じタイミングで記事を公開してもBの方が有利になる可能性が高くなります。
このパターンでよく目にするのが【初心者必見】や【200X年最新版】などを最初に持ってくるパターンです。
例1:【初心者必見】「ブログのタイトルの付け方が分かった!」と絶賛された方法を公開!
例2:【200X年最新版】ブログのタイトルの付け方が分かった!と絶賛された方法を公開!
もし狙ったキーワードが【初心者必見】や【200X年最新版】ならまだ良いのですが、そうではない場合には『より左に狙ったキーワードを詰める』という定義からすれば、その無駄に詰め込んだ文字数分、非常にもったいないことをしています。
見た目で最初に【初心者必見】とか持ってきたい気持ちも分かりますが、重要なのは?
キーワードが先!メッセージは後!

SEO的にもタイトルの構成を考える上でも最も重要な部分でしたので、一番最初にお伝えさせていただきました!

2、掛け合わせ3つのキーワードを確実に挿入

狙ったキーワードを決める際に特に重要視してほしいのが『掛け合わせ3つのキーワードを決める』ということです。
キーワードには大きく分けて3種類あります。
ビッグキーワード→【ブログ
複合キーワード→【ブログ タイトル
掛け合わせ複数のキーワード→【ブログ タイトル 付け方
キーワードはビッグキーワード(単体キーワード)のようにキーワード数が少ないほど、検索された時の上位表示に不利になります。
何故なら他の強豪がそれだけ多くしのぎを削り合っているからです
この記事も「ブログ」というビッグキーワードだけでは永遠に辿り着けないでしょう。
しかし【掛け合わせ3つのキーワードを挿入する】ことで、検索者の意図する疑問や悩みにより近づけ、検索の際にもビッグキーワードや複合キーワードよりも遥かに検索にヒットされやすくなります。
特にブログ初心者の方は、最初は【ドメインの力】が弱く(※被リンクや検索上位になるに連れ強くなる)、ビッグキーワードや複合キーワードでの戦いは厳しいものになるでしょう。
【掛け合わせ複数のキーワード】で上位に表示されないのであれば、【複合キーワード】や【ビッグキーワード】で上位表示はされないということです。
ですので最初の内は【掛け合わせ3つのキーワード】でタイトルを決めていき、そこで上位表示されるようになってきた時に【複合キーワード】で上位表示を狙ってみるという戦略が好ましいタイトルの決め方になります。

3、記事を読むメリットの明確化

人の心は感動や興味性で動きます。
もしかしたら既に記事の中で読むメリットを書いているかもしれませんが、その記事を読むことでの読者のメリットを心躍る短い文章でタイトルに織り込んでいきます。
そんな読み手の心が躍るようなメリットが妄想できるようなブログ記事のタイトルを考えて付けることがクリックに繋がります。
 例えば? 
【ブログ タイトル 付け方】で考えられる検索者のニーズやメリットは?
・クリックされるタイトルを付けたい!
・タイトルを見たら必ず読まれたい!
・初心者でも魅せるタイトルの付け方を知りたい!
読み手のメリットを明確化した言葉を考える
・「クリック誘発」
・「必読」
・「思わず読みたくなる」
それをタイトルにしていく!
『ブログで必読タイトルの付け方!クリック誘発15手法【初心者必見】誰でも閃く!思わず読みたくなる記事の題名とは?』
その記事を読むと読み手はどんなメリットが得られるのか?
それを明確にし、それを伝わりやすい短い文章にしてタイトルにぶち込むことで感情が動かされ、クリックして記事を読みたくなるのです。

4、数字を入れろ

読み手は、より具体的な答えを求めてタイトルを読みます。
具体性を最大限に表現する方法は数字を入れるということです。
この記事のタイトル『ブログで必読タイトルの付け方!クリック誘発15手法』に入れた【15手法】という数字のようにタイトル中に数字を入れることで、タイトルを見た検索者の頭の中で「15個の方法って何だろう?」という疑問になります。
人は疑問に思ったことを答えを目の前にすると解決したいと思うものです。
具体性や相手に疑問を持たせる方法としては非常に有効な手段の一つになります。
ノウハウやランキングなどの数字は縁起が良さそうな奇数かキリがいい数字が好まれます。
その他にも日付や年や様々な数字の入れ方があります。
  • 「解決策があります!」→「解決策はたった一つだけ!」
  • 「夢を叶える方法」→「夢を叶える3つの方法」
  • 「告白の順番」→「告白の5ステップ」
  • 「習慣を身に付けろ!」→「7つの習慣を身に付けろ!」
  • 「オリコン入り」→「オリコンベスト10入り」
  • 「楽曲ランキング」→「楽曲ランキング100選」
  • 「開催決定!」→「○月×日開催決定!」
  • 「最新版」→「200X年最新版」
  • 「お金を稼げ!」→「たった一時間で億を稼げ」
  • 「人は何分息をしないと死ぬ?」→「人は〇分息をしないと死ぬって本当?」

5、32文字以内に興味性をしき詰めて32文字以降に関連キーワード

検索された時に表示される文字数は決まっています。
パソコンだと約32文字、スマホだと32文字~40文字くらいです。
その最初の32文字以内に興味を惹かれるキーワードとタイトルをしき詰ます。
そしてメッセージや伝えたい短い文章、【狙ったキーワードの類語】を32文字以降も入れていく事で、32文字以内しか使っていないブログタイトルよりも有利に検索結果に働きます。
注意点としてはキーワードを重複するとスパムを受ける可能性があるので同じキーワードはタイトル中に3回以上は決して使わないようにしましょう。
 この記事のタイトルを例にすると! 
この記事のタイトル『ブログで必読タイトルの付け方!クリック誘発15手法【初心者必見】誰でも閃く!思わず読みたくなる記事の題名とは?』では?
「ブログで必読タイトルの付け方!クリック誘発15手法【初心者必見】」を最初の32文字以内にしき詰めています。
記事を開いてみて気づいたかと思いますが32文字以降にも?
「誰でも閃く!思わず読みたくなる記事の題名とは?」と続けています。
タイトル」言い方を変えれば「題名」とも表現できます。
もしかしたら「ブログ 題名 付け方」と検索する人も沢山いるでしょう。そんな中では「ブログ タイトル 付け方」というだけの人よりも遥かに上位表示の可能性が高くなるという事です。
検索結果に読める形で表示はされずとも、検索エンジンでは一つのキーワードとして認識されやすくなるのです。
ブログタイトルの決め方に関する他のサイトを見ていると、「タイトルの文字数は32文字以内にしよう」と言っている方が非常に多いですが、そんなのは勿体ない!
確かに表示は32文字ですが、SEOは32文字以降も働きますし、狙ったキーワードやキーワードの類語の機会損失になります。
【狙ったキーワードを左に詰める】の時と同様に、キーワードが先になればなるほど『関連性が高いキーワード』だと判断されやすくなるので、32文字以降も出来るだけ左にキーワードや【狙ったキーワードの類語】を入れるように心がけていきましょう。
ですので、タイトルをなるべく短くしたい場合を除き、本当に入れたい言葉を入れきるようなタイトルを付けていくと良いでしょう。

6、ターゲットの明確化

ターゲットを明確化することで誰に向けて書いている記事か、どんな人に読んでほしいかをそれを読んだ人に伝えることが可能になります。
『メタボな人必見』と言われるより…
『新宿に住むメタボに悩む40代の男性必見』
後者の方がよりターゲットが明確化され、それを見た人は「俺には関係ない!」もしくは「あ、完全に俺やん!」の両極端に感情が分かれます。
そして後者の人は「何だろう?」と気になって宣伝文を見てしまうのです。
この記事では【初心者必見】というターゲットの明確化を行っています。
初心者が一番力を入れなければいけない事の一つがタイトルの決め方にあると考えているからです。
初心者必見というターゲットの明確化を行うことでブログ初心者の方はきっとそれを読んで「私のことだ!」と手招きを受ける感覚になるでしょう。

7、通例の逆説

人は自分の常識の逆説を問われると、大きな疑問となりその感情は興味へと変化します。
それが【通例の逆説】です。
 こんなタイトル気になりませんか? 
「恋人を裏切れば愛情は深まる!一体なぜ!?」
普通なら“恋人を裏切れば愛情が冷める”というのが常識だと感じますが、その通例の逆説である“恋人を裏切れば愛情は深まる”というをタイトルにすることで、そのタイトルを読んだ人は気になってしまいます。
「耳かきするほど耳が悪くなる!耳鼻科医が薦める耳の手入れとは?」
普通は耳を清潔にするために耳の掃除をしますが、その通例の逆説で「耳のお手入れをして耳が悪くなるの?」という疑問を持たせます。
「痩せたい女性はチョコレートを食え!」
「チョコレートは太りやすい食べ物」という通例の逆説、「痩せたいならチョコレートを食べろって何だろう?」となります。
そんな事実を知っている人なら「そうだよね!」で終わりスルーされますが、自分の中の通例を信じ込んでいる人がその逆説を問われると「え、何で?何で?」という大きな疑問になります。
そんな疑問を作ってしまった感情に逆らわずにはいられなくなり、ついついクリックして記事を読んでしまうのです。

8、ノウハウ型にする

検索者は悩みや疑問を解決する為にネットで検索して、その悩みや疑問を解決する“方法”を探しにきます。つまり多くの場合、自分の悩みや疑問を解決するノウハウを探しに来ているのです。
タイトルの中にノウハウ型のワードを挿入することで、「どんな方法だろう?」と知りたくなります。
『〜する方法』
『やり方』
『〜術』
『〇つのステップ』
というように、読み手が具体的に悩みや問題を解決するイメージを掴みやすいノウハウ型でタイトルを整えていきます。
この記事のタイトル『ブログで必読タイトルの付け方!クリック誘発15手法』では【クリック誘発15手法】がそれに当たります。

9、ニーズのモザイク化

タイトルの中で読み手が最も知りたい重要な部分をあえてモザイク化(ボカす)ことで、読み手の興味を強く引き出します。
気になって検索した人が記事のタイトルを読んで最も知りたい答えの部分を隠されることで、新たにできた疑問の答えを優先的に知りたくなるのが心理となるからです。
「名探偵ドイル 組織の黒幕は●●だった!衝撃の事実」
「肥満の原因は〇〇だった」
「医者が驚く新常識!?長生きの秘密は××だった」
もしターゲットではなくても、タイトルが目に付いて気になってしまったら思わずクリックして記事を読んでしまうでしょう。
タイトルの付け方で上手く【ニーズのモザイク化】を織り込めば、思わぬアクセスアップに繋がります。

10、記事の権威性を象徴する

記事のタイトルに【権威性を象徴する】ことで、記事に信ぴょう性や信頼度を高めていきます。
権威性とは、自分よりも社会的地位の高いとされるお医者さんや先生、その道のプロが言うことは「間違いないはずだ。」という人の心理です。
権威性をタイトルに取り入れることで、無意識に従ってしまうという心理が働きます。
「医学博士監修!」
「医者が勧める!食事の生活習慣」
「億を稼ぐブロガーが目からウロコ!」
権威性があるだけで、それならこの記事は間違いないだろうと多くの人の意識に働きかけます。
それだけ価値の高い内容が書かれているとT-UP(ティーアップ:記事を持ち上げる)出来るからです。

11、読み手の悩み

読み手の抱える悩みや疑問をタイトルに直に織り込むことで、その悩みを抱えたターゲットの心にヒットする印象を与えることが出来ます。
PVが上がらない?アクセスが自然と集まる5つの方法」
体臭がクサいと言われる!その原因は〇〇だった」
自殺を考えている!死ぬ勇気があるならとりあえずこれを読め!」
とにかく面倒くさい!そんな人でも成功するダイエット方法がこれだ!」
自分の悩みを直接訴えているタイトルを読んだ人は、「この記事を読めば何かが変わるかもしれない」と希望を持ちます。
読み手の悩んでいることとタイトルで書き出した悩みが合致すると、今の自分を解決してくれるのはきっとこの記事しかないと思うようになるからです。

12、強いワードを入れる

読み手はタイトルの強いワードに目を引かれます。
 強いワードとは?例えば! 
【Before】
「結局最低の男が女にすごくモテる!その内容を公開します!」
こんな感じのタイトルを付けようとした時に、ワードや語尾を強いワードにすり替えていきます。
「最低の男」→「クズ野郎」
「公開」→「大暴露」
「すごく」→「くそ」
「内容」→「実態」
「します」→「しようか!w」
【After】
「結局クズ野郎が女にくそモテる!その実態を大暴露しようか!w」
同じようなタイトルでも強めのワードで人の目を引くことが可能になります。
言わんとしている言葉をより強調するワードに言い代えることで、読み手の心により深く突き刺さるタイトルにすることが出来ます。
心が動くからクリックしたくなるのです。無駄にきれいな言葉を並べるよりも多少汚い言葉でも、言葉を強くすることで、心を動かす文章を作ることが可能になります。

13、2つの対比するワードを入れる

2つの対比するワードとは?
「成功と失敗」
「男と女の違い」
「上手くいく人と何をやってもダメな人」
という様に、真逆のものを釣り合いに出すことで、その対比させたモノの違いに興味を引き出し記事を読んでもらいやすくする事が可能になります。
  • 「副業で“稼げる人”といつまでも“収益ゼロの人”との3つの違い」
  • 「“全くモテない男”と“常に女の子を連れている男”の決定的な5つの差」
  • 「金持ち父さんと貧乏父さん」
  • 「繁盛店と閑古鳥が鳴くお店の3つの違い」
先ほどお伝えした【読み手の悩み】をタイトルに入れると似ていて、悩んでいる上での現状の姿と【読み手がなりたい姿】がタイトルを通じてイメージしやすくなります。
【読み手の現状の姿】 + 【読み手がなりたい姿】 = 【対比するワード】

14、AQE(誰でも素早く簡単)を思わせる

【AQE】を思わせるとは、Anyone(誰でも)、Quick(素早く)、Easy(簡単)ということをタイトルで伝えることで、あたかも自分(読み手)も筆者と同じように直ぐに簡単に出来るのではないかと思ってもらうことで、目を引いて記事をクリックしてもらいやすくします。
誰もが難しくてできなそうな内容のものよりも、Anyone(誰でも)Quick(素早く)Easy(簡単)に取り組めそうな内容の情報がほしいと考える為です。
「パソコンが苦手なおじいちゃんでもたった1ヶ月で出来た方法」
「サルでも読みながら今直ぐ出来る!?」
「5秒で完結!」
「初心者必見!誰でも閃く」
意外とこうやって読むと誰でも素早く簡単そうにタイトルが決められそうじゃないですか?それはタイトルにも文章にも【AQE】を施して書いているからです(笑)!誰も難しそうなことはやりたくないのが本音です。
しかし!
「タイトルには時間をかけろ!」→読み手はなるべく時間をかけたくないと考えている。
「記事が読まれるかはタイトルが全て!」→重たい!と受け取られて読まれない。
「タイトルこそがブログ最強を決める!」→難しそう…そう思われる。
『ブログで必読タイトルの付け方!クリック誘発15手法【初心者必見】誰でも閃く!思わず読みたくなる記事の題名とは?』
このタイトルを例えば30文字にまとめろ!ってなったらそりゃ難しい話ですが、ここで学んだいくつものテクニックを複数応用すれば、それこそサルでも簡単にクリックを誘発するようなタイトルを閃くことが可能です。

15、読んで分かりやすいキャッチコピー

何と言ってもこれ!
誰でもタイトルを読んですぐにどんな事が書かれているか理解できるタイトルを付けることが重要です。
タイトルを読んで何を言っているのか、何を伝えたいのか相手が分からなければ誰もブログ記事を読みたいとは思わないはずです。
誰が読んでも分かりやすい言葉を選び、それをキャッチコピーにしていきます。
 例えば? 
「自己破産×法律×債務整理=法律の専門家」
というタイトルよりも…?
自己破産や債務整理で貴方がやる事はプロに無料相談するだけ!〇〇法律事務所」
と伝える方が読んでいて分かりやすく人の心をキャッチして伝えられます。
「貴方がやる事はプロに無料相談するだけ」…良いキャッチコピーや(笑)
「弁護士=値段が高そう」
「やる事が難しそう」
これらのイメージを、タイトルで「ここの法律事務所は無料相談から出来るんだ!」や「相談するだけで解決するんだ!」という読み手の疑問や具体性にアプローチする事も可能にします。

ブログタイトルの付け方まとめ

以上の15個のタイトルを付けるポイントを踏まえていく事で、全く新しく思わず目を引くような素敵なタイトルを誰でも簡単に考えることが出来ます
ここでご紹介した15個のポイントを複数組み合わせながらブログのタイトルを付けていくことで、思わずクリックして記事を読みたくなるタイトルを作り出すことが可能になります。
ブログのタイトルはクリックされないものから当たり前のように開かれるものまで無限大に考え得ることが出来ます。
だからこそブログタイトルの付け方のポイントをしっかり押さえていくことがアクセスアップに直結するのです。
ブログタイトルで検索者の心情をつかんで「読んでみたい!」と思わせる事ができれば、たとえもし記事の内容が良いものではなかったとしてもクリックされ、読まれることになります。
それだけブログのタイトルが重要だということです。
しかしながら、読者は悩みを解決するためにわざわざ検索して、それを解消するためにブログ記事を読みます。
ということは、いくらクリックされるブログ記事のタイトルを付けても、検索者の何の解決にもならず中身が伴わないブログだと思われれば、読者の心をタイトルで掴んでも本当の意味で掴めませんし、結局は記事やブログの評価が検索エンジンの中で下がることにも繋がります。
つまり検索下位に表示されるようになり、次第にアクセスが伸び悩むということにもなりかねません。
ですので、しっかり良いコンテンツ(記事)を書いて、我が子のようにブログ記事のタイトルを付けていき、世に送り出してあげるのがコンテンツを生み出した親の役目になります。
1、狙ったキーワードを左に詰めろ
2、掛け合わせ3つのキーワードを確実に挿入
3、記事を読むメリットの明確化
4、数字を入れろ!
5、32文字以内に興味性をしき詰めて32文字以降に関連キーワード
6、ターゲットの明確化
7、通例の逆説
8、ノウハウ型にする
9、ニーズのモザイク化
10、記事の権威性を象徴する
11、読み手の悩み
12、強いワードを入れる
13、2つの対比するワードを入れる
14、AQE(誰でも素早く簡単)を思わせる
15、読んで分かりやすいキャッチコピー

これを網羅することによってあなたにしか作れない人目を引いてしまうオリジナルの【ブログのタイトル】が必ず見つかります!

是非、参考にしていただけると幸いです。

【副業らいふ】からの3つのお願い

1、ホーム画面追加


2、ブログランキング
ポチっと2つお願いします!

ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

3、Twitterでシェア
☜この記事が良いなと思ったらポチっとシェアお願いします!

タイトルとURLをコピーしました