ブログ記事テンプレート最強版【初心者必見】読者がみるみる引き込まれる定型文とは?

副業ブログ編

ブログ記事テンプレート最強版【初心者必見】読者がみるみる引き込まれる定型文とは?

このコラムでは読者がみるみる引き込まれていくブログ記事のテンプレートをご紹介していきます!
・『ブログの書き方』をテンプレートにして教えやがれ!って方
・『ブログ記事』はどう書くと最後まで読まれるの?という人
・『ブログ記事の書き方』が分からない!テンプレートとかある?という方
こんな方は、誰でも超簡単に記事をテンプレートに沿ってスラスラ書けるようになり、今日からブログの書き方で悩む事が一生無くなりますので是非、最後までお読みいただければ幸いです!
  • 『ブログ記事』は3ブロック構成!
  • 『ブログ記事テンプレート』:記事冒頭ブロック編
  • 『ブログ記事テンプレート』:本文ブロック編
  • 『ブログ記事テンプレート』:まとめブロック編
このコラムでは具体的にこれらのことを解説していきます!
スポンサーリンク

ブログ記事は3ブロック構成!

ブログ記事は大きく分けると3ブロック構成になっています!
記事を構成する3ブロック
・冒頭書き出しブロック
・本文ブロック
・まとめブロック
この3ブロックです!
それぞれのブロックによって記事の書き方が異なるので、それぞれのブロックに合ったテンプレートを活用していく必要があります。
しかしながら、ブログの記事テンプレートはブログを書いていく上で読んでもらいやすくするためには大切ですが、記事を書いていく上で最も重要になるのは、読者の方が抱える悩みや疑問を解決できる記事を書いていくという事です。
これを忘れてはいけません!
何故なら、検索して読んでくれている人は自分が抱える悩みや疑問が「解決出来ない。」と判断すれば、スグに別の記事を探しに向かってしまうためです!
ですので、ブログの記事テンプレートを活用して、相手の悩みや疑問を一緒に解決していくブログを作っていく事が重要になります。
それでは各ブロック毎に読者をみるみる惹きつけるテンプレートを順番に見ていきましょう!

ブログ記事テンプレート:冒頭書き出しブロック編

冒頭書き出しブロックでは、先ず読者が「読むか読まないか?」を判断する重要な部分なので、渾身の書き方で「読みたい!」と思ってもらえるように作り上げる必要があります。
ブログ記事の冒頭書き出しブロックのポイントは3つです!
1、読者の悩みや疑問
2、AQE(誰でも素早く簡単)と読者のメリット(何を得られるのか)
3、記事内の要約(何を伝えていくのか?)
これを記事の文章冒頭で書きかげていきます!
これらをブログ記事テンプレートにしていくと下記のようになります。

1、読者の悩みや疑問

記事の書き出し部分で大切になるのが、最初の5行以内に読者の悩みや疑問」を提起しているか?という事です!
何故なら検索者の誰もが「自分の悩みや疑問が解決できないブログに興味はない!」ので、それを提起しているかを先に知りたいからです。
ですので、その記事を読みにくる人はどんな悩みや疑問、何を解決したいのか?何を知りたいのか?を考えて、それを最初の書き出しに提起します!
 ブログ記事テンプレート①問題提起 
・〇〇な悩みを抱えている方
・〇〇を解決したいと考えている方
・〇〇を教えてほしいと思っていた方
この様な形で最初の5行以内に組み込む事で、読者はそれに「当てはまるか?当てはまらないか?」の選別をする事が可能になります。
ちなみに、このコラムの提起では?
・ブログの書き方をテンプレートにして教えやがれ!って方
・ブログ記事はどう書くと最後まで読まれるの?という人
・記事の書き方が分からない!テンプレートとかある?という方
この様に「ブログの書き方」や「ブログの構成テンプレート」を知りたい読者の方の問題提起をしています。

2、AQE(誰でも素早く簡単)と読者のメリット(何を得られるのか)

次に、最初に出した問題提起が読者にとって「どの様に解決するのか?」「どうなるのか?」を『AQE』を使って説明します。
AQEとは、Anyone(誰でも)Quick(素早く)Easy(簡単に)を意識してもらうという事です。
何故なら「自分には出来なそう!時間がかかりそう!難しそう!」と一瞬でも思われるとページを閉じられてしまいます。
また、読者があなたの記事を読むメリットを同時に伝えていくと「簡単に解決できそうだ、読んでみよう!」という気持ちを作り出すことが出来ます。
メリットとは「この記事を読むことで~~になりますよ!」と、読者のなりたい姿を伝えることです。
 ブログ記事テンプレート②AQEとメリット 
・どなたでも今日から簡単に〇〇をする事ができるようになります。
・誰でもスグに〇〇を解決することができます。
・読み終わった瞬間から〇〇の悩みが無くなります。
このようにテンプレートで当てはめて最初の冒頭書き出しを作ることで、悩みと解決の2つを伝えることができるので、本文まで誘導する強力な武器になります!
このコラムのAQEとメリットでは?
「こんな方は、誰でも超簡単に記事をテンプレートに沿ってスラスラ書けるようになり、今日からブログの書き方で悩む事が一生無くなります。」
こうやって繋いで、読者の読みたい気持ちを手助けしています。

3、記事内の要約(何を伝えていくのか?)

ブログ記事の冒頭書き出しブロックの最後に、記事で伝えようとしている記事容の要約を書き出します。
時間の無駄を省きたいと考える読者は、具体的にどんな内容なのかを最初に知りたいと思っています。
本文中でも応用していただきたいのですが、人の疑問は4タイプに分けられます。
  • 何タイプ
    「○○って何だろう?」と疑問を持つタイプ
  • 何故タイプ
    「なぜ○○なんだろう?」と理由を知りたいタイプ
  • どうやってタイプ
    「○○はどうやるんだろう?」と方法を知りたいタイプ
  • 今すぐタイプ
    「今すぐすべき行動は?」と行動指針を知りたいタイプ
人はこれらの複数のタイプを重複して持つので、疑問や問題を解決していくためにこの4つのタイプに沿って記事要約を当てはめると「具体的に読んでみたい」と本文へ誘導することが可能になります。
 ブログ記事テンプレート③記事要約 
・〇〇とは何か?
・〇〇は何故そうなるのか?
・〇〇を解決する方法とは?
・〇〇に悩まないために今すぐ出来る事とは?
全てがこのように当てはまるわけではありませんが、記事の要約の仕方で悩んだ時や本文の書き方でどういった構成にしようかと悩んだ時は、こちらの疑問4タイプを応用して書いていくとスムーズに書き上げることが可能になります!

ブログ記事テンプレート:本文ブロック編

本文ブロックはブログ内で伝えたい事を分かりやすく伝えていく場所です!
「まとめ」まで誘導して『次のアクション』までを繋ぐ事ができるかは、本文の書き方によって決まります。
本文中では次の3つのポイントを押さえておきましょう!
1、「見出し」を付ける
2、「結論」「何故?」「根拠は?」「具体例」
3、読者の問題点、疑問点を解決する
この3つです。
具体的に見ていきましょう!

1、「見出し」を付ける

読者の中には、流し読みで特に重要性が高い「見出し」と本文キーワードや色付けされた文章を読むという方もいらっしゃいます。
そんな方でも一目で、重要なポイントが押さえられるように「見出し(H2)」や「小見出し(H3)」を作って、読みやすくしていきます!
読者が途中で離脱しないように、次のようなことに気をつけていきましょう。
・「見出し(H2)」や「小見出し(H3)」を作る
・「見出し」にキーワードを入れる
・本文の内容を見出しと一致させる
特に重要なのが、3つ目の「本文の内容を見出しと一致させる」ことです。
見出しと関係のない本文の内容だと一瞬で、読者は他のサイトを探しに行ってしまうので注意しましょう!
例えばこの記事の場合
・「見出し(H2)」や「小見出し(H3)」を作る
→見出し(h2):ブログ記事テンプレート:本文ブロック編
→小見出し(h3):1、「見出し」を付ける
・「見出し」にキーワードを入れる
→見出しキーワード:「ブログ 記事 テンプレート」
・本文の内容を見出しと一致させる
→1、「見出し」を付ける:見出しについての内容を話す

これらをノウハウのテンプレート化して、記事や見出しを作っていきます。

2、「結論」「何故?」「根拠は?」「具体例」

本文中では次の順番で記事を書いていくと読みやすく分かりやすい文章になります。
1、「結論」から書き始め、
2、「何故?」そうなるのか説明し、
3、「根拠は?」実際にそうなった証拠を示し、
4、「具体例」などで分かりやすく説明します。
会社でプレゼンなどされる方はピンとくるものがあるかと思います。
疑問の4タイプと似ていますが、少し違います。
これは話し方や書き方のコツです!
何故かというと、結論が見えない話や記事に人は興味を示さないからです。
ですので先に結論を示して、次に「何故?」「根拠」「具体例」を説明していきます。
校長先生の結論が見えない長い話にウンザリした経験がある方も多いと思います!笑
それは結論がない話に、なぜ・根拠・具体例もないので話が耳に入ってこないから。
話し方にも書き方にもここの部分は応用が可能です!
 ブログ記事テンプレート④結論・何故・根拠・具体例 
「結論から言うと〇〇だという事です。」
「何故なら〇〇だからです。」
「その根拠は〇〇になった事が挙げられます。」
「例えば〇〇という事がありました。」
ここの項目は結論・何故・根拠・具体例に沿ってお伝えしました!
オレンジ枠の部分が結論で、次に「何故かというと」で続けています。
根拠で「校長先生の話」を出して、最後に具体例としてブログ記事テンプレートをお話しました。
結構すんなり頭に入ってきたのではないでしょうか?
是非、活用してみて下さい!

3、読者の問題点、疑問点を解決する

最終的に読者が抱える悩みや疑問、解決したい事の答え・解決方法を示します。
それまでの文章では、解決方法に誘導するために魅惑的な文章を構成していくというものでした。
「読者の問題点、疑問点を解決する」で、本文末に最終的な読者の解決策を分かりやすく示すことで、読者は「この人の記事は分かりやすくてまた読みたい!」と思ってもらえる重要な部分になります!
逆にここでしっかりと読者の疑問や悩みを解決する回答を示せないと「もうこのブログは読みたくない」とすら感じさせてしまうかもしれません。
推理小説で謎が解けないまま迷宮入りの未解決事件で幕を閉じたら「この駄作が!!」ってなりますよね?そういう感覚です笑
ですので、冒頭書き出しで示した読者の悩みや疑問を解決する答えや解決方法を示していきましょう!
 ブログ記事テンプレート⑤問題・疑問解決 
「つまり問題の解決方法は〇〇という事です。」
「この疑問の答えは〇〇という事です。」

ブログ記事テンプレート:まとめブロック編

そして最後に「まとめブロック編」では、あなたが読者に取ってもらいたい行動の誘導や記事の内容まとめ、定型文などを書いていきます!

項目のまとめ内容

本文内容のまとめを箇条書きでまとめていきます。
そして最後に結論をもう一度示していきます。
要点を完結にまとめ、最後にこのブログ記事では全体でどんな話がされていたのかをざっと15行以内にまとめていきましょう!
また、本文中に伝えられなかった内容や、メッセージもこちらにまとめていきます!
 ブログ記事テンプレート⑥箇条書き・まとめ 
・〇〇とは何か?
→〇〇とは〜〜という事です。
・何故〇〇なのか?
→何故なら〇〇は〜〜だからです。
・〇〇を解決する方法とは?
→〇〇を解決する方法は〜〜です。
・〇〇を解決する結論は?
→〇〇は〜〜で解決します。
〇〇では(メッセージ)ということでした。

行動喚起(CTA)を促す

最後の最後に、あなたが読者に促したい行動喚起(CTA:Call to Action)をしていきます。
記事を読んでくれた読者の方を次に繋げる「行動喚起」をしていくことは非常に重要です。
何故なら本来は「一回きりの読者」だった人を、行動喚起をすることで何度も訪れてくれる「ファン」を作り出す可能性がでてくるからです。
ブログ記事から「次のブログ記事へ」「SNSフォロアーへ」「商品購入へ」そして「ブログファンへ」と繋げる事が、せっかく最後まで読んでくれた人に行動を促す最後のチャンスになります。
何もしなければ何もないまま1回きりで関係は終わってしまいますが、読者によってはあなたの行動喚起で「またこの人の記事を読んでみたい」と思い、誘導先へ来て次へ次へと関係を継続していく事も可能になります!
 ブログ記事テンプレート⑦行動喚起 
「SNSのフォロー宜しくお願いします。」
「〇〇を解決した方が次にやらなければいけないのが(次の記事)です。」
「〇〇を解決する(商品名)を是非手に入れましょう。」

ブログ記事テンプレートまとめ

下記はこのコラムを読んでいただけた方にオススメのコラムです!
記事の書き方と共に、ブログのタイトルの付け方はブログ記事を読んでもらうのに非常に重要な要素となります!

・ブログの構成は「冒頭書き出し」「本文」「まとめ」の3ブロック
・冒頭書き出し
ブログ記事テンプレート①問題提起
ブログ記事テンプレート②AQEとメリット ブログ記事テンプレート③記事要約「何・何故・どうやって・今すぐ」
・記事本文
「見出し」を付ける
ブログ記事テンプレート④結論・何故・根拠・具体例
ブログ記事テンプレート⑤問題・疑問解決
・記事まとめ
ブログ記事テンプレート⑥箇条書き・まとめ
ブログ記事テンプレート⑦行動喚起

【副業らいふ】からの3つのお願い

1、ホーム画面追加


2、ブログランキング
ポチっと2つお願いします!

ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

3、Twitterでシェア
☜この記事が良いなと思ったらポチっとシェアお願いします!

タイトルとURLをコピーしました