仮想通貨ビットコイン(BTC)の今後の予測!Bitcoinとは?特徴や将来性・見通しを徹底予想

仮想通貨各種

仮想通貨ビットコイン(BTC)の今後の予測!Bitcoinとは?特徴や将来性・見通しを徹底予想

このコラムでは「仮想通貨ビットコイン(BTC)の今後の予測!Bitcoinとは?特徴や将来性・見通しを徹底予想」について解説していきます!

現在大きな注目を集める暗号資産、その代表的な仮想通貨であるビットコイン(BTC)。
ビットコインが開発されて12年となります。
そしてビットコインが常識となりつつある中で、今更聞けないビットコインとは何なのか、その全容を解説していきます。

悩み男性
悩み男性
・仮想通貨ビットコイン(BTC)とは何?
・仮想通貨ビットコイン(BTC)の今後の予測が知りたい!
・暗号資産ビットコイン(BTC)の将来性や見通しの予想は?

こんな方むけに記事を書いています!
このコラムを読むことで仮想通貨ビットコイン(BTC)とはどんなコインなのか、特徴や今後の予測や将来性、見通しなどの全容が分かりますので是非、最後までお読み下さい!

  • 仮想通貨ビットコインとは?BTCの特徴を徹底分析
  • 仮想通貨ビットコイン(BTC)の将来性や課題
  • 仮想通貨ビットコイン(BTC)の過去チャート・今後の予測

これらを順番にお話していきます!

他の仮想通貨の情報はこちら

スポンサーリンク

仮想通貨ビットコインとは?BTCの特徴を徹底分析

仮想通貨ビットコイン(BTC)とは?どんなコイン?

暗号資産ビットコイン(BTC)は、世界で初めて作られた仮想通貨です。
ビットコインとは、2008年にサトシ・ナカモトという人物によりネットに公開された論文をきっかけに、ビットコインのソフトウェアが発表され作られた次世代型の通貨として2009年1月に誕生しました。

「サトシ・ナカモト」という人物は正体不明で、国籍や個人なのか組織なのかも不明となっており、彼に関する情報は謎のベールに包まれたままとなっています。

「仮想通貨(かそうつうか)」という言葉のように、紙幣などの実物が存在しないインターネット上の仮想の世界で通貨のように利用できることから「仮想通貨」と呼ばれるようになりました。
その最初に誕生した仮想通貨こそが『ビットコイン(Bitcoin)』なのです。

しかしながら、最初は「仮想通貨」という言葉が流行ったものの、非中央集権型であるビットコインの価値が激しく上下することから、通貨として利用するにはリスクが大きいと考えられるようになりました。
それにより仮想通貨を投資や投機対象として資産保有の意味合いを込めて別名称で「暗号資産(あんごうしさん)」と呼ばれるようになりました。

一番最初に完成された暗号資産(仮想通貨)だからこそ、一番注目を集めている知名度の高い暗号資産がビットコイン(BTC)なのです。

ビットコインの通貨名は「ビットコイン」で、ティッカーシンボルは『BTC/XBT』となっています。

ビットコイン(BTC)の通貨発行枚数は20999999.9769BTCとなっており約2100万BTCです。

コンセンサスアルゴリズムは、Proof of Work(プルーフオブワーク)です。

仮想通貨ビットコイン(BTC)の特徴

暗号資産(仮想通貨)ビットコインは、「分散型台帳」と呼ばれるブロックチェーンを活用することにより、取引履歴を暗号化して分散しながら保存することが可能です。

これにより中央集権(国や企業が管理する体制)ではなくユーザー同士が通貨を管理する「非中央集権」の仕組みが整っています。
つまりユーザー同士が管理することにより、改ざんや不正が起きにくいと言われています。

例えば?

不動産取引にビットコインを活用して情報やデータをブロックチェーンに保存。

住民票や身分証明書などをブロックチェーンに保存。

ユーザー同士が管理して改ざんや不正が起きにくいことで、このようなことが可能になります。

またビットコインなどの暗号資産は投資としてのイメージもありますが、送金や決済などにも活用することが可能です。

通常、国と国の送金にはそれぞれの国の銀行を通じて送金するのが一般的でした。
しかしビットコイン(BTC)の普及により、銀行を介さずに送金することが可能になり、大幅なコストダウンをすることができるようになりました。

仮想通貨ビットコイン(BTC)の将来性や課題

ビットコイン(BTC)将来性を見極めていきましょう。

ビットコインの将来性①希少性が高い

ビットコイン(BTC)の通貨発行数は2100万BTCというように、他のアルトコインと比べても圧倒的に通貨発行数が少ない暗号資産となっています。
通貨発行数が少ないということは希少性が非常に高く、大きな値上がりも期待されやすいという特徴があります。

他の暗号資産では通貨発行数は何十億コイン~何百億コイン数という通貨発行数がほとんどです。
通貨発行数が大きいということは希少性が低くなってしまいます。

このように通貨発行数が少ないほど1コインあたりの需要が大きくなり、価格の上昇が起きやすくなります。

ビットコインの将来性②一番有名な暗号資産

ビットコイン(BTC)一番最初に完成した暗号資産(仮想通貨)ということは、一番知名度が高いということです。
一番知名度が高いということは、数ある暗号資産の中から一番に選ばれやすいということです。

  • 投資対象
  • 送金手段
  • 企業の活用
  • 国の法定通貨
  • などなど

より多くの人に活用されることにより、投資家だけではなく送金や決済手段として多くのユーザーがビットコイン(BTC)を活用することになります。
多くの人が活用することで、ビットコインの価値が上昇しやすくなります。

仮想通貨ビットコイン(BTC)の最新ニュース・過去チャート・今後の予測

暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)の最新ニュースや過去のチャート、今後の予測を具体的に見ていきましょう!

仮想通貨ビットコイン(BTC)最新ニュース

仮想通貨ビットコイン(BTC)に関する最新ニュースを見ていきましょう!

2021年

エルサルバドルで世界初!法定通貨をビットコインに

2021年6月8日、中米エルサルバドルの国会でビットコイン(BTC)を国の法定通貨として採用する法案が可決されました。
これにより2021年9月7日よりエルサルバドルで法定通貨として施行される見通しとなりました。

中国でビットコインの採掘禁止へ

2021年5月、中国政府と金融当局はビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)の「マイニング(採掘)」を禁止しました。
これにより国営5銀行やアリペリなどのオンライン決済大手の関係者を集め、ビットコインをはじめとする仮想通貨の取引や使用を停止することを呼びかけました。

仮想通貨ビットコイン(BTC)の過去チャート

仮想通貨ビットコイン(BTC)の過去から現在(2021年7月時点)のチャートは以下のようになっています。
スマホの仮想通貨アプリ(コインチェックやビットフライヤーなど)では出ない単位のローソク足チャートを表示しています。

月単位のローソク足チャート

週単位のローソク足チャート

出典:みんなの仮想通貨

仮想通貨ビットコイン(BTC)今後の予測

仮想通貨ビットコイン(BTC)の今後の予測を見ていきましょう!

※こちらの見解はあくまでも執筆者の個人的な見解です。
この予測は利益を保証するものでも、予測に責任を持つものでもありませんので予めご了承の上でお読み下さい。
また投資は自己責任となりますので、自己判断のもとでご決断下さい。

仮想通貨ビットコイン(BTC)はエルサルバドルで世界初の法定通貨となることが決まりました。
この影響により、他の国々でも法定通貨化する動きが活発化するのではないかと考えています。

ビットコイン(BTC)は2021年4月には1BTC=700万円を記録しました。
しかし現在ビットコインの価格は下落傾向にあります。
それは中国政府によるマイニングの規制などによる影響が大きかったためです。

しかしながらビットコインやアルトコインなどの暗号資産(仮想通貨)の地位は今後間違いなく高まっていくでしょう。
クレジットカードや電子決済の出没と共に、現金が地位を下げてきています。
そうした流れの中で、中央集権的な国が管理する現金が使われなくなり、ビットコインなどの非中央集権的な暗号資産が利用されるのが世界の常識となりつつあるためです。

今後、ビットコインなどのベースとなっているブロックチェーンにデータや情報を保存や記録することが主流になるでしょう。
改ざんや不正が起きにくいことにより、人の手に委ねてきた保存や記録が代用されることになるからです。
また銀行が使われることなく送金や決済が出来ることにより、世界の基軸通貨の一つとなる未来も考えられます。

そんな中でビットコイン(BTC)が今後どのような価格になるのでしょうか?
様々な憶測がある中で、個人的なビットコインの価格予想をご紹介します。

今後のビットコイン(BTC)の予測

  • 2021年⇒1BTC=300万円~400万円
  • 2022年⇒1BTC=700万円~900万円
  • 2023年⇒1BTC=800万円~1000万円

仮想通貨ビットコイン(BTC)の買い方

最後に仮想通貨ビットコイン(BTC)の買い方を解説していきます。

仮想通貨ビットコイン(BTC)を取り扱っているオススメの仮想通貨取引所はコインチェック(Coincheck)で取引可能です。

コインチェック

コインチェックの新規口座開設の方法は下記コラムで解説していますので、分からない方は是非チェックしてみて下さい! 

  • 仮想通貨取引所コインチェック(Coincheck)について
  • 新規口座開設方法の解説
  • 仮想通貨の入金方法
  • 仮想通貨の取引方法

上のコラムではこの様なことを具体的に図解入りで解説しています。

仮想通貨ビットコイン(BTC)まとめ

仮想通貨投資はいわば情報戦です。
ビットコインに関する最新情報やニュース、課題や問題点、今後の予測についてこちらのコラムにて随時更新していきます。

ですので、ビットコイン(BTC)を保有している方やこれから仮想通貨ビットコインを買おうと考えている方は情報戦に負けないように、今すぐこのコラムのブックマークや保存をしておくことをオススメします。

他の仮想通貨の情報はこちら

また、下記コラムではアルトコインなどの仮想通貨投資で億り人を目指す人向けに長期投資コラムを詳細に書いていますので、気になった方は今すぐ読んでみて下さい!

【副業らいふ】からの3つのお願い

1、ホーム画面追加


2、ブログランキング
ポチっと2つお願いします!

ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

3、Twitterでシェア
☜この記事が良いなと思ったらポチっとシェアお願いします!

タイトルとURLをコピーしました