仮想通貨ビットコインキャッシュ(BTH)の今後の予測!Bitcoin Cashの特徴や将来性・見通しを徹底予想

仮想通貨各種

仮想通貨ビットコインキャッシュ(BTH)の今後の予測!Bitcoin Cashの特徴や将来性・見通しを徹底予想

このコラムでは「仮想通貨ビットコインキャッシュ(BTH)の今後の予測!Bitcoin Cashの特徴や将来性・見通しを徹底予想」について解説していきます!

仮想通貨ビットコインキャッシュ(BTH)は、名前が似ているけどビットコイン(BTC)とはどう違うの?と思った方も多いはず!
今回はアルトコインのビットコインキャッシュ(BTH)について徹底的に解説していきます。

悩み男性
悩み男性
・仮想通貨ビットコインキャッシュ(BTH)とは何?
・仮想通貨ビットコインキャッシュ(BTH)の今後の予測が知りたい!
・ビットコインキャッシュ(BTH)の将来性や見通しの予想は?

こんな方むけに記事を書いています!
このコラムを読むことで仮想通貨ビットコインキャッシュ(BTH)とはどんなコインなのか、特徴や今後の予測や将来性、見通しなどの全容が分かりますので是非、最後までお読み下さい!

  • 仮想通貨ビットコインキャッシュとは?BTHの特徴を徹底分析
  • 仮想通貨ビットコインキャッシュ(BTH)の将来性や課題
  • 仮想通貨ビットコインキャッシュ(BTH)の最新ニュース・過去チャート・今後の予測

これらを順番にお話していきます!

また他の仮想通貨の情報を得たいという方は下記からチェックしてみて下さい!

スポンサーリンク

仮想通貨ビットコインキャッシュとは?BTHの特徴を徹底分析

仮想通貨ビットコインキャッシュ(BTH)とはどんなコインか、ビットコインキャッシュの特徴などを解説していきます。

仮想通貨ビットコインキャッシュ(BTH)とは?どんなコイン?

仮想通貨ビットコインキャッシュ(BTH)とは、暗号資産(仮想通貨)の中で一番有名なビットコイン(BTC)から2017年8月1日にハードフォーク(分岐)して作られた仮想通貨です。

仮想通貨名はビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)で、ティッカーシンボルや通貨単位は「BTH」または一部で「BCC」となっています。

ビットコインキャッシュ(BTH)の発行上限コイン数は20,999,999.9769BTH(約2100万BTH)です。

コンセンサスアルゴリズムはビットコインと同じくProof of Work(PoW)となっています。

仮想通ビットコインキャッシュ(BTH)の特徴

ビットコイン(BTC)は、取引需要の拡大を受けて取引遅延や取引手数料などが高騰するスケーラビリティ問題を抱えていました。
ブロックサイズを拡大することで、スケーラビリティ問題の解決を図る目的で中心的なコミュニティとは別に開発を行うコミュニティに派生し、ビットコインキャッシュ(BTH)が生まれました。

ビットコインではユーザー増加によるスケーラビリティ問題に対応するため、ブロックチェーンの外でトランザクション処理を行い、その結果をブロックチェーンに記載する「オフチェーン」を採用しています。

ビットコインキャッシュ(BTH)では、「オンチェーン」を採用しています。
オンチェーン」とは、ブロックチェーン上に全てのトランザクション処理をするというものです。

その為、ビットコインキャッシュ(BTH)のブロックサイズはビットコイン(BTC)よりも大きい32MBを採用しています。

ビットコインでは1MBのブロックサイズしかトランザクション処理を格納できません。
しかしビットコインキャッシュでは多くのトランザクション処理を行えるようにブロックサイズを32MBにすることでオンチェーンでのトランザクション処理が可能になります。

その為、スケーラビリティ問題は起きにくくなり、安い手数料と速い取引を実現しています。

仮想通貨ビットコインキャッシュ(BTH)の将来性や課題

ビットコインキャッシュ(BTH)の今後の将来性を見極めていきましょう。

ビットコインキャッシュ(BTH)の将来性①決済通貨としての地位

スケーラビリティ問題を抱えるビットコイン(BTC)は、今や金に代わるデジタルゴールドとしての地位を確立しつつあります。
仮想通貨としての利用よりも資産運用や価値の保存としての暗号資産として保有する人も増えてきました。

それとは対照的にビットコインキャッシュ(BTH)は、決済を目的とした「決済通貨」としての地位を確立しつつあります。

流動的で活用しやすい暗号資産は、ニーズを高めていきます。
ニーズがある場所には必然的にお金が集まってきます。

決済通貨として不動の地位を確立しつつあるビットコインキャッシュ(BTH)は、デジタルゴールドのビットコイン(BTC)とは対照的に今後スタンダードなデジタル通貨になっていくのではないかと考えています。

ビットコインキャッシュ(BTH)の将来性②ビットコインの名が付く唯一のアルトコイン

暗号資産の中で最もビッグネームな仮想通貨が「ビットコイン」です。
そしてビットコイン以外の仮想通貨を総称してアルトコインと言います。

アルトコインは世界に約1500種類以上あると言われています。
そんな数あるアルトコインの中で唯一、通貨名に「ビットコイン(Bitcoin)」と名が付く仮想通貨こそがビットコインキャッシュ(BTH)なのです。

「仮想通貨」と一度でも聞いたことがある人なら誰もが連想するパワーワードが「ビットコイン」です。

仮想通貨と言えば?
「ビットコイン!」
ブロックチェーンと言えば?
「ビットコイン!」

そんな強力なパワーワードを備えたアルトコインは他にはありません。
たったそれだけの単純な理由でも、世界中のユーザーや投資家は安心してビットコインキャッシュ(BTH)を保有する可能性が、他のアルトコインと比べても圧倒的に高まります。

何故なら、ビットコインがそれだけ名前が売れている有名な暗号資産だからです。

仮想通貨ビットコインキャッシュ(BTH)の最新ニュース・過去チャート・今後の予測

それではビットコインキャッシュ(BTH)の最新ニュースや過去のチャートの値動き、今後の予測を見ていきましょう!

仮想通貨ビットコインキャッシュ(BTH)最新ニュース

2021年

PayPalが暗号資産決済を開始

2021年3月30日、アメリカ大手決済プラットフォームのPayPalが暗号資産のオンライン決済に対応するサービスを開始しました。
これによりビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、そしてビットコインキャッシュ(BTH)の4種類の暗号資産での支払いが可能になりました。

暗号資産を電子マネーにチャージ!楽天ウォレット新サービス開始

2021年2月24日、楽天グループの楽天ペイメントと暗号資産取引所を運営する楽天ウォレットが暗号資産を楽天キャッシュにチャージできる新サービスの開始を発表しました。
これによりビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BTH)の3種類で暗号資産からチャージが可能になり、楽天ペイの加盟店で使用することができるようになりました。

2020年

Grayscale InvesmentsがBTHとLTCの投資信託DTC認可取得

2020年8月17日、アメリカ大手暗号通貨運営会社のGrayscale Invesmentsは、ビットコインキャッシュ(BTC)とライトコイン(LTC)を裏付けとする投資信託についてDTC(米証券預託期間)の認可を取得しました。
これにより多様化する投資信託に新たにビットコインキャッシュ(BTH)が加わり、直接ビットコインキャッシュを購入したり保管することなく、投資することが可能になりました。

仮想通貨ビットコインキャッシュ(BTH)の過去チャート

仮想通貨ビットコインキャッシュ(BTH)の過去から現在(2021年5月時点)のチャートは以下のようになっています。
スマホの仮想通貨アプリ(コインチェックやビットフライヤーなど)では出ない単位のローソク足チャートを表示しています。

月単位のローソク足チャート

週単位のローソク足チャート

出典:みんなの仮想通貨

仮想通貨ビットコインキャッシュ(BTH)今後の予測

今後のビットコインキャッシュ(BTH)の予測を記していきます。

※こちらの見解はあくまでも執筆者の個人的な見解です。
この予測は利益を保証するものでも、予測に責任を持つものでもありませんので予めご了承の上でお読み下さい。
また投資は自己責任となりますので、自己判断のもとでご決断下さい。

どのニュースを見ても分かるように、ビットコイン(BTC)を取り扱うところにビットコインキャッシュ(BTH)もセットに取り扱う様子が伺えます。
という事は、ビットコインと同じように取引や投資される機会が多くなるということを意味しています。

アルトコインの中で唯一「ビットコイン」というパワーワードが入っていることは今後大きなステータスになることは間違いありません。

ビットコインキャッシュ(BTH)を投資として見る場合には、上限発行コイン数に注目しましょう!
ビットコインキャッシュの上限発行枚数は約2100万枚と、アルトコインの中でも少ないものとなっています。

ニーズに対して供給(発行枚数)が少ないということは、インフレが起きやすくなるということを意味します。
つまりそれだけ価格が上昇しやすいということです。

これまでのことを踏まえた上で、ビットコインキャッシュは具体的にいくらになるのでしょうか?
仮想通貨ビットコインキャッシュ(BTH)は今後どのような値動きになるかをズバリ予測します。

ビットコイン(BTC)の1/10になると予測します。

1年~2年は過去最高水準まで成長
1BTH=50万円

3年~5年にビットコインの1/10まで成長
1BTC=1000万円なら1BTH=100万円

6年目以降はビットコインの1/10前後を推移
1BTC=2000万円なら1BTH=200万円

2〜3年間はおそらく、ビットコインの値段の1/10に近づく形で急成長をするのではないでしょうか。
そしてその後は、ビットコインの値動きに近い形で1/10の価格帯を上下していくと考えています。

ビットコインキャッシュ(BTH)の買い方

最後に仮想通貨ビットコインキャッシュ(BTH)の買い方を解説していきます。

仮想通貨ビットコインキャッシュ(BTH)を取り扱っているオススメの仮想通貨取引所はコインチェック(Coincheck)で取引可能です。

コインチェック

コインチェックの新規口座開設の方法は下記コラムで解説していますので、分からない方は是非チェックしてみて下さい! 

  • 仮想通貨取引所コインチェック(Coincheck)について
  • 新規口座開設方法の解説
  • 仮想通貨の入金方法
  • 仮想通貨の取引方法

上のコラムではこの様なことを具体的に図解入りで解説しています。

仮想通貨ビットコインキャッシュ(BTH)まとめ

仮想通貨投資はいわば情報戦です。
ビットコインキャッシュに関する最新情報やニュース、課題や問題点、今後の予測についてこちらのコラムにて随時更新していきます。

ですので、ビットコインキャッシュ(BTH)を保有している方やこれから仮想通貨ビットコインキャッシュを買おうと考えている方は情報戦に負けないように、今すぐこのコラムのブックマークや保存をしておくことをオススメします。

また、下記コラムではアルトコインなどの仮想通貨投資で億り人を目指す人向けに長期投資コラムを詳細に書いていますので、気になった方は今すぐ読んでみて下さい!

【副業らいふ】からの3つのお願い

1、ホーム画面追加


2、ブログランキング
ポチっと2つお願いします!

ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

3、Twitterでシェア
☜この記事が良いなと思ったらポチっとシェアお願いします!

タイトルとURLをコピーしました